快便 バナナ 特に若いバナナ グリーンバナナ が効く

快便 バナナ 特に若いバナナが効くのでおすすめです。熟したバナナより少し若い バナナ がおすすめです。バナナは健康によい!と様々な効能が取り上げれていますが、その熟した度合いによって健康効果に違いがあることがわかってきました。便秘薬やサプリを使用する前に若いバナナで便秘解消にチャレンジしてみるといいかもしれません。

快便 バナナ 青い若いバナナが腸内環境に効果絶大

どこでも買えて、持ち運びもできて、消化の早いバナナは、世界中で楽しまれているフルーツ。体に重要なミネラルであるカリウムが豊富なだけでなく、腸の健康に良い食物繊維もたっぷり含まれている。そのほかの高価で目新しいフルーツに比べ、質素なバナナは普段あまり注目されないけれど、実は栄養の宝庫です。

快便 バナナ

快便 バナナ

バナナ は健康によい!と様々な効能が取り上げれていますが、その熟した度合いによって健康効果に違いがあることがわかってきました。その中でも腸に有効なのは、青く若いバナナほど豊富に含んでいる、難消化性でんぷんです。その名のとおり小腸で消化吸収されずに大腸まで達して乳酸菌など常在善玉菌の餌となって善玉菌を増やし、腸内環境を善玉菌優位にします。

難消化性でんぷん レジスタントスターチと呼ばれるものです。レジスタントスターチとは、消化されない(レジスタント)でんぷん(スターチ)という意味で、糖質であるにもかかわらず、食物繊維と同じような働きをします。バナナは糖質が多くて敬遠してしまうダイエット中の方もいるかもしれませんが、バナナはダイエットにも便秘解消にむベストな食材です。

レジスタントスターチは良質の炭水化物で、小腸内で消化されず大腸まで届き、腸内細菌のエサになるのです。その結果、食物繊維を摂った時と同じように、腸内でいわゆる善玉菌を増やす働きがあるとされ、腸内環境を整える効果が期待できるのです。

バナナ 熟度の度合いによって減少する難消化性でんぷん

若いバナナには、この難消化性でんぷんが豊富ですが、追熟が進むにつれて果糖やブドウ糖に分解されていきます。
ですから、腸のためには若いバナナがおすすなのです。善玉菌の好物であるオリゴ糖やヨーグルトと一緒に食べれば、さらに効果は高まります。

食物繊維が便のかさを増やす

バナナは食物繊維も豊富です。100 g 中に含まれる量は 1.1 g 水溶性 不溶性どちらも含まれますが、不溶性のほうが多いので、便のよい材料となってかさを増やし、腸のぜん動運動を促します。

また便をやわらかくしてくれるマグネシウムも含まれているので、綺麗な便になり排便症状が改善しやすくなります。

このほかカリウムの補給源としても バナナ は適しています。カリウムが不足すると腸の動きが悪くなります。そのめに便秘になっている人もいます。またカリウムは血圧を下げたり、血液をサラサラにする効果があります。

バナナのレジスタントスターチは、食物繊維と同様の働きをすることで、血糖値の上昇抑制や便通の改善が期待できるのです。ほとんど消化されずに腸内を移動することで消化が緩やかになるため血糖値の急激な上昇が抑えられ、また腸内環境が整うため、便秘解消効果が期待できるのです。腸内環境は美肌と密接な関係を持つため、これが整えば美肌効果も期待できるでしょう。便秘改善のバナナが美肌にも効果があるのなら一石二鳥です。

善玉菌を増やす

バナナ プロフィール

グリーンバナナ由来 レジスタントスターチ 青いバナナが手に入らなくても大丈夫


スマートスターチ 100g 【レジスタントスターチ グリーンバナナ由来】【ナチュラルキッチン】

オーガニックの熟す前の緑色のバナナから抽出した、白色・無味無臭の生でんぷんです。胃や小腸では消化され ずに大腸に届き、腸内細菌の栄養源になる“レジスタントスターチ”を豊富に含んでいます。

サイズや小さな傷な どが原因で流通しない規格外のバナナを活用し、サステナビリティの実現にも寄与する天然食素材です。

【レジスタントスターチについて】
レジスタントスターチは、胃や小腸で消化吸収されず大腸の奥まで届き、腸内細菌の 栄養源になる”難消化性でんぷん”のことです。不足しがちな水溶性食物繊維と不溶性 食物繊維の両方の機能を併せ持ち、腸活の救世主として注目されています。
一度に大量に摂取をするとお腹がゆるくなる可能性があります。1日に5g~30gで調整をお願いします(推奨は10gです)。

原材料・成分

オーガニックグリーンバナナのみ(コロンビアやエクアドルの肥沃な大地で無農薬栽培されたバナナを利用し、富士山麓の自社工場で生産しています。)

使用方法

1日10gの摂取を推奨

部屋でバナナを保存するときの注意点

バナナを部屋で保存するときに避けたいのは袋のまま置いておくこと。 バナナは自らの熟成を促すエチレンガスを発生させるので、袋のまま置いておくとバナナが傷みやすくなります。袋から出して保存しましょう。

また、果肉が軟らかいバナナは、テーブルなどに置くと自重で下の果肉がつぶれて傷んだり黒ずんでしまいます。バナナスタンドなどにぶらさげて保存するか、山型になるように置くと長持ちするそうです。

過去には、高級品だったバナナ。現在では「物価の優等生」と呼ばれ、私たちの食卓にとって欠かせない存在となりました。

総務省統計局が行っている家計調査によると、令和元年の1世帯当たりのバナナ購入数量は年間18.436kg、支出額は年4977円。ポピュラーなリンゴやミカンを抜いて、日本で一番食べられているフルーツとして10年以上トップに君臨しているそう。

大人から子どもまで愛されるバナナを、日々の食生活に上手に取り入れていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください