快便に向くのは若いバナナ

青い若いバナナが腸内環境に効果絶大

バナナは健康によい!と様々な効能が取り上げれていますが、その熟した度合いによって健康効果に違いがあることがわかってきました。その中でも腸に有効なのは、青く若いバナナほど豊富に含んでいる、難消化性でんぷんです。その名のとおり小腸で消化吸収されずjに大腸まで達して乳酸菌など常在善玉菌の餌となって善玉菌を増やし、腸内環境を善玉菌優位にします。

熟度の度合いによって減少する難消化性でんぷん

若いバナナには、この難消化性でんぷんが豊富ですが、追熟が進むにつれて果糖やブドウ糖に分解されていきます。
ですから、腸のためには若いバナナがおすすなのです。善玉菌の好物であるオリゴ糖やヨーグルトと一緒に食べれば、さらに効果は高まります。

食物繊維が便のかさを増やす

バナナは食物繊維も豊富です。100g中に含まれる量は1.1g、水溶性、不溶性どちらも含まれますが、不溶性のほうが多いので、便のよい材料となってかさを増やし、腸のぜん動運動を促します。
このほかカリウムの補給源としてもバナナは適しています。カリウムが不足すると腸の動きが悪くなります。そのめに便秘になっている人もいます。またカリウムは血圧を下げたり、血液をサラサラにする効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください