腸だけでなく血液も浄化(わかめ、こんぶ、ひじき)

腸だけじゃない!

海藻に含まれる水溶性食物繊維は水に溶けてかさを増やし、独特のヌメリで水分不足の便を柔らかくしてくれます。また、海草類は同じ水溶性食物繊維でもいくつかの種類に分類されるのですが、それぞれが特徴的な多糖類を含んでおり、整腸作用以外にも様々な効能を発揮します。

褐藻類のこんぶ、わかめ、もずく、ひじきなどから抽出されるアルギン酸には血圧を下げる効果もあります。さらに、最近注目のフコイダンという多糖類が含まれています。フコイダンには、肝機能の向上、抗ガン作用、免疫賦活作用、抗血栓作用、抗アレルギー作用などがあります。紅藻類から抽出されるカラギーナンにも抗ガン作用が認められています。このほか、十分な食物繊維は胃から腸への移動時間をゆるやかにして、血糖値の急激な上昇を抑えています。水溶性食物繊維の代表である海藻は、腸の健康のためだけでなく、生活習慣病の予防にも欠かせないのです。

みそ汁以外の活用

わかめは汁物や和え物、サラダなど使いやすいメニューがすぐに浮かびますが、こんぶ、ひじきはちょっと苦手、あるいは食べ方がよくわからない、という人におすすめの料理です。
鍋をしたときのダシ昆布を捨てずに細かく刻んでカツオのだしと薄いしょうゆで煮ます。これであっさりとしたおかずが一品できあがりです。ひじきは、にんじんやレンコンなどと煮て常備薬にするのももちろんですが、ゆでたインゲンやレンコン、ツナと一緒にマヨネーズで和えてサラダにしたり、炊き込みご飯にしてもおいしいです。

上質なフコイダン 全分子フコイダンエキス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください