腸に効く成分がたっぷり(大豆・大豆製品)

大豆オリゴ糖や食物繊維がパワーを発揮

大豆のすぐれた健康効果は今や常識。もちろん腸の調子を整えることにも、重要な役割を果たしています。なかでも、大豆に含まれるオリゴ糖は少量でお腸内のビフィズス菌の餌となって強力に増やし、善玉菌優位の環境をつくり、便のかさを増やし、排便習慣をつけることができます。
日本人が納豆やお豆腐、豆乳などの食品を体にいいもの、と自然に意識しているのもそれらの理由からでしょう。さらに食物繊維も豊富に含まれるので、ぜん動運動を刺激して便通の改善に役立ちます。最近では、女性ホルモンに似た働きがある大豆イソフラボンも注目されています。畑の肉と呼ばれるように良質なたんぱく源として活用されます。
豆腐、納豆、油揚げ、大豆の水煮などで大豆製品を積極的に摂取して腸内環境を整えたいところです。

水煮缶を利用すれば忙しい人でもらくらく

豆の料理というと、煮豆くらいしか思い浮かばないし、日頃煮ている時間がないという忙しい人には、水煮缶がおすすめです。そのまま食べることも出来ますが、サラダやシチューの具にすることもできます。
日頃ストレスが多い人であれば、水煮缶に大根おろしをたっぷりかけてポン酢などをかけて食べれば効果的です。最近は、大豆やインゲン豆をはじめたくさんの種類の豆の水煮缶を購入することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください