悪玉菌を増殖させてしまうやけ酒

やけ酒はストレスを増大

適量のアルコールは、血流もよくなりリラックス効果があります。また楽しい時間は気分転換にもなりますが、飲み方を一歩間違えてしまうと胃腸に負担をかけるだけでなく、大腸の悪玉菌も増殖させてしまいます。こうなると逆にストレスを増大させてしまうことになります。やけ酒や人の悪口をつまみに飲むとストレスが発散されるように感じますが、実はストレスが高まり、腸内環境のバランスを崩してしまいます。
アルコールの代謝能力は個人差があり、その日の体調によってもかなり左右されます。ほどよく楽しむ量としては、ビールであれば大瓶2本、日本酒は2合、ウィスキーはダブル2杯までとされています。こうした適量をしっかり守ることも腸にとっては大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください