悪玉菌増加 サイン と誘因

悪玉菌増加 サイン と誘因 悪玉菌増加の 4 大誘因は

  1. 食生活の乱れ
  2. 運動不足
  3. ストレス
  4. 寝不足

でいずれも 便秘の原因 になります。 便秘=悪玉菌増加 と考えていいでしょう。戦後の生活の洋風化に伴って、日本の食生活は大きく変化してきました。米の消費が徐々に低下する一方で、肉類や乳製品などの動物性たんぱく質を多く摂るようになってきました。生活の洋風化に伴って問題となっているのが脂肪分の摂りすぎです。
これまで穀物や豆などを中心した食事が一気に脂肪分が増えました。

腐敗便 の 毒素 は 万病 のもと 悪玉菌増加 サイン

悪玉菌増加 サイン

悪玉菌増加 サイン

結局、腸内を発酵させるのも、腐敗させるのも食べ方次第です。生活習慣がそのまま腸に反映してしまうのです。

慢性的な便秘は悪玉菌の温床となり、腸内を腐敗させます。
一気に増えてしまった悪玉菌は、腸内に滞っている便を腐敗させ、有毒な物質やガスを発生させるようになります。これらの有害物質の弊害は腸だけにとどまらず、大腸粘膜の血管に入り込み、血液を通して全身に運ばれ、到達した部位によって

  • 頭痛
  • 肌荒れ
  • 口臭
  • 肩凝り

といった症状を引き起こします。便秘が続くと目の疲労を訴える方もいらっしゃいます。
生活習慣病程度でとどまればいいのですが、 大腸ガン の原因となる物質を発生させることです。実際に腐敗便がたまりやすい 直腸 と S状結腸 に 大腸ガン は発生します。

悪玉菌増加のサイン

深刻な症状がでる前に食事と生活習慣を見直します。

  • くさい便やおならが出る
  • おなかが張る
  • 腹痛がある
  • 肌荒れ
  • 体臭がする
  • 肩凝り
  • めまい
  • 血圧が高い
  • 風邪をひきやすい
  • 疲れやすい
  • 倦怠感がある
  • 食欲不振

また、悪玉菌優位の腸内環境になると排便の後に便器がとても汚れるようになります。ベオトついた便が排泄されるようになります。善玉菌優位の腸内環境であれば便器はほとんど汚れません。

便器が汚れるようだと腸内環境はかなり悪い状態だと思っていいでしょう。便秘を改善したら腸内環境を整える 乳酸菌生成エキス を摂取すると腸内環境改善が早期にすすみます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください