ヨーグルト」タグアーカイブ

腸内に善玉菌を増やす乳酸菌のチカラ

ヨーグルトといえば乳酸菌食品の代表であって、私たちの体にうれしい効能がたくさんあります。

乳酸菌のチカラで理想の便をつくろう

私たちの体にさまざまな健康効果をもたらすといわれている乳酸菌ですが、乳酸菌ときいてパッと思いつくのは、やっぱりお腹に良いということではないでしょうか。
乳酸菌の一番の働きとして、腸内環境を整えて便秘や下痢を改善してくれます。
乳酸菌が腸内に入ると、腸の中を弱酸性にして悪玉菌を撃退し、それによって、もともと腸内にすんでいる善玉菌が増殖しやすい環境をつくります。さらに、乳酸菌が腸を刺激して、蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進します。
腸内環境が改善されることで、便の回数や量を増やしたり、便を適度なやわらかさにするなど、ガンコな便秘にも効果を発揮するのです。

ヨーグルトの乳酸菌は、加熱しても善玉菌がすみやすい環境をつくる乳酸や、善玉菌のえさとなる乳糖はそのまま残ります。しかも、死滅した乳酸菌は食物繊維と同じような働きをして、便のかさを増やしてくれるのです。
食品に含まれている乳酸菌には種類がいろいろありますが、乳酸菌食品の代表とされるヨーグルトを毎日摂取するよう心がけて、快便を目指しましょう。

自分に合う乳酸菌を見つけよう

ヨーグルトの有用性が注目されている現在では、さまざまな種類のヨーグルトが店頭に並んでいます。それらのうちのどれを選んでも整腸効果が期待できるかというとそうではないのですが、高価なものだからいいというわけではありませんし、安価なものがダメというわけでもありません。どれにしようか迷ってしまう人もいるかもしれませんが、人それぞれ自分に合った乳酸菌があるので、いろいろな種類を試してみてヨーグルトを選ぶとよいでしょう。

自分に合ったヨーグルトを探すには、まず、同じ種類のヨーグルトをしばらく食べてみて体調がよくなるかどうかを見ます。それには、少なくとも2週間程度は同じものを食べ続けて、便通や便の状態、肌の調子などがどう変化したかをよく観察しましょう。

乳酸菌をサプリメントで摂るなら、おすすめは『フジッコ 善玉菌のチカラ』 カスピ海ヨーグルトの乳酸菌カプセルです。独特のとろみを持つカスピ海ヨーグルト由来の乳酸菌を使用したサプリメントです。

水とお湯だけでつくるヨーグルト

EasiYo(イージーヨー)とはパウダーになった手作りヨーグルトです。牛乳を使わずに水とお湯だけで専用の容器を使って自宅で作ることの出来るヨーグルトです。

色々な味と種類を楽しめパウダーなので食べたい時に作って食べることの出来る長期保存可能なヨーグルトです。

せっかく健康のために食べるヨーグルトであれば、添加物や不純物のないピュアなヨーグルトを食べたいものです。

家庭で作って、すぐに食べることができるEasiYoのヨーグルトには、新鮮で生きた乳酸菌がたくさん含まれています。乳酸菌には生存期間があり、時間が経つと数が減ってしまいます。
EasiYoのヨーグルトは乳酸菌が豊富な状態のままで凍結乾燥(フリーズドライ)によるパウダー加工を施していますので、いつでも出来たての新鮮な状態で食べることができます。

美肌、便秘解消などに効果を発揮するビフィズス菌ですが、毎日、新鮮で安全なヨーグルトを食べることでさらにその効果は高まります。

  • 疲れがとれない
  • 吹き出物
  • イライラする
  • 便秘
  • 肩凝り

などなど…不快な症状は腸内環境の正常化からです。
ヨーグルトを毎日食べる(200gがベスト)

美容と健康のためにお子さんからお年寄り、ダイエットを考えている方々までと幅広い世代で一緒にヨーグルト作りが楽しめます。

プロバイオティクスについて

ヨーグルトでよく耳にする「プロバイオティクス」。プロバイオティクスについて紹介します。

プロバイオティクスっていったい何のこと?

人の体に有益な菌(微生物)や、それらを含む食品などのことを指します。
人間の体の健康の要である腸。腸には善玉菌や悪玉菌などがすんでいて、善玉菌の数が多いほど健康な体を維持できます。腸内環境を整えるために、乳酸菌、ビフィズス菌など善玉菌を食品から摂取しようということです。
抗生物質や抗生物質による副作用のことを「アンチバイオティクス」といいますが、その逆の概念として生まれたのがプロバイオティクスです。

プロバイオティクスの条件とは?

  • 人の健康に明らかな良い効果が認められること
  • 食品として食べて安全であること
  • 胃酸に強く生きたまま腸へ到達できること
  • もともと人の腸内細菌叢に存在すること
  • 小腸下部また大腸に定着して増殖できること
  • 食品で有効な菌数が維持できて安価であること

プロバイオティクス乳酸菌は、生きたまま腸内に到達することができます。
ヨーグルトは乳からつくられる動物性乳酸菌ですが、腸内での生存率が高い植物性乳酸菌の漬け物や味噌、納豆といった発酵食品も、胃酸に強く生きて腸まで届くプロバイオティクス食品です。

また、オリゴ糖のようにビフィズス菌のエサとなり腸内の善玉菌を増やす効果がある物質を「プレバイオティクス」といい、高い整腸作用が期待できます。