ヨーグルトについて」カテゴリーアーカイブ

ヨーグルトの種類・タイプ

優れた栄養食品のヨーグルト。その種類についての紹介です。

ヨーグルトの種類

市販されているヨーグルトには、次のように製法の違う5つの種類があります。それぞれ口あたり、味わいなどの違いを楽しめます。

プレーンヨーグルト

乳を乳酸菌ではっ酵させた状態のままのシンプルなヨーグルト。砂糖などの添加物は加えられていません。いろいろな料理にも利用できます。

ハードヨーグルト

乳をはっ酵させて寒天やゼラチンなどで固めたヨーグルト。最近では寒天、ゼラチンを使用しないものも。一般的に砂糖、果汁、香料などが加えられています。

ソフトヨーグルト

なめらかにかき混ぜられフルーツが加えられたヨーグルト。デザート感覚で楽しめ、女性や子供も食べやすいです。

ドリンクヨーグルト

はっ酵したヨーグルトをかき混ぜて液状にした、のむヨーグルト。甘味料や果汁、香料などを加えて飲みやすくしてあります。

フローズンヨーグルト

ヨーグルトに空気を含ませて冷凍したアイスクリーム状のヨーグルト。アイスクリームよりも低カロリーでさっぱりしています。凍結されていても乳酸菌はちゃんと生きています。

また、ヨーグルトの発酵方式には、タンクなどで発酵させた後に容器に入れる〔前発酵タイプ〕と、容器に中身を入れてから発酵させる〔後発酵タイプ〕があります。
前発酵タイプなのは、ソフトヨーグルト・ドリンクヨーグルトで、プレーンヨーグルトやハードヨーグルトの多くは後発酵タイプです。

ヨーグルトと乳酸菌飲料

ヨーグルトの仲間は3種類

便秘を解消したい、下痢を改善したいなど、整腸効果に期待してヨーグルトや乳酸菌飲料を摂取する人は多いでしょう。
同じに思われがちな、乳酸菌を含んだこれらの食品ですが、その中に含まれている乳脂肪分の量や菌(微生物)の数で、次のように3つに分けられています。

  1. 発酵乳
  2. 乳製品乳酸菌飲料
  3. 乳酸菌飲料

ヨーグルトは牛乳を乳酸発酵させた食品で、発酵乳(はっこうにゅう)といわれるものです。
ヨーグルトと乳酸菌飲料との違いは、牛乳の無脂乳固形分(牛乳から乳脂肪分と水分を除いた成分)の割合と、乳酸菌数・酵母数の数です。また、乳酸菌飲料も成分規格によって〔乳製品乳酸菌飲料〕と〔乳酸菌飲料〕との2つに分けられます。
ヨーグルトが無脂乳固形分8%以上なのに対して、乳製品乳酸菌飲料は3%以上のもの、そして乳酸菌飲料は3%未満のものとしています。
菌の数については、ヨーグルトと乳製品乳酸菌飲料は1mlあたりに1,000万以上、乳酸菌飲料は100万以上含まれるという規格です。

乳脂肪分が少なめの乳酸菌飲料なら、ヨーグルトが苦手な人にも摂取しやすくておすすめです。