ヨーグルトの種類・タイプ

優れた栄養食品のヨーグルト。その種類についての紹介です。

ヨーグルトの種類

市販されているヨーグルトには、次のように製法の違う5つの種類があります。それぞれ口あたり、味わいなどの違いを楽しめます。

プレーンヨーグルト

乳を乳酸菌ではっ酵させた状態のままのシンプルなヨーグルト。砂糖などの添加物は加えられていません。いろいろな料理にも利用できます。

ハードヨーグルト

乳をはっ酵させて寒天やゼラチンなどで固めたヨーグルト。最近では寒天、ゼラチンを使用しないものも。一般的に砂糖、果汁、香料などが加えられています。

ソフトヨーグルト

なめらかにかき混ぜられフルーツが加えられたヨーグルト。デザート感覚で楽しめ、女性や子供も食べやすいです。

ドリンクヨーグルト

はっ酵したヨーグルトをかき混ぜて液状にした、のむヨーグルト。甘味料や果汁、香料などを加えて飲みやすくしてあります。

フローズンヨーグルト

ヨーグルトに空気を含ませて冷凍したアイスクリーム状のヨーグルト。アイスクリームよりも低カロリーでさっぱりしています。凍結されていても乳酸菌はちゃんと生きています。

また、ヨーグルトの発酵方式には、タンクなどで発酵させた後に容器に入れる〔前発酵タイプ〕と、容器に中身を入れてから発酵させる〔後発酵タイプ〕があります。
前発酵タイプなのは、ソフトヨーグルト・ドリンクヨーグルトで、プレーンヨーグルトやハードヨーグルトの多くは後発酵タイプです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください