アセマンナン」タグアーカイブ

アロエ ヨーグルト と抜群の相性

アロエ ヨーグルト と抜群の相性 です。アロエ ヨーグルト共に便秘解消に高い効果のある食品です。アロエは昔から薬効があることで知られていますが、腸に効く成分は「アセマンナン」という多糖体の一種です。

アロエは、古く日本へ伝わってきている植物ではあるものの、その効果について専門的に研究している事例が決して多くなかったのですが、最近は アロエ の効能 効果 が検証され、ヨーグルトとの相性が非常によいことがわかってきました。ヨーグルトとの相性は抜群です。

アセマンナンが腸まで届く アロエ ヨーグルト 相性はとてもよい

アロエ ヨーグルトと抜群の相性

アロエ ヨーグルトと抜群の相性

アロエは昔から薬効があることで知られていますが、腸に効く成分は「アセマンナン」という多糖体の一種です。アロエの多糖体は、いつくかの層になっていると考えられており、アセマンナンは最も中心にあって、消化されずに腸までたどり着きます。

そして、腸の水分を吸収してふくらませ排便を促します。これが便秘解消効果です。
また、腸内の善玉菌のエサとなり、腸内環境を善玉菌優位に保ちます。特に、ヨーグルトと組み合わせた製品や、デザート、飲み物は非常に理にかなった、腸が喜ぶメニューなのです。

ヨーグルト 便秘解消 効果

ヨーグルトで腸内環境を整えて便秘を抑えることで、肌荒れを防ぎ、美肌効果を期待できます。 また、腸内環境を整え、腸の動きが活発になることで、基礎代謝量が増加するといわれています。 基礎代謝量が上がれば消費カロリーが増え、ダイエット効果も期待できます。

アロエ 便秘解消 効果

アロエエキスが大腸内の水分を増やし、便を出しやすい腸内環境にして便通を促します。 症状にあわせて1回の量は2~4錠(15才以上)と調整して服用できます。

アロエ を毎日食べる工夫をする

腸の健康に効果的なアロエの食べ方は、少量でもいいので毎日継続することにあります。
食用のアロエはスーパーなどでも手に入れることができて、生のものを食べられます。苦みが少ないキダチアロエはトゲを取り除いてそのままで、アロエベラは包丁で皮をむいて白い葉肉の部分を食べます。

わさび醤油や三杯酢などがよく合います。またヨーグルトに混ぜたり、リンゴやバナナなどとミキサーにかけてジュースにしてもおいしく食べることができます。
毎日簡単にアロエをとるなら、純粋な完熟 アロエ 生ジュース がおすすめ。無添加ですから安心して飲めるのもうれしいです。
朝食時に食べるのが特におすすめです。腸のぜん動運動のきっかけにもなります。

蜂蜜やお酒に漬ける

ひと手間かけて、蜂蜜漬けや アロエ酒 を事前に作っておけば、いつでもアロエを食べられます。
蜂蜜やシロップに漬けた物は、ヨーグルトのトッピングにも合います。

アロエ をジャムなどの密閉容器に入れてかぶるくらいに蜂蜜を入れます。アロエに蜂蜜がしみこめばできあがりです。

いまは、小さくカットしてシロップ漬けにされたアロエがパックなどに入ってスーパーで売っているので、自分で作るのが難しい場合はこういったものを利用するのもいいと思います。
アロエ酒は1日 1 杯程度を目安にします。ジュースや冷たい水で割って飲むとお酒に弱い人でも飲みやすくなります。

アロエの苦み

アロエには皮の部分に特有の苦みがあります。これは アロイン という成分によるものです。このアロインには便秘改善に医薬品として利用されるほど強い緩下作用があります。そのため、一般のアロエ食品は皮を除いたゼリー状の部分が使われています。

アロエの葉皮には、強い苦味成分である「アロイン」や「アロエニン」が含まれています。 これらの成分は、胃酸の分泌を助け、食欲不振の解消に効果があると言われています。 また、「アロイン」は腸の粘膜を刺激して、腸の蠕動(ぜんどう)運動を起こし、排便を促します。 腸内の余分なものを押し出して、便秘の解消に役立ちます。

家庭で生葉をジュースにするときも少量ずつ加減しながらお腹の調子に合わせて使います。

アロエ 健康パワー についての詳しい サイト はこちら

アロエ 以外 で 善玉菌を増やす 方法

蔵王高原農園 アロエ ヨーグルトに混ぜればすぐに食べられるアロエ

シャキシャキした食感を楽しめるアロエです。シロップには「イソマルトオリゴ糖」が入っており、優しい味わいになっています。シリアルなどに入れても良く合い、ヨーグルトやアイスクリーム、フルーツポンチなど様々トッピングに幅広くご利用頂けます。蔵王高原農園 アロエ はヨーグルトとの相性が抜群です。ヨーグルトにそのまま入れて食べていただけます。

  • 大粒でシャキシャキした食感を楽しめるアロエ
  • シロップには「イソマルトオリゴ糖」が入っており、優しい味わいになっています。
  • シリアルなどに入れても良く合い、ヨーグルトやアイスクリーム、フルーツポンチなど様々なトッピングに幅広くご利用頂けます。
  • 栄養成分:1袋(180g)あたり・シロップを含む
    エネルギー125kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物31.2g、食塩相当量0.1g、イソマルトオリゴ糖1.0g