にがり」タグアーカイブ

1日に70mgのマグネシウムが便秘解消(にがり)

主成分のマグネシウムが便秘に効果

にがりの代表的な健康効果といえば、一時期ブームにもなった便秘解消効果です。主成分であるマグネシウムが、腸の動きを活発にし、便に水分を補いさらに軟らかくして排泄しやすくします。その結果はマグネシウムが便秘薬として使われていることからも明らかです。
にがりは、海水から塩をつくる過程で得られる副産物で、凝縮した海水から塩を取り出した後に残る苦い液体です。塩化マグネシウムのほか、海水に含まれる塩化ナトリウム、亜鉛、鉄、リン、塩化カルシウムなど、多くのミネラルが含まれています。

様々なタイプがある市販のにがり

ダイエット食品として一時期ブームになったせいか、あちこちのスーパーでも見られるようになりました。購入する際は、マグネシウムやナトリウムなどの含有量の表示があるものがよいでしょう。豆腐を作ったり、煮物など料理に使う場合には、目安量が表示されているものが利用しやすいからです。甘い煮物に使うと、爽やかなスッキリした味になります。にがり独特の苦みが苦手な人は、みそ汁やスープ、トマトジュース、昆布茶など塩気のあるものに加えると気になりません。
また、飲用には一滴ずつ落ちてくるタイプが分量の調節が簡単です。ミニサイズのものなら、外食するときにも携帯できます。

量を摂りすぎると下痢になる

たくさん摂りすぎると下痢を起こすことがあるため、マグネシウム量で1日に70mg程度を目安にします。
小さじ1杯弱程度でマグネシウムの1日の所要量を満たしてしまう商品もあるため、妊娠中の人などは摂取量には注意が必要です。

にがり水の作り方・飲み方はこちら。