恋する気持ちが腸を若返らせる

こんな言葉があります。
ときには20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。
年を重ねただけで人は老いない。
理想を失うときはじめて人は老いる。

これは、サミュエル・ウルマンの「青春」という詩の一節です。「青春」は、マッカーサーの執務室に掲げられ、松下幸之助が座右の銘にしていたことでも知られています。この詩が好きだという人はたくさんいます。

青春とは人生のある時期にのみ存在するものではありません。感性を磨きながら夢を持ってチャレンジしていれば、いくつになっても青春の感動を味わうことはできます。また、ヘルマン・ヘッセはこういいます。
「人は成熟するにつれて若くなる」

体は老化していっても、感性を磨いている限り、心は年齢とともに若返っていくのです。感性は先祖から新生児に受け継がれ、3歳までの養育環境で目覚め、青年期で自己研錬をすることで磨かれ、高年期に完成されます。

その感性が、人の心を若くします。私は、人は90歳になっても100歳を過ぎても、生きている限りいきいきと輝けると思っています。

百寿者の方々から見れば、私などまだ若者ですが、70歳を過ぎても成長することに努め、「今も青春」と毎日を楽しんでいます。

人の感性を磨かせるもの、自己研鎖させるものには、多くの方法がありますが、最も大事なのは、人と人とのコミュニケーションです。その最たるものが恋愛でしょう。

「結婚したら恋はしない」「もう歳だからセックスはできない」というのが日本に根強く生きる常識的な考えですが、それは自己研鎖を怠けていることの言い訳にも聞こえます。

なぜなら、恋する気持ちを忘れた人には、年齢に関係なく若々しさが感じられないからです。感性を磨くことを怠ったときから、人は老いていくのです。反対に、年齢に関係なく、心にときめきを忘れない人は、何歳になっても心が青春を生きています。元気にいきいきと長寿人生を謳歌したいならば、年齢を言い訳にせず、

恋する心を持ち続けることも大事だと思うのです。

恋愛とセックスは、長生きするための百薬の長です。中国の古典には「一葉一日、一撫十日、一吸百日」とあるそうです。

薬では1日分の効果しかないが、パートナーとスキンシップをすれば10日長生きし、お互いの愛液や唾液を口にすれば100日長生きするという意味だそうです。

つまり、薬を服用するよりも、セックスによるエネルギー交換のほうが、生命力の増強につながるというのです。まさに「性は生なり」です。

恋する気持ちは腸内細菌がつくつている

では、恋愛やセックスを楽しむ心を忘れてしまった人はどうすればよいのでしょうか。実は、ここでも腸内細菌が活躍してくれます。2000年のノーベル医学生理学賞受賞者は、ドーパミンの研究をしたアルピド・カールソン博士でした。カールソン博士は、神経伝達物常であるドーパミンは「幸せを記憶する物 」であることを明らかにしています。

ドーパミンは、人間の脳にやる気や性欲や興奮のメッセージを与える働きを持っています。人が何かを好きになってやめられなくなることを記憶する物質でもあります。

人が人をどうしようもなく好きになるのもドーパミンの働きです。このドーパミンの前駆物質を合成し、脳へ送っているのが腸内細菌であることがわかってきました。

腸内細菌が多く、働きも活発な人は、脳内でドーパミンをたくさん分泌できますが、腸内細菌が貧弱な人はドーパミンの分泌量も減ると考えられます。ですから、恋愛やセックスを楽しむ心を取り戻すには、ドーパミンを満足に分泌できるよう、腸内細菌を増やすことから始めるとよいでしょう。

その方法は、もうおわかりだと思います。最近、歳の差が親子ほど離れた異性に憧れ、恋愛状態に陥る人たちが多いという話を聞きます。

ドーパミンが脳を覚醒させ、興奮状態にしているときには、「恋は盲目になります。恋愛の真っ最中は、将来の幸福の追求よりも、短絡的な目先の快楽を重視するようになるのもドーパミンの仕業です。ドーパミンが大量に分泌されている間は、年齢差や将来性などは関係なくなるのです。ただし、lつの恋愛でドーパミンが大きく分泌される期間は、2~3 年です。

これを過ぎると、β ・エンドルフィンという物質が出てきます。これには、脳を落ち着かせる癒やしの効果があります。恋愛関係にとって大事なのは、ドーパミンからβ ・エンドルフィンに切り替わるこの時期です。この時期に、β ・エンドルフィンがたくさん出るようパートナーを大切にし、十分な愛情表現をすることが、恋愛を長続きさせる秘訣です。

反対に、それができないと、「なんでこんな人を好きだったんだろう」「どこが良かったのだろう」ということになっててしまうのです。これは、夫婦関係においても同じことです。ドーパミンとβ ・エンドルフィンの力を上手に使えば、夫婦が恋愛関係を持続させたり、再燃させたりすることが可能です。

とくに、男性は40歳を過ぎたら離婚してはいけません。寿命が10年縮まると思ってください。事実、40歳を過ぎて離婚した男性は、ガンになりやすいという統計があります。

ご自身の長寿のためには、努めてでも奥さんに感謝の気持ちを伝え、愛情表現をし、夫婦で恋愛とセックスを楽しむ気持ちを持ち続けることです。

一方、女性は熟年離婚しようと、夫に先立たれようと、寿命に変化は起こりません。女性は隣に男性がいなくても、免疫力に差が出ないからです。

しかし、男性は憐に女性がいないと、免疫力が落ちるタイプが多いのです。ですから、男ががんばるしかありません。また、人間関係を広く持つために、社会に出ていくことも大事です。社会へ出るといっても、毎日会社へ行くことではありません。利害関係のない男女が集まるハイキングやダンス、町会、クラス会、カルチャーセンターへ出かけることです。そうして、自分はどうすれば異性にモテるかを研究し、自覚することです。「性格を変えてみる」「態度を変えてみる」「服装や髪形を変えてみる」など、他者に好印象を持たれる方法を、ぜひ研究してみてください。

そうすると、「人と触れ合う生活」や「おしゃれをする生活」になります。それが恋に華やぐ生活へとつながっていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください