里芋」タグアーカイブ

里芋で腸内環境を整え、便秘を解消する

腸内環境を整える=発酵食品が当たり前になりました。世の中は「発酵食ブーム」と言ってもいいのかもしれません。

ローフード(食物の加熱によって失われがちな栄養素、ビタミンやミネラル、酵素などを効果的にとる食事法)もマクロビオティック(日本の伝続食がベースの玄米や雑穀を中心とし季節の野菜や海草を食べる菜食主義の食事法)も、発酵食品は大変体にいいものとして注目されています。
また、何でもある飽食の時代だからでしょうか?従来の伝統食が見直されています。

マクロビオティックでも里いもは人気の食材で、レシピが充実しています。そこで、この里いもと人気の発酵食品である麹を使った腸に抜群のレシピもあります。今回は「里いも酵素汁」を紹介したいと思います。

まず、「里いも」と米でいも粥を作り、そこに米麹を加え、炊飯の保温モードを利用して発酵させていきます。この時の発酵は、米麹による麹菌の発酵で、里いもと米の糖分を分解して強い甘味を作り出します。この甘味は天然のものなので、砂糖のように加工した糖分とちがって体への影響はありません。血糖の上昇も緩やかです。しかも米麹によって加わった「ビタミンB群」は、糖質をスムーズにエネルギーにするので、1日200g以下の量なら、飲んでも太ることはなく、元気がわいてきます。

さらに、つややかな髪や肌を作る「ビオチン」や、活性酸素を除去し、肌細胞のなかのメラニン色素の増加を防ぎ自肌を守る「こうじ酸」、腸内環境を整える「オリゴ糖」もとることができます。

「里いも」も「ビタミンB群」が豊富で、あの特有のぬめり成分である「ムチン」は消化を促進し、胃壁を保護して潰瘍を防ぐ働きがあることで知られています。同じくぬめりの素になっている成分「ガラクタン」には、腸内で余分なコレステロールが吸収されるのを抑え、腸内の老廃物の排出を助けるうえ、、脳細胞を活性化する働きがあります。ここまで「里いも酵素汁」に含まれている成分を紹介しましたが、麹菌発酵が終わって飲めるようになった「里いも酵素汁」はさらに魅力的な成分が増えます。

「里いも酵素汁」のなかで乳酸菌発酵がすすみ、「乳酸菌」や「酵素」といった健康成分が増えます。
乳酸菌は腸内環境を整え、酵素は食べたものやアルコールの消化吸収を助ける成分です。

食事、晩酌の前に「里いも酵素汁」を飲んでおくとスムーズに消化するでしょう。

「里いも酵素汁」の作り方

材料(1食分)

  • 里芋…50g
  • 米麹…100g
  • 水…適量
  1. いもを炊く
    里芋は皮をむいて5mm程度に角切り。米を洗ったら里いもと一緒に炊飯器に入れ、「おかゆ0.5合」のところまで水を加えて炊く。
  2. 麹を混ぜる
    いも粥が炊きあがったら、お釜を炊飯器から取り出し、ふきんをかけて30分~1時間ほどおいて冷ます。お釜を炊飯器に戻したら、ほぐした米麹を加えてよく混ぜる
  3. 炊飯器のふたにはしなどをはさみ、完全にふたが閉じない状態で6~10時間保温モードにして発酵させる。ふたが開いてしまうようであればタオルなどを使って固定。途中、2~3回かきませる
  4. 完成
    熱湯消毒した保存用の容器に移し、完全に冷めたら冷蔵庫で保存。食前におちょこ一杯分をそのままか、水で薄めて飲む。1週間で飲みきること。