腸内環境」タグアーカイブ

腸内に善玉菌を増やす乳酸菌のチカラ

乳酸菌のチカラで理想の便をつくろう

私たちの体にさまざまな健康効果をもたらすといわれている乳酸菌ですが、乳酸菌ときいてパッと思いつくのは、やっぱりお腹に良いということです。
一番の働きとして、腸内環境を整えて便秘や下痢を改善してくれます。
乳酸菌が腸内に入ると、腸の中を弱酸性にして悪玉菌を撃退し、それによって、もともと腸内にすんでいる善玉菌が増殖しやすい環境をつくります。さらに、乳酸菌が腸を刺激して、蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進します。
腸内環境が改善されることで、便の回数や量を増やしたり、適度なやわらかさにするなど、ガンコな便秘にも効果を発揮するのです。

ヨーグルトの乳酸菌は、加熱しても善玉菌がすみやすい環境をつくる乳酸や、善玉菌のえさとなる乳糖はそのまま残ります。しかも、死滅した乳酸菌は食物繊維と同じような働きをして、便のかさを増やしてくれるのです。
食品に含まれている乳酸菌には種類がいろいろありますが、乳酸菌食品の代表とされるヨーグルトを毎日摂取するよう心がけて、快便を目指しましょう。