解毒に効果的な成分たっぷり(アボガド)

肝機能を高める成分と豊富な繊維で毒素をどんどん排出

アボガドは、クリーミーですごくおいしい。でもちょっと気になるカロリー。そんなイメージです。
ところが、解毒に効く成分を豊富に含んでおり、便や尿などと一緒に毒素をどんどん排出してくれます。腹持ちもよく、ダイエットでは定番の食材です。

注目すべき解毒成分は、非常に強力な抗酸化力をもつグルタチオンです。グルタチオンという成分は、肝臓が毒素を解毒する際に発生する酸化物の害を抑制する働きがあります。

さらに、グルタチオンは、肝臓や血液中で重金属を捕まえて排出します。また、アボガドには、尿量を増やすカリウムと、便量を増やす食物繊維が豊富です。便や尿と一緒に排出されると同時に、むくみや便秘も同時に解消されます。結果、高いダイエット効果を発揮します。

解毒とダイエットの両方に効果を発揮するためには、食事をする前の空腹時に食べるのが効果的です。解毒成分の吸収力がアップし、食物繊維と脂肪分で満腹感が高まります。

アボガドの脂肪分はたしかに多めですが、オリーブ油並の健康パワーをもっており、さらにその健康に効果を発揮する内容が質の高いものなので、安心して摂取していいでしょう。
アボガドのおよそ70%は、オレイン酸などの不飽和脂肪酸なので体内で抗酸化パワーを発揮します。

アボガドの4つの解毒効果

〔その1〕グルタチオンで肝臓の解毒力を高める

グルタチオンは、解毒器官である肝臓で解毒が行われる際、発生する酸化物の害を防いで、肝機能を向上させるペプチド(アミノ酸の結合)の一種です。水銀などの重金属を捕まえて体外に排出する働きもあります。

〔その2〕オレイン酸がコレステロールを抑制

アボガドの脂肪分にはオレイン酸がたっぷりで、アレルギーや炎症の原因となるリノール酸が少ないというメリットがあります。脂肪の成分としては、オリーブ油と成分が酷似しています。
朝、スプーン1杯で快便に解毒効果アップ(オリーブオイル)

〔その3〕便秘を解消する食物繊維が豊富

アボガドは、食物繊維の含有量が果実の中でもトップレベルです。便秘の改善効果が期待できます。毒素の70%以上は便からの排出ということを考えれば、便秘の改善イコール毒素の排出、ということになります。食物繊維が豊富な食材として有名なのは、ドライフルーツです。

〔その4〕カリウムが水分代謝をアップさせる

利尿作用によって毒素の排出をスピーディーにするカリウムがたっぷり。尿の排出をアップさせることでむくみを解消します。

アボガドの食べ頃はいつ?

皮全体が黒く、手のひらで持ったときにやや弾力が感じられるものが食べ頃です。熟成がすすむとヘタの部分も緑から黒に変色します。
夏に出荷されるものは、脂肪分が若干少なくさっぱりとした味です。女性で脂肪分がどうしても気になる人は夏のアボガドがオススメです。
ヘタが黒いことも食べ頃のサインですが、黒く乾燥してぽろりと取れそうなのもサインです。
逆にへたが緑色をしていて皮にしっかりとくっついていたら未熟です。

最強の解毒食材(たまねぎ)

特に解毒力が強い「たまねぎ」と「ねぎ」

解毒の過程で毒素を「捕まえる」「運ぶ」「排出する」「肝臓を元気にする」という全部のステップに効果を発揮するのがたまねぎとねぎです。
体に備わっている解毒システムを向上させてくれます。

たまねぎ独特のにおいのもとである、硫化硫黄化合物が解毒パワーの源です。これを余すことなく逃がさないようにするためには調理が大きなポイントになります。

この硫黄化合物は、にらやにんにくといったにおいの強い野菜全般に多く含まれます。たまねぎのすばらしい点は

  1. 調理、食べ方のバリエーションが豊富
  2. 安価で年中買える
  3. 日持ちする
  4. 食べた後ににおいが残りにくい

などです。

生で食べると、程良い辛味があり、煮たり、炒めると独特の甘みがでておいしいのが特徴です。ここで解毒効果を高める調理方法をご紹介します。疲れがたまったり、朝起きるのがつらい、肩こりがひどい、手足が冷えるなどの症状がある場合は、この調理方法を試すといいでしょう。

たまねぎ、ねぎの解毒効果をアップさせる調理法

その1
輪切りにする
切ると細胞に含まれる硫黄化合物と酵素が反応し、解毒力の強いスルフィド類ができる。酵素の効きをよくするには、繊維に逆らう方向に切る。つまり、輪切りがおすすめ。たまねぎは、いったん縦半分に切って切り口を下にし、半円状に切ると切りやすい。
その2
15分~30分置く
しばらく室温に放置すると、どんどん酵素反応が進む。たまねぎであれば15分~30分、ねぎであれば5~6分でスルフィド類の量はピークに達する。揮発性成分なので長く置き過ぎてもよくない。
その3
2~3分油炒め
揮発成分であるスルフィド類は、油で封じ込めることができる。中火で2~3分、油炒めにするといい。加熱でカサが減らせるのでたっぷり食べることができる。

サラダなどにたまねぎを使う場合に水にさらしてから使うケースがありますが、これは、せっかくの解毒パワーがおちるのでやらないように、もしやるなら短時間にしましょう。
たまねぎ | 効果アップの食材食べ合わせ

たまねぎとねぎの4大パワー

〔その1〕有害物質を捕まえる

たまねぎに含まれるケルセチン、たまねぎとねぎの両方に含まれるセレンが毒素とくっついて、これらが代謝酵素に結合しようとするのを防ぎます。

〔その2〕肝臓の解毒酵素を元気に

たまねぎやねぎ特有のにおいのもとであるスルフィド類が、解毒の要となる肝臓の解毒酵素を活性化します。ケルセチン、セレン、グルタチオンは抗酸化力が強く、活性酸素の害を抑制したうえで肝臓を元気にします。

〔その3〕毒素を絡め取って便で排出

たまねぎやねぎの水溶性食物繊維が毒素を絡め取ります。便通をよくして腸内に毒素が滞留するのを防ぎます。また、ねぎの緑色部分には豊富なクロロフィルが含まれダイオキシンを排出します。

〔その4〕血流をよくする

たまねぎやねぎの抗酸化成分が血液をさらさらにし、血流をよくします。

たまねぎ、ねぎの解毒成分

  • グルタチオン…含硫アミノ酸を含むペプチドの一種で抗酸化作用がある。
  • クロロフィル…ねぎの緑の部分に含まれる色素成分でダイオキシンを体外に排出。
  • ケルセチン…たまねぎに多いポリフェノール類で抗酸化力が強い。
  • 食物繊維…腸内で毒素をからめとり、排出する。
  • スルフィド類…たまねぎとねぎのにおい成分。肝臓の解毒に役立つ。
  • セレン…抗酸化力が強いミネラル。水銀と結合して排出。

最後に体にいいたまねぎの選び方の情報は玉ねぎの選び方、調理法 |農薬の害をより少なくを参照ください。

解毒ジュースに使う最適な食材のランクは?

お薦めの解毒ジュース用食材

解毒ジュースの効果は前述したとおりですが、解毒パワーの強い野菜のランクをここで紹介します。

毒素を捕まえるケルセチン、ダイオキシンをつっくつけ出すクロロフィル、肝臓の解毒力jをアップさせるグルタチオンの3成分について、含有量の多い食品を調べると、いずれも上位にランキングされたのは、「ほうれん草」。ほうれん草以外にも解毒ジュースに向く食材はたくさんありますが、

  1. パワー抜群の野菜
  2. 甘みや抗酸化力の高い野菜、果物
  3. 飲みやすくコクを出してくれる食品

の3グループから好みの食材を組み合わせるだけでおいしい解毒ジュースがつくれます。しょうが、はちみつ、などをプラスすればまた違った味を楽しむこともできます。

1,青臭く独特の臭いがあるが解毒力抜群の食材

ほうれん草 クロロフィルにグルタチオン、利尿作用の強いカリウムも豊富。ケルセチン、食物繊維も含む。味にくせはなく解毒ジュースにも最適。
小松菜 ダイオキシン排出効果ナンバーワン。カリウムやビタミンCも多く1年中流通している。ほうれん草同様に解毒ジュースに最適。
ブロッコリー イソチオシアネート(硫化化合物)が肝臓の解毒力を高める。クロロフィルも含む。リンゴや豆乳などと相性がいい。
アスパラガス 肝臓の解毒力をあげるグルタチオンの含有量が豊富。抗酸化成分のルチンも同様に多い。
青じそ クロロフィル、カリウム、ビタミンCが豊富。旬の夏にはたっぷり使いたい。
玉葱 ケルセチンの含有量ナンバーワン。硫黄化合物やセレンも豊富。解毒食材としてはほうれん草と優劣をつけにくい。

2,甘み、酸味、旨味以外にも抗酸化成分、繊維質が豊富

りんご 食物繊維が毒素をからめとる。野菜の独特の臭いをカバーするすぐれもの。ポリフェノールを含む皮ごと使うといい。
にんじん βカロチンの抗酸化パワーで肝臓を元気にする。甘みをプラスするため解毒ジュースのバランスを整える。
トマト 抗酸化成分のリコピンが豊富。市販のジュースでもOK。甘み、酸味、旨味のバランスが整う。
キウイフルーツ ビタミンC、E、カリウム、食物繊維が豊富。ほどよい甘みと酸味で解毒ジュースを仕上げる。

3,マイルドを追加

豆乳 抗酸化力の強い大豆イソフラボンをプラス。おからの成分まで入った「大豆まるごと」タイプが良い。
ヨーグルト 乳酸菌やビフィズス菌が腸を元気にし、便の排出力を高める。ほどよい酸味が野菜などと相性がいい。

スープと同じように解毒ジュースは朝の空腹時に

解毒ジュースの作り方は、簡単でとにかくミキサーやジューサーに混ぜるだけ!です。
空腹時に飲む解毒スープと同様に朝の空腹時に効果がでます。作りたてで酸化していないうちに飲むのが最適です。

せっかく作るジュースなので効果を高めるために少し工夫します。この解毒ジュースには、便秘解消効果、体脂肪が減る効果、夏ばてしにくくなるなど、様々な効果があらわれます。

前日の夕食から翌日の朝食までの時間は長いほどいい

解毒ジュースが最も効果を発揮するのは、前夜の夕食をできるだけ早くすませ、朝食のかわりに解毒ジュースを飲む、ことです。現代人は食べ過ぎ傾向にあるので、胃腸がくたびれています。この状態は胃腸の粘膜に毒素が侵入しやすくなっています。

1日の消化活動を終えた胃腸は、しっかり一晩かけて休ませることが毒素に対するバリア機能になるのです。さらに体内で毒素を捕まえて出す成分は、空腹にとるほうが効果的です。

朝の空腹時に解毒ジュースを飲む習慣をつけると、1ヶ月ほどで尿や便の回数、量が増えたり、何とも言えない爽快感が感じられるようになります。頭痛や肩こりなども解消されることが多いようです。

ジュースだけで空腹が満たされるのか?心配される人も多いかもしれませんが、りんご、豆乳などは、腹持ちがよく食物繊維もプラスされているため、想像以上に腹持ちがいいのです。

解毒ジュースの驚くべき効果

  1. 解毒して代謝アップし、体脂肪が燃えやすくなる
  2. 尿、便もたっぷり出て爽快
  3. 疲れがとれる

解毒ジュースを飲む上での注意

夜寝る前には食べない

前日の夕食から翌日の朝食まで10時間以上あけると胃腸、肝臓が元気に。

朝食代わりに解毒ジュース

朝食の代わりに解毒ジュースをコップ1杯程度飲む。

日中はよく動く

体をしっかり動かし汗をたっぷりかく。ゆっくり入浴すると血流アップにも。

解毒ジュースを飲みたいけれど忙しくて作っている暇がない

解毒ジュースのよさはわかったけれど、朝は忙しくて…という人は解毒ジュースのかわりに青汁でもOKです。食物繊維や抗酸化成分がたっぷりはいった商品も多く最近では、粉末タイプもあるので活用したい。
酵素入り青汁り青汁「リッチグリーン」

1杯に凝縮した最強の解毒ジュース(ほうれん草+リンゴ+豆乳)

ほうれん草50g+リンゴ50g+豆乳100mlをジュースに

空腹時に飲む解毒スープと同じように、解毒に効果抜群の野菜や果物をたっぷり摂れるのが野菜ジュース。

臭みも少ない、続けられる野菜ジュースを紹介します。抗酸化力が強く適度に甘みも含まれる野菜ジュースです。

なぜ?ジュース

野菜や果物をミキサーに役30秒かけるだけです。解毒に効く多彩な成分がコップ1杯で摂取できるのは忙しい人向きです。

胃腸にもやさしい

ミキサーに野菜をかけているので、胃腸でも消化吸収がよくさらにのどごしもよく、水分補給にも適しています。血流も改善され毒素が排出されやすいです。

便や尿の量を増やす

野菜や果物に含まれるカリウムは利尿作用が強く、また食物繊維が便を排出しやすくするので毒素がスムーズに排出されます。

毎日飲みたい解毒ジュース

  • ほうれん草…50g
  • りんご…50g
  • 豆乳…100ml
毎日飲みたいスタンダード解毒ジュース
ほうれん草とリンゴ(皮ごと)をざく切りにし、豆乳をあわせてミキサーにかける。りんごはリンゴジュース50mlで代用してもよい。豆乳はおからの成分まで入った「大豆まるごとタイプ」にすると食物繊維がさらにアップ。
  • たまねぎ…50g
  • トマト…50g
  • 豆乳…100ml
ガスパチョ風でさわやかスープの代わりにも
たまねぎとトマトはざく切りに。豆乳を合わせてミキサーにかける。蜂蜜などをたすとまろやかな甘みが加わり飲みやすい
  • 青じそ…10枚
  • にんじん…50g
  • ヨーグルト…100g
  • 水…50ml
青じそのたっぷり解毒ジュース
青じそは手でちぎりにんじんはざく切りに。ヨーグルトと水を加え、ミキサーにかける。蜂蜜や黒砂糖を加えてもおいしい。
  • アスパラガス…50g
  • キウイ…50g
  • 豆乳…100ml
キウイの酸味が効いた解毒ジュース
アスパラガスとキウイはざく切りにし、豆乳を加えてミキサーにかける。生姜を5g加えると味が引き締まる。

これが解毒ジュースの法則

1青臭い野菜を

ほうれん草、たまねぎ、ブロッコリー、くせのある野菜が効果的。

2甘い果物や野菜を

リンゴ、キウイ、にんじん、トマトなど甘い野菜や果物を使う。食物繊維、抗酸化成分が摂取できる。

3豆乳やヨーグルトを加える

豆乳やヨーグルトのこくで全体をまとめる。野菜のくせや果物の酸味をまろやかにする。

朝は空腹にさせることが大切(たまねぎとりんごのスープ)

からだをすっきりさせる解毒ダイエットプログラム

毒素をしっかり排出させる野菜や果物の成分を体にきちんと吸収させるには、お腹を空っぽにさせることが大切です。

無理なく空腹をつくることができる「朝」が最も効果的です。「捕まえる」「出す」「解毒力をアップ」という3つの作用をもつ「たまねぎ」と鉛などの毒素を捕まえて排出するペクチン(水溶性食物繊維)を豊富に含むりんごを使います。

なぜ?スープ

熱を加えてパワーアップ

加熱でかさを減らせば食材をたっぷりしっかり食べられます。体も温まり代謝アップにつながります。たまねぎ、りんご、のほかキャベツ、ブロッコリーなどは加熱で抗酸化力があがります。

調理が簡単

材料を切って煮るだけなので、調理が簡単。たくさん作り置きしておけば忙しい朝でも手間いらずです。

たくさんの野菜を食べることができる

ベースのスープを作っておき、そこに解毒力の強い野菜を加えれば効果もアップします。

たまねぎとりんごのスープ

材料(2人分)

  • たまねぎ…2/1個
  • リンゴ…3/1個
  • 水…2カップ
  • 塩・こしょう…各少々

作り方

  1. たまねぎは皮をむいてみじん切りに、りんごはよく洗い、皮付きのまま1cm角に切る。
  2. 耐熱皿にたまねぎを平らに広げ、ふんわりゆるめにラップをして電子レンジで3分加熱。たまねぎの色が透明になり、軟らかくなっているればOK。味は辛味はなくしっとりと甘い。
  3. 鍋に水と2のたまねぎを加えひと煮立ちしたら塩・こしょうを加えて味を調える。

「捕まえる」「出す」「解毒力アップ」の解毒機能

解毒に効く野菜&果物で「捕まえる」「出す」「解毒力アップ」

解毒力に効果を発揮する野菜や果物などを毎日継続して食べることが一番の手軽な解毒法になります。
特に解毒力の高い野菜や果物とその有効成分をまとめています。

コリアンダー 解毒に効く成分は今のところ不明だが、動物実験では、水銀、鉛、ヒ素などの排出に有効とされている。
ほうれん草 解毒力を上げるグルタチオン、ダイオキシンをくっつけて出すクロロフィルのほか、利尿作用の強いカリウムも豊富。
りんご りんごのペクチンは、鉛、カドミウム、ヒ素を捕まえて出します。
たまねぎ 毒素を捕まえるフラボノイド累の「ケルセチン」が豊富。毒素を出すセレニウム、漢族の解毒力を高める「硫黄化合物」と揃う。

血中で毒素を捕まえて出す

  • ケルセチン…抗酸化力が強いポリフェノール類。血中で重金属を捕まえて排出へ導きます。たまねぎ、ケールなどに多く含まれます。
  • セレン…抗酸化力が強いミネラル。主に重金属の水銀を捕まえて、体外に排出します。たまねぎに多く含まれます。

腸で毒素を捕まえて便で排出

  • 食物繊維…ダイオキシンや有害金属をからめとります。便量を増やして排便をスムーズにします。野菜、果物全般に多く含まれます。
  • クロロフィル…葉緑素のことです。ダイオキシンにくっついて、便中へと導きます。ほうれん草などの緑の濃い野菜に多く含まれます。

肝臓の解毒力を上げる

  • 硫黄化合物…肝臓の解毒酵素を活性化します。アブラナ科の野菜(ブロッコリーやケール)、たまねぎに多く含まれます。
  • グルタチオン…含硫アミノ酸を含むペプチド。抗酸化力が強く、酸化物の害を防ぎますほうれん草やアスパラガスに多く含まれます。
  • 抗酸化ビタミン…代謝の過程で生じる酸化物の害を防ぎます。野菜や果物に含まれるビタミンC、E、βカロチンなど。

体の中に潜む毒素を捕まえて運び出す「ケルセチン」や「セレン」、肝臓に働きかけて解毒力をアップさせる「硫黄化合物」や、解毒の過程で生まれる酸化物の害を防いでくれる「グルタチオン」と「抗酸化ビタミン」、そして毒素を腸の中でからめとって排出へと導く「食物繊維」や「クロロフィル」。これらの成分が相互に作用し、解毒を行います。

ほとんどの毒素は便や尿から体外に排出される

人間の体は、取り込んだ毒素を便、尿、汗などと一緒に体外へ排出する「解毒=デトックス}の仕組みが備わっています。しかしこの機能が衰えると毒素が蓄積してしまいます。

髪(毒素排出率1%)

およそ3ヶ月前の体内のミネラルバランスが反映されるといわれる髪の毛。体内の毒素「有害金属」がゆっくりと排出されます。

爪(毒素輩出率1%)

髪同様に毒素がゆっくりと出てきます。解毒がうまくいくと、髪や爪に出てくる毒素の量は一時的に増えます。

便(毒素輩出率75%)

毒素が口に入っても、胃腸のバリアが強ければ吸収されずに出ていきます。便秘気味、または便秘の人は、毒素が長くとどまってしまうので吸収されやすくなってしまいます。

汗(毒素輩出率3%)

にんにくを食べた翌日は、汗が臭いですが、それは、におい成分が汗にでてくるためです。同様に毒素も汗と一緒に排出されます。

尿(毒素輩出率20%)

体内に侵入した毒素を腎臓でふるい分けて捨てる、というとても大事なルート。水分を充分とることは解毒力をアップさせる基本です。

こうしてみても老廃物は、ほとんどが便から排泄されることがわかります。便秘をしてしまう…という体質は、老廃物を体にため込んでしまっていることと同じなのです。2~3日で出ればいいのですが、それ以上になってしまうことが多い人は、便秘解消のために生活習慣を変えたり、食事を注意することがとても大切です。
睡眠時間が短い、ダイエットをしている…いろんな要因があるかもしれませんが、2日でなかったら植物性のイサゴールなどを使って便を出すようにしたほうがいいでしょう。

正常な代謝を妨害する体内に蓄積した有害金属

痩せない原因

ありとあらゆるダイエットを試してみたが効果が全くない。という人がいます。もちろん、ダイエットの種類が体質に合っていない場合もありますがそれは体内に蓄積した重金属かもしれません。

毛髪中の水銀濃度を調べてみると、肥満、高血圧、糖尿病などの生活習慣病にかかっている人ほど水銀濃度が高いことがわかっています。

毛髪から水銀濃度を調べる方法

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

らべるびぃ【毛髪ミネラル検査】キット■送料無料■
価格:10800円(税込、送料無料) (2018/1/7時点)

また、太っている人ほど水銀濃度が高い値を表示することもわかっています。そして、良いミネラルの代表であるカルシウムは低い値になっています。

つまり、肥満と有害金属は密接な関係にあることがわかります。体内に入った有害金属が酵素の働きを阻害するためです。体の中では至るところで酵素が働いています。
食べ物を消化吸収したり、エネルギーを生み出したり、そのエネルギーを使うのにも酵素は欠かせません。
脂肪を分解する際に必要な酵素もあります。こうした酵素に水銀などの有害金属がついてしまうと酵素自体の構造が変化して、活性が行われます。
その結果、脂肪燃焼システムがうまく機能せずにエネルギー代謝も低下します。肥満に繋がるというわけです。

体内にたまった有害金属は、「食べる」→「燃やす」→「出す」という正常なエネルギー代謝を妨害し、太りやすい、また痩せにくい体をつくります。

有害金属がたまって酵素の働きが悪くなると、燃え切らない脂肪がたまります。さらに消化もうまくいかなくなり便もたまる、というわけです。
これらは毒太りといっていいでしょう。

特別な薬や治療をしなくても、食生活を少し工夫すれば、体内の毒素を排出することができます。体内で毒素を捕まえて外に出す働きを持つ食材、解毒力をアップさせる食材を食べることでデトックスができます。
そんなすぐにできる方法が以下の方法です。

STEP1(お腹をすかせる)

消化吸収、解毒にと忙しく働いている胃腸や肝臓もしばしの休息でリフレッシュ。そんな空っぽのお腹に毒素バスター役の野菜や果物が投入されると有効成分の吸収もスムーズに。

STEP2(毒素を捕まえる)

毒素を捕まえる力を持つ成分が、体内に蓄積した有害金属や化学物質をつまみだし、排出へと導く。

STEP3(解毒力をアップ)

肝臓は、解毒を担う主要な臓器。日頃から活性酸素の害を受けやすい場所でもあるので果実や野菜の抗酸化作用でそのダメージを修復し解毒力を修正する。

STEP4(毒素を出す)

食事に含まれる毒素を、ササッとからめとって便として体外に排出してくれるのも食物繊維が豊富な野菜や果物。

現代人の解毒力は不安がいっぱい

解毒力が鈍ったり衰えると毒素の蓄積が加速する

ダイオキシン

ゴミ焼却炉や産業廃棄物施設などに含まれる。大気中に放出され、土壌や河川、海へと循環する。95%が食物、5%が大気から体内へ取り込まれます。分解されにくく、生殖障害、肝機能障害、ガンなどの原因になります。1兆分の1gという微量でも毒性があるほど強力です。

脂肪にとけ込んで肝臓や皮下脂肪に蓄積します。ダイオキシンは、いったん蓄積すると排出されにくく、蓄積量が半分になるまでに5~10年以上かかります。
ダイオキシンについて詳しく

アセトアルデヒデなどの化学物質

新築住居の建築材や塗料のほか、OA機器、じゅうたんの接着剤、衣類の防虫剤などに含まれます。揮発し、呼吸を介して体内に入り込みます。頭痛やめまい、目やのどが痛むといった「シックハウス症候群」の原因にもなります。

主に肝臓で代謝されて尿や汗、便とともに体外へ排出されますが、解毒の過程で生じる三期亜物によって疲れや痛み、アレルギーといった不調が生じます。肝臓が弱ってくるとこの代謝システムが機能しなくなってしまいます。

化学物質について

解毒が必要な理由を知るで紹介した重金属の蓄積に加え、近年、問題視されているのが住宅建材や防虫剤などに含まれる化学物質です。神経系を刺激して、頭痛やめまい、目やのどの痛みといった「シックハウス症候群」を引き起こします。

最近の健康ブームでは、食べ物に対する意識は高くなりましたが、無意識に吸っている空気には無意識であることがほとんどです。
排煙に含まれている大気や食物汚染するダイオキシンも、内臓障害やガンなどとの関連性も指摘されています。

人間の体には、侵入してきた毒素を追い出す、解毒システムが備わっています。問題は、その仕組みが衰えたり、正常に機能しなかったり、取り込む毒素の量が限界以上の量であったりした場合です。

見えないところで毒素が蓄積してしまうのです。現代人は特に、日常的な過食によって内臓を酷使しているため解毒の役割を担う肝臓や腸が疲れてしまっているのです。

不調の原因となる毒素

見えにくい毒素

ストレス

たまると交感神経が優位になり、血管が収縮。血流が悪くなり、冷えや動脈硬化の原因になる。

有害金属や化学物質

食べ物や環境から知らず知らずのうちに体内へ。あらゆる不調の原因にもなってしまう。過剰な蓄積の場合、中毒症状も。

見える毒素

便

腸内に長時間たまると、悪玉菌が過剰に増殖。免疫力が低下し、にきび、むくみなどの原因に。

体脂肪

肥満に直結。外見上の問題はもちろん、高脂血症や高血圧、糖尿病といった生活習慣病の温床に。