手作りキムチで便秘解消に役立てる

植物性乳酸菌というと、ぬか漬けや、味噌、醤油、それからキムチなどがありますが、みそ汁を食べて、玄米ご飯を食べると大抵翌朝は、快便です。さらにぬか漬けなども効果があるように思いますが、腸内環境を整えるには継続しないと効果が半減してしまいます。

そこで、キムチを手作りしてみようと思い、レシピを調べてみたのでここで紹介します。ぬか漬けなども善玉菌優位の腸内環境を作るには、最高ですが、どうも味が「地味」で飽きてしまうのでキムチづくりをしたいと思います。

まずキムチのうんちくを少し。キムチには白菜のペチユキムチや、大根のカクテキ、きゅうりのオイキムチなどがあり生すが、韓国では、他にもさまざまな野菜をキムチにしています。
手軽に作れる即席キムチで、変わりキムチを作ってみたいと思います。ビタミンCが多く、健胃作用のあるキャベツ、たんば質 や食物繊嫌が多い大豆もやし、βカロテンやビタミンC、秩、カルシウムが豊富な小松菜などで作れば、栄養も万全です。余り野菜の利用にもなり、食卓のバリエーションが広がります。辛味成分は、基本的に腸にも有効なので便秘解消効果もかなり期待できそうです。とにかく食物繊維が豊富に摂取できるのは、うれしい限りです。

即席のキムチだれをつくる

材料は、次の通りです。

  • ねぎのみじん切り…おおさじ2
  • いかの塩辛…おおさじ2
  • 韓国産粉唐辛子(細びき)…おおさじ1~2
  • しょうが/にんにくのすりおろし…各大さじ1
  • 塩…小さじ1
  • ごま油…おおさじ2

韓国産の粉唐辛子というのは、韓国産の赤唐辛子を細かくひいたもの。粗くひいたものもありますもー味に使われる日本産の赤唐辛子よりも辛みが少なく、かすかな甘みもあり、キムチを滋味深い味わいにします。
粉唐辛子はこちらからどうぞ。

野菜を漬ける

即席キャベツキムチ

キャベツ200gを準備し、小さく切って塩小さじ1をふってもみ、約20分おいて洗い、水けをきる。上の即席キムチだれ3分の1程度をなじませ40~50分程度付ける。冷蔵で3~4日保存可能。

即席もやしキムチ

大豆もやし2200gを準備し、もやしに塩小さじ1をふってもみ、約10分おいて洗い、水けをきる。上の即席キムチだれ3分の1程度をなじませ20~30分程度付ける。冷蔵で3~4日保存可能。

即席小松菜キムチ

小松菜150gを準備し、小松菜は根元を切り、幅3cmに切って塩小さじ1 をふってもみ、約20分おいて洗い、水けをきる。上の即席キムチだれ3分の1程度をなじませ40~50分程度付ける。冷蔵で3~4日保存可能。

キムチをおいしく食べるには

そのままでは辛すぎて、という場合は、キムチを何かに混ぜたり、のせたり、料理に入れたりすると、辛さがやわらぎ、食べやすくなります。ただし乳酸菌は熟に弱いので、加熱しない食べ方のはうがよく、加熱調理に使う際にはなるべく最後に加えて、さっと火を通すようにします。

にんにくの臭いが気になる場合は?

にんにくのにおいのもとであるアリシンは、たんばく質と結びつきやすく、カルシウムなどのミネラルで中和されます。キムチを食べたあとに、たんばく質やミネラルが豊富な牛乳などを飲めば、におい消しに有効です。一気に飲まず、かむようにしてゆっくり飲むのがコツです。ヨーグルトを食べるのも同様に効果があります。また、消臭効果のある緑茶や紅茶、コーヒー、ウ一口ン茶などを飲むのもよく、紅茶やコーヒーには牛乳を加えるとより効果的。はかにミント系のガムをかんだり、口臭予防剤を利用するという方法もあります。日本人は、にんにくにもビタミンB群が豊富に含まれるのでキムチはまさに健康食です。

酸っぱくなっても大丈夫?

キムチは作ってから時間がたつほど、乳酸菌が増えて酸味が生まれます。そして乳酸菌の量がピークに達したあとに出てくるのが酢酸菌。これは酢をつくる菌で、酢酸菌が優位になるとかなり酸っぱくなってしまいます。そうしたキムチも加熱調理に使えば、酸っぱさが気にならず、おいしく食べられます。キムチチャーハン、キムチスープなどがおすすめです。

発汗して解毒(入浴剤)

ゲルマニウムvsトウガラシどっちを選ぶ?

最近、話題にあがっている注目の入浴剤は、毒出し効果の高い「発汗系」です。話題のゲルマニウムは、ほかほか感が持続します。
トウガラシはドパッと汗が出る爽快感がたまりません。

あったかいお風呂に欠かせないのが入浴剤です。デトックスブームの中で人気はなんと言っても「発汗系」です。

2大注目株は、2005に登場したゲルマニウム入りタイプです。
ここ2~3年ですっかり人気が定着したトウガラシ入りタイプ。特にゲルマニウムタイプは、人気のゲルマニウム温浴施設に出かけなくても家庭で手軽に楽しめるということで人気を集めています。
さて、この2タイプの評価はいかに?
トウガラシタイプは、すぐにすごい量の汗がでます。一方、ゲルマニウムはじわーっと芯から温まり、1時間たってもほかほか温まり、1時間くらい時間が経過してもほかほかです。

肌毒を解消する

30代~40代のにきびの原因は、肌毒

30歳代なのに、「どうも最近にきびが増えた」「疲れがたまると肌がざらつく」「角栓が増えて肌がオイリードライに」こんな悩みを抱えている女性は多くいます。

こうした状態の時に、やたらにコスメをつけるのは、逆効果になることもあります。そこで、肌の悪化因子「肌毒」を除くスキンケア方法を紹介します。
まずは「肌毒度」をチェックしましょう!

肌毒度チェック

  1. 顔がほてる
  2. 睡眠時間が平均6時間以下
  3. 月経が終わってもにきびが消えない
  4. 乾燥肌またはオイリードライ肌だ
  5. 角栓で毛穴が詰まりやすい
  6. メイクを落とさずに寝てしまうことがある
  7. 喫煙する
  8. 日焼け止めは使わない
  9. イライラすることが多い
  10. 便秘しやすい

こうした症状は肌毒を取り除くときれいな肌になります。

血流・角質・角栓の滞りを取る

血行不良やバリアの乱れが大人にきびの原因

上の肌毒度チェックの項目で該当項目が5個以上ならにきびのもとになる肌の悪化因子を放置しているという状態です。
肌の手入れ方法や生活習慣を見直すことが大切です。肌毒というのは、肌の悪化因子のことですが、これを放置してその上に高価なコスメ塗り込んでも効果はほとんどありません。
それよりも「肌の悪化因子=肌毒」をしっかり取り除く手入れが大切で、効果的です。

主な肌毒と考えられるのは、「体液の滞り」「バリアの乱れ」「角栓や汚れ」の3つです。
肌毒度チェックの結果から自分の場合は、どの肌毒がメインで、どの対策が肌毒素に必要か知っておくことも大切です。

体液の滞りは

  • 顔がほてる
  • 素睡眠時間が平均6時間以下
  • 月経が終わってもにきびが消えない

などの症状があてまはる場合は、該当します。
にきびで悩む人のほとんどがここに当てはまります。

ざらつきオイリー肌は角栓対策コスメが効果的

バリアの乱れも毛穴を詰まらせて、ニキビの原因になります。皮脂が少なめの乾燥肌に人に多い症状です。

角栓や汚れでにきびを悪化させている人も多くいます。誤った洗顔が原因となっています。
5と6が該当するようであればこの角栓汚れタイプです。
7~10は喫煙、紫外線、ストレスなどいずれも体に活性酸素を増やします。禁煙、UVカット、リラックスして入浴など生活習慣をかえてリラックスすることが大切です。

体液の滞りを解消 にきびが目立つ人の肌は、血液やリンパ液など体液の循環が悪い。体液の循環をよくすれば、局所にたまった、活性酸素も解消されやすい。
角質のターンオーバーも促されてニキビができにくくなる。
バリアの乱れを解消 本来、角質層には、水分や油分を肌表面に適量に保つバリアの機能が。これが乱れると、肌はオイリードライに。部分的な乾燥で角質がはがれにくくなり、毛穴がつまり、にきびができる。
角栓や汚れを解消 肌表面の角質や、汚れが取り除かれないと角栓ができやすく、にきびが増える。角栓や汚れを、肌のバリアを損なわずに取り除くスキンケアをすれば、にきびもざらつき肌も解消できる。

バリアが改善し、悪玉アクネ菌も退治、月経前にきびも肌荒れも改善

にきびが繰り返しできるあごやほおの皮膚を調べると、角質層のバリアが乱れています。

最近、にきびの原因となる肌毒として注目されているのが、「角質のバリアの乱れ」です。本来の角質層は、平たい細胞がきれいな層を作り水分や油分や適度に保ちます。ところが、月経前のホルモンの影響やストレスで角質層が厚くなったり、古い層がはがれにくくなるのがバリアの乱れです。肌は乾燥し、不要な角質により毛穴が詰まります。
このためオイリーでない人でもにきびができてしまいます。
こうした大人にきびを防ぐには薬用ビューネS がおすすめです。毎日の薬用ビューネ習慣で、いつでもお肌はベストコンディションを維持しましょう。洗顔後のお肌にやさしくなじんで、肌荒れやニキビを防ぎ、すこやかなスベスベのお肌に導きます。洗顔後は、ミネラルウォーターベースの化粧水がおすすめです。特に敏感肌などや肌荒れが一時的にひどい場合には、無添加・無着色・無香料の天然水を使うのが肌の回復にも役立ちます。

有害物質アンモニアを解毒するオルニチン

弱った肝臓を助ける

成長ホルモンを分泌させて、効率よく筋肉量を増やし、一方で体脂肪の分解を促進させるダイエット効果やしわを改善する美肌効果を持つオルニチンです。

このオルニチンが注目されている成分のひとつに、解毒作用があります。ドイツなどでは、肝機能障害の患者にタイする医薬品として認可されている成分です。

オルニチンの成分による解毒力は、アンモニアを無毒化することで知られています。アンモニアは、肉などの高たんぱく質の過剰摂取により体内に増える有害物質です。
体内濃度が異常値になれば、昏睡状態にまでなる可能性のある成分です。

最近では、慢性的な疲労の原因ではないかとも言われているほどです。

低下した肝臓を補いアンモニア濃度を減少

アンモニアは、感応で解毒されるが、そのプロセルに不可欠なのがオルニチンです。

肝硬変になり肝臓の解毒力が低下してしまうと、体内のアンモニア濃度は低下しません。ところがこのような、重度の肝障害になってしまってもオルニチンを飲み続けることでアンモニア濃度が低下することがわかっています。

肝障害などの病気でなくても、二日酔いでツライときにオルニチンを飲んでみると効果があります。
こうした効果を期待するのであれば、1日数百mg~1g程度の摂取が効果的です。オルニチンを豊富に含んでいる食材はシジミです。ところが1gとるにはしじみを200個食べなければなりません。

高い抗酸化力が特徴のαリポ酸

肝臓を元気にして解毒力を高める

体の隅々まで行き渡って働く最強の抗酸化サプリです。女性には嬉しい「シミを減らす美肌サプリ」として2005年に注目を集めたαリポ酸。解毒作用の中でも注目を集めている成分です。

αリポ酸は、肝臓の解毒作用を高めることから中毒治療などにも使われてきた医薬品成分です。体内で合成されたビタミンの仲間でもあるため2004年にサプリメントに配合することが可能になりました。

αリポ酸は、大きく分けて3つの仕組みで解毒パワーを発揮します。

  1. 肝機能が低下した際に蓄積する物質の代謝を促し、肝臓の元気を取り戻す。
  2. 肝臓で解毒が行われる際に発生する酸化の害を防ぐグルタチオンという成分を増やす。
  3. 有害金属を捕まえて、体外への排出を促す。

サプリで摂取する場合は100mg以上を目安にする

ストレスが多い人、喫煙習慣のある人、お酒を毎日飲む人などは、1日あたり100mg~200mgが適量です。解毒作用を期待する際もある程度はしっかり摂取したほうが吸収がいいです。
飲むタイミングは、有害金属が血中に遊離しはじめる空腹時に飲むといいでしょう。
ニューレックス リポ酸ダイナミック 90粒はこちら
αリポ酸ダイエットはαリポ酸について詳しく書かれていますが、解毒と深く関係のあることもかかれています。

ガジュツは1日6~9gが目安

慢性胃炎や胃潰瘍の患者さんに最適なガジュツ。1日の目安量は6~9g程度。まとめて飲むより、1日何回かに分けて飲む方法が効果的です。

安全性も高く、安心ですが、胃の粘膜を刺激するため胃から出血しているようなひどい症状の場合には厳禁です。ウコンもガジュツもミネラルが豊富でカリウムはかなりの量が含まれるので人工透析を受けている腎不全患者さんは厳禁です。

胃の粘膜に作用させるには、空腹時に飲むのが効果的です。消化に時間のかかる粒タイプよりも粉末タイプのほうが効果的です。ただし、精油成分が多いガジュツのぼ粉末は、口に入れるとかなり苦く、どうしても苦手な人は粒タイプを選びましょう。

1日の目安量

6~9g

摂取方法

胃の粘膜を刺激するように、空腹時に飲む方が効果的です。1日3回食前に飲むのが最適です。

こんな人に

胃腸が弱い人、慢性胃炎、胃潰瘍などになったことがある人。お酒を飲むときにも。

注意点

胃から出血しているようなとき、人工透析を受けている患者さんは厳禁。

選び方

消化の早い粉末タイプがお薦め。苦みが強いので苦手な人は粒タイプを。

ウコンは1日2~3gが最適

テレビCMでもお馴染みのウコン。ウコンの摂取目安量は1日2~3g。クルクミンの量では1日30mg~70mg程度が目安です。100mgまで程度であれば問題ないとされています。

『お酒を飲む時だけ飲む』でも効果はあります。また、秋ウコンを発酵させた発酵ウコンは抗酸化力が強力で、ミネラルも豊富なため、お薦めです。

よく心配される「ウコンを含む健康食品で肝障害を起こす」症状ですが、ウコンに含まれるアレルギーが考えられています。そういったアレルギー症状であれば、3ヶ月以内に症状が出る場合が一般的ですので、体がだるい、じんましんが出た、などの場合は、医師の診断を受けるようにしましょう。希ですが、副作用が出る場合もありますので注意します。

また、ウコンには、鉄の吸収を阻害する作用があり、1日2~3g程度であれば問題はないので大量にとるようなことは避けます。

1日の目安量

2~3g。クルクミン量では30mg~70mg。

摂取方法

毎日1日1~3回、食前食後のタイミングにこだわる必要はありません。即効性があるためお酒を飲む時だけの摂取でも効果あり。

こんな人に

お酒を飲む機会が多い人に。解毒力を高めたい人に。コレステロールや中性脂肪の値が高い人に。二日酔いにも効果があります。

注意点

長期間、大量に飲むと肝障害や貧血症状を起こす可能性が。人工透析中、肝障害のある人、胆道閉鎖症の人は厳禁。

選び方

ウコンやクルクミンの量がわかるものを選びます。発酵ウコンは抗酸化力が高くミネラルも豊富。

ウコンについて、かなり詳しく専門的な情報は「ウコンの効能・効果」がおすすめです。
ウコンの薬効については、驚きです。疲れ気味のサラリーマンにウコンは、とにかく魅力です。

肝臓を元気に(たんぽぽ&チコリのコーヒー)

肝臓を元気にして解毒パワーをアップさせる

たんぽぽやチコリの根を乾燥、焙煎した欧州のハーブコーヒーには、尿を増やしたり、便秘を改善する働きがあります。また、体内解毒の要となる肝臓も元気にしてくれます。コーヒーブレークで解毒ができるたんぽぽ、チコリに注目が集まっています。

たんぽぽは、西洋の植物療法では、利尿のほか、肝臓からの胆汁分泌を活発にする生薬として使います。また、軽い便秘改善効果もあります。
便秘解消のサイトでもたんぽぽコーヒーを紹介しています。

たんぽぽコーヒーの解毒パワー

  1. 胆汁の分泌を高めて解毒をスムーズに
  2. 水分の排出を増やしてむくみがすっきり

化学物質や重金属などの毒素は主に肝臓で代謝され尿や便とともに体外へ排出されます。肝臓を元気にし、尿や便の出をよくするたんぽぽには、この解毒ステップをよりパワーアップする効果が期待できます。

インスタントコーヒーの肝臓効果 食材の常識

同様にヨーロッパで飲まれているチコリの根を乾燥・焙煎したチコリコーヒーにも同じような働きがあります。人間の肝細胞にチコリの根の抽出エキスを加えたところ、肝臓を活性化させることに成功しています。チコリの根には、水溶性の食物繊維のイヌリンが豊富です。根を乾燥、焙煎させる過程でイヌリンははイヌスロオリゴ糖という物質に変化していおり、腸内細菌を増やして便通をよくする効果があるのです。

どちらのコーヒーも1日に2~3杯飲むと効果が期待できます。

チリコーヒーの解毒パワー

  1. 肝臓を元気にして解毒パワーをアップ
  2. オリゴ糖パワーでおなかすっきり




たんぽぽコーヒーなら妊婦さんにも安心です。

解毒成分の宝庫(アジアンハーブ)

アジアのハーブは解毒成分の宝庫

キムチやナムルでたっぷり野菜がとれるヘルシーな韓国料理。タイヤベトナムでたっぷり使う独特の野菜やハーブには解毒効果成分が豊富に含まれます。ピリッと辛味を効かせれば、代謝がアップしてダイエット効果にもなります。

有害金属や老廃物を排出するには、ネギ類や緑の野菜など解毒食材をたっぷり使うと効果的です。

たまねぎ 毒素を捕まえるケルセチン、排出させるセレニウム、解毒力を高める硫黄化合物の3成分を含む、解毒野菜のキング。
コリアンダー
(パクチー)
アジアでは、古くから解毒・殺菌目的で食べられている定番の解毒食材。有効成分は特に解明されていないが、水銀やヒ素といった排出に役立つ。
にんにく 新陳代謝を活発にし、食べた物を完全燃焼させるスコルジニンを含む。体が温まり、ダイエット効果も。
緑の野菜 毒素をくっつけて出す。解毒力を高めるのがにら、香り成分が解毒効果をもつのがしそ。緑色のクロロフィルは解毒にはかかせない成分。

タイやベトナムなどのアジア料理が女性達の間に人気。ちょっとしたブームを巻き起こしています。アジア食がヘルシーなのは、野菜がたっぷりでハーブやスパイスを効かせているためです。沖縄の野菜で健康効果が高いゴーヤや青パパイヤやフーチバー(ヨモギ)などは、タイやベトナムでもお馴染みの解毒食材です。

熱帯産の野菜や果物には、強い抗酸化作用で発ガン抑制効果を発揮するものが多く注目されています。

解毒という考え方は、アジアの食文化の中では、常識です。高温多湿な気候の中で、昔から食中毒を防ぐ目的で殺菌作用が強い野菜を一緒に食べてきました。
韓国などで、肉や刺身をサンチュ、エゴマの葉、にんにくといった野菜と一緒に食べるのも解毒や殺菌を目的にしていました。

最近では、これらの野菜が確かに解毒成分を持つことが確認されました。緑の野菜に多いクロロフィルやたまねぎなどの野菜に含まれるケルセチン、にんにくやにらに多い硫黄化合物、食物繊維などの成分です。
これらの食材はできるだけ食事の早めの段階で食べることが大切です。

毒出しに効果抜群(みそ汁)

日本の伝統食は解毒効果抜群

最近は、若い人からお年寄りまで朝は、パン食という人が非常に増えました。ご飯食のほうが調理に手間がかかるせいかパン食のほうが人気があります。パン、サラダ、スクランブルエッグ、コーヒーが朝食の定番でしょうか?

ご飯食が毒出しにいい点をあげると、やはり「みそ汁」にあります。みその効用や健康パワーは現代科学で明らかにされています。
みそ汁のパワーの源は、その解毒作用にあることがわかっています。
みそは、大豆を発酵、熟成させることで強力な抗酸化作用をもつメライジンが含まれます。
疲れ、痛み、アレルギーなどの不調を引き起こす原因をメライジンが防ぎます。

発酵によるみその抗酸化パワー

  • みその色が酸化物の害を防ぐ
  • みそは肝臓の解毒パワーをあげる

みそ汁の解毒パワーをあげるには?

みそ汁の解毒パワーの源は「色」です。濃い色のみそほど強力な抗酸化力をもつメライノジンの量が豊富に含まれます。
色と大豆使用量のふたつの条件を満たすみそは「まめ味噌」です。ところが、豆味噌だけを使うと、塩気や苦みといったクセが目立ってしまうため、仙台味噌、信州味噌といった米味噌などを合わせるとおいしくなります。

味噌の豆知識

保存方法は?

プレスチック容器などに移し、ラップで表面をしっかり覆い、ふたをして冷蔵庫で保存。

みその上手な合わせ方

特徴が対象なものを2種類以上混ぜます。甘口と辛口、赤と白など、対照的なもの同士を合わせるといいでしょう。

みそ汁に使う最適な味噌の量

塩分濃度が1%程度になるとおいしく仕上がります。

旨味のあるみそ汁の具は?

  • にんじん
  • 大根
  • 油揚げ
  • 白菜
  • わかめ
  • きゃべつ
  • 豆腐
  • ごぼう

香りがいいみそ汁の具は?

  • 小松菜
  • にら
  • 長ネギ
  • 春菊
  • みつば
  • 万能ネギ

味噌の驚くべき著効はこちら。味噌汁の塩分を気にされている方はこちらでスッキリするかもしれません。