玄米」タグアーカイブ

腸を元気にする穀物 玄米

腸を元気にする穀物 玄米 の紹介です。玄米 は、植物学的視点からは稲の果実である籾(もみ)から籾殻(もみがら)を除去した状態です。食品としては精白されていない状態の米ということになります。

体調を崩したときには玄米 腸を元気にする穀物 玄米

腸を元気にする穀物 玄米

腸を元気にする穀物 玄米

玄米の解毒パワーで「便秘をしなくなった」「体調をこわしくにくくなった」「なんとなく元気がでる」などの玄米を絶賛する人の多さに驚きます。

これは玄米の毒素パワーによるものと考えられてます。食物繊維の一種「フィチン酸」は腸内で水銀などの有害金属を捕まえて、便と一緒に排出します。栄養面から見ても白米とは比べ物にならないほどです。

玄米はビタミンB群やミネラルがたっぷり含まれ、白米のように精白すればするほどこの栄養素は失われていきます。

玄米の胚芽や糠(ぬか)には、たいへんすぐれた栄養素が多く、白米と比べて特にビタミンB群(B1B2 B6 ニコチン酸 パテントン酸 イノシトール コリン 葉酸等)が含まれています。 ビタミンB群は、エネルギーをつくり出す代謝を助ける働きがあるため、人間の身体には必要不可欠な栄養素です。

玄米は、腸の免疫力を高め、体を内側から元気にする働きがあります。玄米は腸内の悪玉菌を減らし、ビフィズス菌などの善玉菌が増えることも確認されています。

現代人の場合、白米に慣れてしまって主食として定着してしまっているので、玄米そのものを主食にすることが難しくなっています。
もちろん、玄米を主食にできる人は良好な体調を維持できます。

玄米を主食にすることとが難しい人は、たとえば、体調を崩した、ストレスでドカ食いしてしまった、などの後に体調をリセットするために 3 食玄米食にすると体調が戻るでしょう。
また、玄米と一緒にほうれん草などのミネラルが豊富な野菜も一緒に摂取するとさらに効果的です。

また、玄米の効果をさらにアップさせるためには、よく噛んで食べることです。白米よりもずっとたくさん噛むことを意識したほうがいいでしょう。

玄米がおいしく炊けない?

おいしく炊くには、 3 合炊く際には、白米の場合よりも 80 ~ 90 ml 水を多く入れ、さらに炊く前にみりんとお酒を大さじ1杯ずつ、そしてひとつまみの塩を加えます。普段使っている炊飯器でもおいしく炊きあがります。

忙しい人などは、すぐ食べられる 玄米のレトルトパックの活用もおすすめです。

 

高齢者の便秘 にも玄米がおすすめです。

肝臓機能を高め、自律神経の安定化にも有効な玄米

肝臓機能を高め、自律神経の安定化にも有効な玄米 玄米は日本人の主食として重要な食品のひとつでした。日本民族は原始時代から玄米を食べてきました。それは日本の風土に米が適していたからです。

日本の風土は大陸と追って湿度が高い。こうした風土に生活する人間は、毛穴が湿気でふさがるために、新陳代謝を低下させ解毒作用をさまたげやすくなります。このような欠点を湿度に強い玄米が補って、体の生理作用を助けてくれるのです。

肝臓機能を高め、自律神経の安定化にも有効な玄米

肝臓機能を高め、自律神経の安定化にも有効な玄米

これは自然のしくみにのっとった天の恵みですが、現代は、天から与えられた米の本質を発払博することのない白米にして食べています。

半病人が多くなったのは、玄米を精白した寒白い米を食べているからと言っても過言ではないと思います。玄米の中にはイノシトールやフィチン酸という成分があります。
イノシトールは肝臓を強めて老廃物を体の外に排泄する大切な役目をしてくれます。また、フィチン酸は、ストロンチウムと結合して老廃物を体の外に出す性質があります。
このストロンチウムというのは放射能の中に含まれる成分で、原子爆弾の死の灰の物質なのです。

フィチン酸には、ストロンチウムだけでなく、公害物質なども流す働きが強く、とくに梅干しとともに食べると、梅干しのクエン酸やアミグダリンという特殊成分の働きも加わって、公害物質を体の中に残さないで排泄する働きが強化されるのです。

また、ガンマーオリザノールという成分も含まれていますが、これは神経の働きを強め、ことに自律神経の調整には非常に大切な成分です。
これによって自律神経がよく働きますから、内臓の働きも強められ、新陳代謝も盛んになります。

ところが、白米にしてしまうと、これらの大切な成分は失われます。たとえビタミンB1・カルシウムなどを強化した強化米にしても、人工的につくつた薬品にすぎず、いのちのある自然の成分とはまったく違うのです。まして玄米には、まだまだ究明できない未知成分がたくさん含まれているのです。ここに自然の食物の尊さと偉大さがあります。

こうした効能からもわかるように、現代生活の中で失われた力をとりもどし、弱った細胞を強め、血液の浄化を促すためにも、玄米が大切なのです。玄米を食べて健康を回復したという実例が多いのは、失われた成分を回復したからであって、ごく当たり前なことなのです。

特に体調がよくないときには玄米で回復させるといいでしょう。玄米、納豆などの伝統食で放射性物質を排出すると体温もアップすることがわかっています。