解毒食材」カテゴリーアーカイブ

腸内環境 整える 玄米

腸内環境 整える 玄米 の紹介です。玄米は体調を崩した時にリセット用の解毒食材にとっても役立ちます。さらに、玄米は、腸の免疫力を高め、体を内側から元気にする働きがあります。

玄米 は、植物学的視点からは稲の果実である籾(もみ)から籾殻(もみがら)を除去した状態です。食品としては精白されていない状態の米ということになります。

体調を崩したときには 腸内環境 整える 玄米

腸を元気にする穀物 玄米

腸を元気にする穀物 玄米

玄米の解毒パワーで「便秘をしなくなった」「体調をこわしくにくくなった」「なんとなく元気がでる」などの玄米を絶賛する人の多さに驚きます。

これは玄米の毒素パワーによるものと考えられてます。食物繊維の一種「フィチン酸」は腸内で水銀などの有害金属を捕まえて、便と一緒に排出します。栄養面から見ても白米とは比べ物にならないほどです。

腸内環境 整える 玄米 栄養素

玄米はビタミンB群やミネラルがたっぷり含まれ、白米のように精白すればするほどこの栄養素は失われていきます。

玄米の胚芽や糠(ぬか)には、たいへんすぐれた栄養素が多く、白米と比べて特にビタミンB群(B1B2 B6 ニコチン酸 パテントン酸 イノシトール コリン 葉酸等)が含まれています。 ビタミンB群は、エネルギーをつくり出す代謝を助ける働きがあるため、人間の身体には必要不可欠な栄養素です。

玄米は、腸の免疫力を高め、体を内側から元気にする働きがあります。玄米は腸内の悪玉菌を減らし、ビフィズス菌などの善玉菌が増えることも確認されています。

現代人の場合、白米に慣れてしまって主食として定着してしまっているので、玄米そのものを主食にすることが難しくなっています。
もちろん、玄米を主食にできる人は良好な体調を維持できます。

玄米を主食にすることとが難しい人は、たとえば、体調を崩した、ストレスでドカ食いしてしまった、などの後に体調をリセットするために 3 食玄米食にすると体調がいちはやく戻るでしょう。

体調が悪いわけではないけれど、「最近野菜を摂れてないな」「ちょっと食べ過ぎてるな」「食事が偏っているかも」と感じたら・・自分の食生活を見直してみませんか。そんな時におすすめしたいのが、「一汁一菜」の食事。粗食で必要な分だけの栄養素をとることで、偏った食生活をリセットすることができます。

食べすぎ・栄養の偏りに対して、「ご飯・汁物・菜(漬物など)」という一汁一菜の献立は、食生活をリセットするのにとても効果的。

最低限の栄養素を補い、必要なエネルギーだけを摂るという、粗食による健康的な食生活と向き合うことができるでしょう。

現代人は食べ過ぎ傾向にありますから1日~2~3食を玄米食にするだけでも効果大です。
また、玄米と一緒にほうれん草などのミネラルが豊富な野菜も一緒に摂取するとさらに効果的です。

また、玄米の効果をさらにアップさせるためには、よく噛んで食べることです。白米よりもずっとたくさん噛むことを意識したほうがいいでしょう。通常、30回噛んで食べるところを玄米の場合、50回以上噛んでから食べるようにするとさらに効果が高まります。

玄米がおいしく炊けない?

おいしく炊くには、 3 合炊く際には、白米の場合よりも 80 ~ 90 ml 水を多く入れ、さらに炊く前にみりんとお酒を大さじ1杯ずつ、そしてひとつまみの塩を加えます。普段使っている炊飯器でもおいしく炊きあがります。今の炊飯器は玄米モードを搭載しているものもあります。

「玄米」は白米に比べてしっかりと浸水させることが必要です。水分を中まで吸収させることで、炊きあがると白米の外側の皮が破れふっくらと炊き上がります。

忙しい人などは、すぐ食べられる 玄米のレトルトパックの活用もおすすめです。玄米の炊き方を覚えている時間がないような人にはレトルトパックがおすすめです。玄米でリセットしたいときは、このレトルトパックの玄米ごはんにみそ汁だけつくれば玄米リセット食です。

玄米リセットは、玄米でしっかり便を出さないと意味がありません。どうしても便秘をしてしまう人は イサゴール などを使うと効果的です。自然なお通じができます。

安心玄米ごはん

●残留農薬検査済みの、福井県産コシヒカリ玄米ごはんです。
●炊きたての玄米のおいしさを保つため一つ一つ手作業でパックに密封し、レトルト処理を行なっています。
●容器ごと蒸して、加圧・加熱処理していますので、レトルト特有のにおいも少ないです。

●玄米にこだわり続ける当社が、もっと手軽に、もっちり、
ふっくらした玄米を多くの方に食べていただきたい!
●そんな気持ちを込めてレトルトタイプに仕上げた「安心玄米ごはん」。
●圧力釜を使い、じっくり丁寧に直火で炊き上げた自慢の一品を、ぜひご家庭でお楽しみください。

【活用術】
職場のランチ用にストック
出張や小旅行、入院時に持参
非常袋に保管
白米に少しだけ玄米を混ぜたい時に使う
一人暮らしの家族の支援物資に
などに

高齢者の便秘 にも玄米がおすすめです。

解毒食材

肝臓機能を高め、自律神経の安定化にも有効な玄米

肝臓機能を高め、自律神経の安定化にも有効な玄米 玄米は日本人の主食として重要な食品のひとつでした。日本民族は原始時代から玄米を食べてきました。それは日本の風土に米が適していたからです。

日本の風土は大陸と追って湿度が高い。こうした風土に生活する人間は、毛穴が湿気でふさがるために、新陳代謝を低下させ解毒作用をさまたげやすくなります。このような欠点を湿度に強い玄米が補って、体の生理作用を助けてくれるのです。

肝臓機能を高め、自律神経の安定化にも有効な玄米

肝臓機能を高め、自律神経の安定化にも有効な玄米

これは自然のしくみにのっとった天の恵みですが、現代は、天から与えられた米の本質を発払博することのない白米にして食べています。

半病人が多くなったのは、玄米を精白した寒白い米を食べているからと言っても過言ではないと思います。玄米の中にはイノシトールやフィチン酸という成分があります。
イノシトールは肝臓を強めて老廃物を体の外に排泄する大切な役目をしてくれます。また、フィチン酸は、ストロンチウムと結合して老廃物を体の外に出す性質があります。
このストロンチウムというのは放射能の中に含まれる成分で、原子爆弾の死の灰の物質なのです。

フィチン酸には、ストロンチウムだけでなく、公害物質なども流す働きが強く、とくに梅干しとともに食べると、梅干しのクエン酸やアミグダリンという特殊成分の働きも加わって、公害物質を体の中に残さないで排泄する働きが強化されるのです。

また、ガンマーオリザノールという成分も含まれていますが、これは神経の働きを強め、ことに自律神経の調整には非常に大切な成分です。
これによって自律神経がよく働きますから、内臓の働きも強められ、新陳代謝も盛んになります。

ところが、白米にしてしまうと、これらの大切な成分は失われます。たとえビタミンB1・カルシウムなどを強化した強化米にしても、人工的につくつた薬品にすぎず、いのちのある自然の成分とはまったく違うのです。まして玄米には、まだまだ究明できない未知成分がたくさん含まれているのです。ここに自然の食物の尊さと偉大さがあります。

こうした効能からもわかるように、現代生活の中で失われた力をとりもどし、弱った細胞を強め、血液の浄化を促すためにも、玄米が大切なのです。玄米を食べて健康を回復したという実例が多いのは、失われた成分を回復したからであって、ごく当たり前なことなのです。

特に体調がよくないときには玄米で回復させるといいでしょう。玄米、納豆などの伝統食で放射性物質を排出すると体温もアップすることがわかっています。

加熱調理 オリーブオイル油 種類を選ぶ際に迷わないために

加熱調理 オリーブオイル油 種類を選ぶ際に迷わないために オリーブオイル5 選 を紹介します。
健康志向が高まり、日本人にも オリーブオイル のすばらしさがだいぶ浸透していると思います。しかし、オリーブオイルを加熱したいいのかといった疑問の声が多数聞こえてきます。

オリーブオイル 加熱調理 していいの? という疑問

加熱調理時 オリーブオイル油

加熱調理時 オリーブオイル油

多くの方が オリーブオイルを加熱した際に

  • 健康を損ねる成分等が出てくるのではないか
  • オリーブオイルの価値を下げてしまうのではないか

という疑問をもたらているようですが、そういった疑問を解決するための情報です。

加熱調理に最も適している油はオリーブ油です。高価なので多量に油を必要とする揚げものには使えませんが、妙めものなど少量ですむ調理にはこれを是非使うといいでしょう。

エキストラヴァージンオリーブオイル ベスト5 ランキング

オリーブ油が加熱調理によいのはすべての油のなかで単不飽和脂肪を最も高率にふくんでいるからです。他の植物油が多くふくんでいる多不飽和脂肪に比べると単不飽和脂肪は熱に対して安定しており、酸化もしにくいのが特徴です。
だから酸化した脂肪をあまりとりこまなくてすむのです。

バージンオリーブオイルで揚げると健康的な化合物が追加される、と研究者は発見

スペインにある科学研究高等評議会(CSIC)の脂肪研究所とは別の研究で、以前は次のことがわかっていました。 オリーブ搾りかす油で揚げた食べ物 その健康的な化合物のいくつかも吸収しました。

それに オリーブ油 は、ギリシャやスペインで何世紀にもわたって多量に消費されてきていて、この2つの国では癌や循環系の障害が少ないことが確認されています。

研究者の調査結果は、いくつかの仮説を確認しました 健康的な生物活性化合物 バージンオリーブオイルは、オイルの加熱による劣化によって失われます。 それでも、揚げ物の状態に抵抗し、揚げ物に移されるものもあります。

私たちの研究は、揚げる際にバージンオリーブオイルの代謝プロファイルに生じる変化に焦点を当てました」と研究者たちは書いています。 ,war私たちの結果は、これらの化合物のいくつかが、フライドポテトの190回の揚げるサイクルで30°Cの熱に耐えることを示しました…バージンオリーブオイルからの生物活性化合物でフライを強化します。」

科学者によると、この研究は、そのような揚げ物技術とバージンオリーブオイルがフライドポテトの栄養プロファイルを大幅に向上させる可能性があることを示しています。

バージンオリーブオイルは栄養価の高いオイルです」と研究者たちは書いています。 ,warオレイン酸と生物活性化合物の供給源であり、揚げ物に一般的に使用される精製された食用植物油を使用することによって食品に存在したり移動したりすることはないため、調製に付加価値をもたらします。」

したがって、私たちが揚げる油の選択肢の中で、オリーブ油はその魅力的な栄養プロファイルのためにおそらく最も興味深いものの-つであると言えます」と彼らは付け加えました。

研究者たちは、家庭での食品加工を模倣した条件で試験を実施しました。この条件では、調理は小規模で行われ、揚げオリーブオイルの過度の再利用はありません。

ギリシャ・ローマ時代からの天然便秘薬「オリーブオイル」

つまり オリーブ油 にはあまり害のないことが証明されているわけです。脂肪を構成している脂肪酸は、炭素と水素の原子が手を結び合って長くつながった構造をしているのですが、そのなかで炭素原子同士が4本の手のうちの2本の手を互いに出し合って二重に結び合っているものがあります。

2本の手のうち一本は水素原子をつかんでもよいのですが、つかまずに炭素同士でつかみあっているのです。

そういう個所が1ヶ所あるものを単不飽和脂肪酸といい、2ヶ所以上あるものを多不飽和脂肪酸といっています。

そして、そういう個所がまったくないものが動物性食品に多くふくまれている飽和脂肪酸です。バター、ラード、牛脂などは飽和脂肪酸を高率にふくんでいて、加熱に対してはこれが最も安定しているのですが、飽和脂肪のとりすぎは有害で、健康上の大きなマイナスになります。

飽和脂肪酸と単不飽和虚肪酸はただカロリーをもたらすだけで必須栄養素ではないのに対して、多不飽和脂肪酸は必須栄養素です。だから適量を食事でとる必要があります。

多不飽和脂肪酸は、加熱に対しては最も安定を欠いているし、すぐに酸化してやはり有害な過酸化脂質を生み出します。酸化したものをとるのは望ましくないので、できるだけ加熱調理には使いたくないということになります。

そこで加熱調理に最も適した油は、単不飽和脂肪酸を最も高率にふくんだ オリーブ油 ということになります。 オリーブ油 についで単不飽和脂肪を高率にふくんでいるのは 菜種油 です。

オリーブオイル は身体によい脂肪酸で組成され、なかでも一番多く含まれているのが、オレイン酸。悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを維持する賢い働きをしてくれる。このオレイン酸は熱にも強いため、揚げ物や炒め物でも健康効果を維持でます。

アメリカでは西洋種の菜種からとった油を キャノーラ・オイル と呼んでいるのですが、オリーブ油よりも安いところが利点です。

キャノーラ油 は サラダ油 です。精製の度合いを高めた良質の食用油のことを 「 サラダ油 」 といいます。

では必須栄養素として、サラダなどに加熱しないで使う油は何がいいのでしょうか?推奨されているのは亜麻仁油とシソ油です。多不飽和脂肪酸は3番目の炭素原子の個所で最初の二重結合のあるものをオメガ3と呼び、6番目の炭素原子の個所で最初の二重結合があるものをオメガ6と呼んで二大別されています(単不飽和脂肪酸はオメガ9)。

魚に多くふくまれているEPAはオメガ3で、植物油に多いリノール酸は オメガ6 ですが、この オメガ3 と オメガ6 の比率が健康上の重要なポイントだということがわかってきました。

オメガ6 よりもオメガ3 を多くとることが望ましいのですが、 亜麻仁油 と シソ油 はオメガ3 を最も高率にふくんだ植物油なのです。
油を味方にする、現代人は オメガ9 系を積極的に摂ることで効率よく健康的に痩せる オメガ3 6 9 について

解毒食材