解毒食材」カテゴリーアーカイブ

加熱調理の際にはオリーブオイルを使う

皆さんは、普段の食事でオリーブオイルを摂っているでしょうか?
健康志向が高まり、日本人にもオリーブオイルのすばらしさがだいぶ浸透していると思います。

加熱調理に最も適している油はオリーブ油です。高価なので多量に油を必要とする揚げものには使えませんが、妙めものなど少量ですむ調理にはこれを是非使うといいでしょう。

オリーブ油が加熱調理によいのはすべての油のなかで単不飽和脂肪を最も高率にふくんでいるからです。他の植物油が多くふくんでいる多不飽和脂肪に比べると単不飽和脂肪は熱に対して安定しており、酸化もしにくいのが特徴です。
だから酸化した脂肪をあまりとりこまなくてすむのです。

それにオリーブ油は、ギリシャやスペインで何世紀にもわたって多量に消費されてきていて、この2つの国では癌や循環系の障害が少ないことが確認されています。
ギリシャ・ローマ時代からの天然便秘薬「オリーブオイル」

つまりオリーブ油にはあまり害のないことが証明されているわけです。脂肪を構成している脂肪酸は、炭素と水素の原子が手を結び合って長くつながった構造をしているのですが、そのなかで炭素原子同士が4本の手のうちの2本の手を互いに出し合って二重に結び合っているものがあります。2本の手のうち一本は水素原子をつかんでもよいのですが、つかまずに炭素同士でつかみあっているのです。

そういう個所が1ヶ所あるものを単不飽和脂肪酸といい、2ヶ所以上あるものを多不飽和脂肪酸といっています。

そして、そういう個所がまったくないものが動物性食品に多くふくまれている飽和脂肪酸です。バター、ラード、牛脂などは飽和脂肪酸を高率にふくんでいて、加熱に対してはこれが最も安定しているのですが、飽和脂肪のとりすぎは有害で、健康上の大きなマイナスになります。

飽和脂肪酸と単不飽和虚肪酸はただカロリーをもたらすだけで必須栄養素ではないのに対して、多不飽和脂肪酸は必須栄養素です。だから適量を食事でとる必要があります。

多不飽和脂肪酸は、加熱に対しては最も安定を欠いているし、すぐに酸化してやはり有害な過酸化脂質を生み出します。酸化したものをとるのは望ましくないので、できるだけ加熱調理には使いたくないということになります。

そこで加熱調理に最も適した油は、単不飽和脂肪酸を最も高率にふくんだオリーブ油ということになります。オリーブ油についで単不飽和脂肪を高率にふくんでいるのは菜種油です。

アメリカでは西洋種の菜種からとった油をキャノーラ・オイルと呼んでいるのですが、オリーブ油よりも安いところが利点です。

では必須栄養素として、サラダなどに加熱しないで使う油は何がいいのでしょうか?推奨されているのは亜麻仁油とシソ油です。多不飽和脂肪酸は3番目の炭素原子の個所で最初の二重結合のあるものをオメガ3と呼び、6番目の炭素原子の個所で最初の二重結合があるものをオメガ6と呼んで二大別されています(単不飽和脂肪酸はオメガ9)。

魚に多くふくまれているEPAはオメガ3で、植物油に多いリノール酸はオメガ6 ですが、このオメガ3とオメガ6 の比率が健康上の重要なポイントだということがわかってきました。

オメガ6 よりもオメガ3 を多くとることが望ましいのですが、亜麻仁油とシソ油はオメガ3 を最も高率にふくんだ植物油なのです。
油を味方にする、現代人はオメガ9 系を積極的に摂ることで効率よく健康的に痩せる オメガ3、6、9について

手作りキムチで便秘解消に役立てる

植物性乳酸菌というと、ぬか漬けや、味噌、醤油、それからキムチなどがありますが、みそ汁を食べて、玄米ご飯を食べると大抵翌朝は、快便です。さらにぬか漬けなども効果があるように思いますが、腸内環境を整えるには継続しないと効果が半減してしまいます。

そこで、キムチを手作りしてみようと思い、レシピを調べてみたのでここで紹介します。ぬか漬けなども善玉菌優位の腸内環境を作るには、最高ですが、どうも味が「地味」で飽きてしまうのでキムチづくりをしたいと思います。

まずキムチのうんちくを少し。キムチには白菜のペチユキムチや、大根のカクテキ、きゅうりのオイキムチなどがあり生すが、韓国では、他にもさまざまな野菜をキムチにしています。
手軽に作れる即席キムチで、変わりキムチを作ってみたいと思います。ビタミンCが多く、健胃作用のあるキャベツ、たんば質 や食物繊嫌が多い大豆もやし、βカロテンやビタミンC、秩、カルシウムが豊富な小松菜などで作れば、栄養も万全です。余り野菜の利用にもなり、食卓のバリエーションが広がります。辛味成分は、基本的に腸にも有効なので便秘解消効果もかなり期待できそうです。とにかく食物繊維が豊富に摂取できるのは、うれしい限りです。

即席のキムチだれをつくる

材料は、次の通りです。

  • ねぎのみじん切り…おおさじ2
  • いかの塩辛…おおさじ2
  • 韓国産粉唐辛子(細びき)…おおさじ1~2
  • しょうが/にんにくのすりおろし…各大さじ1
  • 塩…小さじ1
  • ごま油…おおさじ2

韓国産の粉唐辛子というのは、韓国産の赤唐辛子を細かくひいたもの。粗くひいたものもありますもー味に使われる日本産の赤唐辛子よりも辛みが少なく、かすかな甘みもあり、キムチを滋味深い味わいにします。
粉唐辛子はこちらからどうぞ。

野菜を漬ける

即席キャベツキムチ

キャベツ200gを準備し、小さく切って塩小さじ1をふってもみ、約20分おいて洗い、水けをきる。上の即席キムチだれ3分の1程度をなじませ40~50分程度付ける。冷蔵で3~4日保存可能。

即席もやしキムチ

大豆もやし2200gを準備し、もやしに塩小さじ1をふってもみ、約10分おいて洗い、水けをきる。上の即席キムチだれ3分の1程度をなじませ20~30分程度付ける。冷蔵で3~4日保存可能。

即席小松菜キムチ

小松菜150gを準備し、小松菜は根元を切り、幅3cmに切って塩小さじ1 をふってもみ、約20分おいて洗い、水けをきる。上の即席キムチだれ3分の1程度をなじませ40~50分程度付ける。冷蔵で3~4日保存可能。

キムチをおいしく食べるには

そのままでは辛すぎて、という場合は、キムチを何かに混ぜたり、のせたり、料理に入れたりすると、辛さがやわらぎ、食べやすくなります。ただし乳酸菌は熟に弱いので、加熱しない食べ方のはうがよく、加熱調理に使う際にはなるべく最後に加えて、さっと火を通すようにします。

にんにくの臭いが気になる場合は?

にんにくのにおいのもとであるアリシンは、たんばく質と結びつきやすく、カルシウムなどのミネラルで中和されます。キムチを食べたあとに、たんばく質やミネラルが豊富な牛乳などを飲めば、におい消しに有効です。一気に飲まず、かむようにしてゆっくり飲むのがコツです。ヨーグルトを食べるのも同様に効果があります。また、消臭効果のある緑茶や紅茶、コーヒー、ウ一口ン茶などを飲むのもよく、紅茶やコーヒーには牛乳を加えるとより効果的。はかにミント系のガムをかんだり、口臭予防剤を利用するという方法もあります。日本人は、にんにくにもビタミンB群が豊富に含まれるのでキムチはまさに健康食です。

酸っぱくなっても大丈夫?

キムチは作ってから時間がたつほど、乳酸菌が増えて酸味が生まれます。そして乳酸菌の量がピークに達したあとに出てくるのが酢酸菌。これは酢をつくる菌で、酢酸菌が優位になるとかなり酸っぱくなってしまいます。そうしたキムチも加熱調理に使えば、酸っぱさが気にならず、おいしく食べられます。キムチチャーハン、キムチスープなどがおすすめです。

肝臓を元気に(たんぽぽ&チコリのコーヒー)

肝臓を元気にして解毒パワーをアップさせる

たんぽぽやチコリの根を乾燥、焙煎した欧州のハーブコーヒーには、尿を増やしたり、便秘を改善する働きがあります。また、体内解毒の要となる肝臓も元気にしてくれます。コーヒーブレークで解毒ができるたんぽぽ、チコリに注目が集まっています。

たんぽぽは、西洋の植物療法では、利尿のほか、肝臓からの胆汁分泌を活発にする生薬として使います。また、軽い便秘改善効果もあります。
便秘解消のサイトでもたんぽぽコーヒーを紹介しています。

たんぽぽコーヒーの解毒パワー

  1. 胆汁の分泌を高めて解毒をスムーズに
  2. 水分の排出を増やしてむくみがすっきり

化学物質や重金属などの毒素は主に肝臓で代謝され尿や便とともに体外へ排出されます。肝臓を元気にし、尿や便の出をよくするたんぽぽには、この解毒ステップをよりパワーアップする効果が期待できます。

インスタントコーヒーの肝臓効果 食材の常識

同様にヨーロッパで飲まれているチコリの根を乾燥・焙煎したチコリコーヒーにも同じような働きがあります。人間の肝細胞にチコリの根の抽出エキスを加えたところ、肝臓を活性化させることに成功しています。チコリの根には、水溶性の食物繊維のイヌリンが豊富です。根を乾燥、焙煎させる過程でイヌリンははイヌスロオリゴ糖という物質に変化していおり、腸内細菌を増やして便通をよくする効果があるのです。

どちらのコーヒーも1日に2~3杯飲むと効果が期待できます。

チリコーヒーの解毒パワー

  1. 肝臓を元気にして解毒パワーをアップ
  2. オリゴ糖パワーでおなかすっきり




たんぽぽコーヒーなら妊婦さんにも安心です。

解毒成分の宝庫(アジアンハーブ)

アジアのハーブは解毒成分の宝庫

キムチやナムルでたっぷり野菜がとれるヘルシーな韓国料理。タイヤベトナムでたっぷり使う独特の野菜やハーブには解毒効果成分が豊富に含まれます。ピリッと辛味を効かせれば、代謝がアップしてダイエット効果にもなります。

有害金属や老廃物を排出するには、ネギ類や緑の野菜など解毒食材をたっぷり使うと効果的です。

たまねぎ 毒素を捕まえるケルセチン、排出させるセレニウム、解毒力を高める硫黄化合物の3成分を含む、解毒野菜のキング。
コリアンダー
(パクチー)
アジアでは、古くから解毒・殺菌目的で食べられている定番の解毒食材。有効成分は特に解明されていないが、水銀やヒ素といった排出に役立つ。
にんにく 新陳代謝を活発にし、食べた物を完全燃焼させるスコルジニンを含む。体が温まり、ダイエット効果も。
緑の野菜 毒素をくっつけて出す。解毒力を高めるのがにら、香り成分が解毒効果をもつのがしそ。緑色のクロロフィルは解毒にはかかせない成分。

タイやベトナムなどのアジア料理が女性達の間に人気。ちょっとしたブームを巻き起こしています。アジア食がヘルシーなのは、野菜がたっぷりでハーブやスパイスを効かせているためです。沖縄の野菜で健康効果が高いゴーヤや青パパイヤやフーチバー(ヨモギ)などは、タイやベトナムでもお馴染みの解毒食材です。

熱帯産の野菜や果物には、強い抗酸化作用で発ガン抑制効果を発揮するものが多く注目されています。

解毒という考え方は、アジアの食文化の中では、常識です。高温多湿な気候の中で、昔から食中毒を防ぐ目的で殺菌作用が強い野菜を一緒に食べてきました。
韓国などで、肉や刺身をサンチュ、エゴマの葉、にんにくといった野菜と一緒に食べるのも解毒や殺菌を目的にしていました。

最近では、これらの野菜が確かに解毒成分を持つことが確認されました。緑の野菜に多いクロロフィルやたまねぎなどの野菜に含まれるケルセチン、にんにくやにらに多い硫黄化合物、食物繊維などの成分です。
これらの食材はできるだけ食事の早めの段階で食べることが大切です。

毒出しに効果抜群(みそ汁)

日本の伝統食は解毒効果抜群

最近は、若い人からお年寄りまで朝は、パン食という人が非常に増えました。ご飯食のほうが調理に手間がかかるせいかパン食のほうが人気があります。パン、サラダ、スクランブルエッグ、コーヒーが朝食の定番でしょうか?

ご飯食が毒出しにいい点をあげると、やはり「みそ汁」にあります。みその効用や健康パワーは現代科学で明らかにされています。
みそ汁のパワーの源は、その解毒作用にあることがわかっています。
みそは、大豆を発酵、熟成させることで強力な抗酸化作用をもつメライジンが含まれます。
疲れ、痛み、アレルギーなどの不調を引き起こす原因をメライジンが防ぎます。

発酵によるみその抗酸化パワー

  • みその色が酸化物の害を防ぐ
  • みそは肝臓の解毒パワーをあげる

みそ汁の解毒パワーをあげるには?

みそ汁の解毒パワーの源は「色」です。濃い色のみそほど強力な抗酸化力をもつメライノジンの量が豊富に含まれます。
色と大豆使用量のふたつの条件を満たすみそは「まめ味噌」です。ところが、豆味噌だけを使うと、塩気や苦みといったクセが目立ってしまうため、仙台味噌、信州味噌といった米味噌などを合わせるとおいしくなります。

味噌の豆知識

保存方法は?

プレスチック容器などに移し、ラップで表面をしっかり覆い、ふたをして冷蔵庫で保存。

みその上手な合わせ方

特徴が対象なものを2種類以上混ぜます。甘口と辛口、赤と白など、対照的なもの同士を合わせるといいでしょう。

みそ汁に使う最適な味噌の量

塩分濃度が1%程度になるとおいしく仕上がります。

旨味のあるみそ汁の具は?

  • にんじん
  • 大根
  • 油揚げ
  • 白菜
  • わかめ
  • きゃべつ
  • 豆腐
  • ごぼう

香りがいいみそ汁の具は?

  • 小松菜
  • にら
  • 長ネギ
  • 春菊
  • みつば
  • 万能ネギ

味噌の驚くべき著効はこちら。味噌汁の塩分を気にされている方はこちらでスッキリするかもしれません。

腸を元気にする穀物(玄米)

体調を崩したときには玄米

玄米の解毒パワーで「便秘をしなくなった」「体調をこわしくにくくなった」「なんとなく元気がでる」などの玄米を絶賛する人の多さに驚きます。

これは玄米の毒素パワーによるものと考えられてます。食物繊維の一種「フィチン酸」は腸内で水銀などの有害金属を捕まえて、便と一緒に排出します。栄養面から見ても白米とは比べ物にならないほどです。玄米はビタミンB群やミネラルがたっぷり含まれ、白米のように精白すればするほどこの栄養素は失われていきます。

玄米は、腸の免疫力を高め、体を内側から元気にする働きがあります。玄米は腸内の悪玉菌を減らし、ビフィズス菌などの善玉菌が増えることも確認されています。

現代人の場合、白米に慣れてしまって主食として定着してしまっているので、玄米そのものを主食にすることが難しくなっています。
もちろん、玄米を主食にできる人は良好な体調を維持できます。

玄米を主食にすることとが難しい人は、たとえば、体調を崩した、ストレスでドカ食いしてしまった、などの後に体調をリセットするために3食玄米食にすると体調が戻るでしょう。
また、玄米と一緒にほうれん草などのミネラルが豊富な野菜も一緒に摂取するとさらに効果的です。

また、玄米の効果をさらにアップさせるためには、よく噛んで食べることです。白米よりもずっとたくさん噛むことを意識したほうがいいでしょう。

玄米がおいしく炊けない?

おいしく炊くには、3合炊く際には、白米の場合よりも80~90ml水を多く入れ、さらに炊く前にみりんとお酒を大さじ1杯ずつ、そしてひとつまみの塩を加えます。普段使っている炊飯器でもおいしく炊きあがります。

忙しい人などは、すぐ食べられる玄米のレトルトパックの活用もおすすめです。

解毒に効果的な成分たっぷり(アボガド)

肝機能を高める成分と豊富な繊維で毒素をどんどん排出

アボガドは、クリーミーですごくおいしい。でもちょっと気になるカロリー。そんなイメージです。
ところが、解毒に効く成分を豊富に含んでおり、便や尿などと一緒に毒素をどんどん排出してくれます。腹持ちもよく、ダイエットでは定番の食材です。

注目すべき解毒成分は、非常に強力な抗酸化力をもつグルタチオンです。グルタチオンという成分は、肝臓が毒素を解毒する際に発生する酸化物の害を抑制する働きがあります。

さらに、グルタチオンは、肝臓や血液中で重金属を捕まえて排出します。また、アボガドには、尿量を増やすカリウムと、便量を増やす食物繊維が豊富です。便や尿と一緒に排出されると同時に、むくみや便秘も同時に解消されます。結果、高いダイエット効果を発揮します。

解毒とダイエットの両方に効果を発揮するためには、食事をする前の空腹時に食べるのが効果的です。解毒成分の吸収力がアップし、食物繊維と脂肪分で満腹感が高まります。

アボガドの脂肪分はたしかに多めですが、オリーブ油並の健康パワーをもっており、さらにその健康に効果を発揮する内容が質の高いものなので、安心して摂取していいでしょう。
アボガドのおよそ70%は、オレイン酸などの不飽和脂肪酸なので体内で抗酸化パワーを発揮します。

アボガドの4つの解毒効果

〔その1〕グルタチオンで肝臓の解毒力を高める

グルタチオンは、解毒器官である肝臓で解毒が行われる際、発生する酸化物の害を防いで、肝機能を向上させるペプチド(アミノ酸の結合)の一種です。水銀などの重金属を捕まえて体外に排出する働きもあります。

〔その2〕オレイン酸がコレステロールを抑制

アボガドの脂肪分にはオレイン酸がたっぷりで、アレルギーや炎症の原因となるリノール酸が少ないというメリットがあります。脂肪の成分としては、オリーブ油と成分が酷似しています。
朝、スプーン1杯で快便に解毒効果アップ(オリーブオイル)

〔その3〕便秘を解消する食物繊維が豊富

アボガドは、食物繊維の含有量が果実の中でもトップレベルです。便秘の改善効果が期待できます。毒素の70%以上は便からの排出ということを考えれば、便秘の改善イコール毒素の排出、ということになります。食物繊維が豊富な食材として有名なのは、ドライフルーツです。

〔その4〕カリウムが水分代謝をアップさせる

利尿作用によって毒素の排出をスピーディーにするカリウムがたっぷり。尿の排出をアップさせることでむくみを解消します。

アボガドの食べ頃はいつ?

皮全体が黒く、手のひらで持ったときにやや弾力が感じられるものが食べ頃です。熟成がすすむとヘタの部分も緑から黒に変色します。
夏に出荷されるものは、脂肪分が若干少なくさっぱりとした味です。女性で脂肪分がどうしても気になる人は夏のアボガドがオススメです。
ヘタが黒いことも食べ頃のサインですが、黒く乾燥してぽろりと取れそうなのもサインです。
逆にへたが緑色をしていて皮にしっかりとくっついていたら未熟です。

最強の解毒食材(たまねぎ)

特に解毒力が強い「たまねぎ」と「ねぎ」

解毒の過程で毒素を「捕まえる」「運ぶ」「排出する」「肝臓を元気にする」という全部のステップに効果を発揮するのがたまねぎとねぎです。
体に備わっている解毒システムを向上させてくれます。

たまねぎ独特のにおいのもとである、硫化硫黄化合物が解毒パワーの源です。これを余すことなく逃がさないようにするためには調理が大きなポイントになります。

この硫黄化合物は、にらやにんにくといったにおいの強い野菜全般に多く含まれます。たまねぎのすばらしい点は

  1. 調理、食べ方のバリエーションが豊富
  2. 安価で年中買える
  3. 日持ちする
  4. 食べた後ににおいが残りにくい

などです。

生で食べると、程良い辛味があり、煮たり、炒めると独特の甘みがでておいしいのが特徴です。ここで解毒効果を高める調理方法をご紹介します。疲れがたまったり、朝起きるのがつらい、肩こりがひどい、手足が冷えるなどの症状がある場合は、この調理方法を試すといいでしょう。

たまねぎ、ねぎの解毒効果をアップさせる調理法

その1
輪切りにする
切ると細胞に含まれる硫黄化合物と酵素が反応し、解毒力の強いスルフィド類ができる。酵素の効きをよくするには、繊維に逆らう方向に切る。つまり、輪切りがおすすめ。たまねぎは、いったん縦半分に切って切り口を下にし、半円状に切ると切りやすい。
その2
15分~30分置く
しばらく室温に放置すると、どんどん酵素反応が進む。たまねぎであれば15分~30分、ねぎであれば5~6分でスルフィド類の量はピークに達する。揮発性成分なので長く置き過ぎてもよくない。
その3
2~3分油炒め
揮発成分であるスルフィド類は、油で封じ込めることができる。中火で2~3分、油炒めにするといい。加熱でカサが減らせるのでたっぷり食べることができる。

サラダなどにたまねぎを使う場合に水にさらしてから使うケースがありますが、これは、せっかくの解毒パワーがおちるのでやらないように、もしやるなら短時間にしましょう。
たまねぎ | 効果アップの食材食べ合わせ

たまねぎとねぎの4大パワー

〔その1〕有害物質を捕まえる

たまねぎに含まれるケルセチン、たまねぎとねぎの両方に含まれるセレンが毒素とくっついて、これらが代謝酵素に結合しようとするのを防ぎます。

〔その2〕肝臓の解毒酵素を元気に

たまねぎやねぎ特有のにおいのもとであるスルフィド類が、解毒の要となる肝臓の解毒酵素を活性化します。ケルセチン、セレン、グルタチオンは抗酸化力が強く、活性酸素の害を抑制したうえで肝臓を元気にします。

〔その3〕毒素を絡め取って便で排出

たまねぎやねぎの水溶性食物繊維が毒素を絡め取ります。便通をよくして腸内に毒素が滞留するのを防ぎます。また、ねぎの緑色部分には豊富なクロロフィルが含まれダイオキシンを排出します。

〔その4〕血流をよくする

たまねぎやねぎの抗酸化成分が血液をさらさらにし、血流をよくします。

たまねぎ、ねぎの解毒成分

  • グルタチオン…含硫アミノ酸を含むペプチドの一種で抗酸化作用がある。
  • クロロフィル…ねぎの緑の部分に含まれる色素成分でダイオキシンを体外に排出。
  • ケルセチン…たまねぎに多いポリフェノール類で抗酸化力が強い。
  • 食物繊維…腸内で毒素をからめとり、排出する。
  • スルフィド類…たまねぎとねぎのにおい成分。肝臓の解毒に役立つ。
  • セレン…抗酸化力が強いミネラル。水銀と結合して排出。

最後に体にいいたまねぎの選び方の情報は玉ねぎの選び方、調理法 |農薬の害をより少なくを参照ください。