解毒の必要性」カテゴリーアーカイブ

ほとんどの毒素は便や尿から体外に排出される

解毒システムとして働く場合 ほとんどの毒素は便や尿から体外に排出される ことで体外に排出されます。毒素は髪、つめ、汗、便、尿から排出されます。
人間の体は、取り込んだ毒素を便、尿、汗などと一緒に体外へ排出する「 解毒 = デトックス  」の仕組みが備わっています。しかしこの機能が衰えると毒素が蓄積してしまいます。

ほとんどの毒素は便や尿から体外に排出される

ほとんどの毒素は便や尿から体外に排出される

ほとんどの毒素は便や尿から体外に排出される

髪(毒素排出率1%)

およそ3ヶ月前の体内のミネラルバランスが反映されるといわれる髪の毛。体内の毒素「有害金属」がゆっくりと排出されます。

爪 ( 毒素輩出率 1 % )

髪同様に毒素がゆっくりと出てきます。解毒がうまくいくと、髪や爪に出てくる毒素の量は一時的に増えます。

便 ( 毒素輩出率 75 % )

毒素が口に入っても、胃腸のバリアが強ければ吸収されずに出ていきます。便秘気味、または便秘の人は、毒素が長くとどまってしまうので吸収されやすくなってしまいます。

汗 ( 毒素輩出率 3 % )

にんにくを食べた翌日は、汗が臭いですが、それは、におい成分が汗にでてくるためです。同様に毒素も汗と一緒に排出されます。

尿 ( 毒素輩出率 20 % )

体内に侵入した毒素を腎臓でふるい分けて捨てる、というとても大事なルート。水分を充分とることは解毒力をアップさせる基本です。 起床したらまずは水を飲む習慣 をつけてしまうといいですね。

こうしてみても老廃物は、ほとんどが便から排泄されることがわかります。便秘をしてしまうという体質は、老廃物を体にため込んでしまっていることと同じなのです。

2 ~ 3 日で出ればいいのですが、それ以上になってしまうことが多い人は、便秘解消のために生活習慣を変えたり、食事を注意することがとても大切です。

睡眠時間が短い、ダイエットをしている…いろんな要因があるかもしれませんが、2日でなかったら植物性の イサゴール などを使って便を出すようにしたほうがいいでしょう。

解毒食材は摂るのが難しい方は、青汁などを飲むようにするといいでしょう。ケンプリア の生エキス青汁 『 リッチグリーン 』 なら酵素入りで毒素排出に効果的です。

正常な代謝を妨害する体内に蓄積した 有害金属

正常な代謝を妨害する体内に蓄積した 有害金属 の害やその悪影響はどんなことに及ぶのかを紹介します。
有害金属は水銀・ヒ素・鉛・カドミウム・スズ等の総称で、体内に入ると体にとって必要不可欠なミネラルの働きを阻害し、慢性疲労、肝臓・腎臓障害、頭痛、慢性疲労、不眠、イライラ、しびれ等を引き起こします。 有害金属は、食品、大気、水道水、食品添加物、タバコ等から摂取されると言われています。

正常な代謝を妨害する体内に蓄積した 有害金属 痩せない原因

正常な代謝を妨害する体内に蓄積した 有害金属

正常な代謝を妨害する体内に蓄積した 有害金属

ありとあらゆるダイエットを試してみたが効果が全くない。という人がいます。もちろん、ダイエットの種類が体質に合っていない場合もありますがそれは体内に蓄積した重金属かもしれません。

毛髪中の水銀濃度を調べてみると、肥満、高血圧、糖尿病などの生活習慣病にかかっている人ほど水銀濃度が高いことがわかっています。

毛髪から水銀濃度を調べる方法


また、太っている人ほど水銀濃度が高い値を表示することもわかっています。そして、良いミネラルの代表であるカルシウムは低い値になっています。

つまり、肥満と有害金属は密接な関係にあることがわかります。体内に入った有害金属が酵素の働きを阻害するためです。体の中では至るところで酵素が働いています。
食べ物を消化吸収したり、エネルギーを生み出したり、そのエネルギーを使うのにも酵素は欠かせません。
脂肪を分解する際に必要な酵素もあります。こうした酵素に水銀などの有害金属がついてしまうと酵素自体の構造が変化して、活性が行われます。
その結果、脂肪燃焼システムがうまく機能せずにエネルギー代謝も低下します。肥満に繋がるというわけです。

体内にたまった有害金属は、「食べる」→「燃やす」→「出す」という正常なエネルギー代謝を妨害し、太りやすい、また痩せにくい体をつくります。

有害金属がたまって酵素の働きが悪くなると、燃え切らない脂肪がたまります。さらに消化もうまくいかなくなり便もたまる、というわけです。
これらは毒太りといっていいでしょう。

特別な薬や治療をしなくても、食生活を少し工夫すれば、体内の毒素を排出することができます。体内で毒素を捕まえて外に出す働きを持つ食材、解毒力をアップさせる食材を食べることでデトックスができます。
そんなすぐにできる方法が以下の方法です。

STEP1(お腹をすかせる)

消化吸収、解毒にと忙しく働いている胃腸や肝臓もしばしの休息でリフレッシュ。そんな空っぽのお腹に毒素バスター役の野菜や果物が投入されると有効成分の吸収もスムーズに。

STEP2(毒素を捕まえる)

毒素を捕まえる力を持つ成分が、体内に蓄積した有害金属や化学物質をつまみだし、排出へと導く。

STEP3(解毒力をアップ)

肝臓は、解毒を担う主要な臓器。日頃から活性酸素の害を受けやすい場所でもあるので果実や野菜の抗酸化作用でそのダメージを修復し解毒力を修正する。

STEP4(毒素を出す)

食事に含まれる毒素を、ササッとからめとって便として体外に排出してくれるのも食物繊維が豊富な野菜や果物。

現代人の解毒力は不安がいっぱい

現代人の解毒力は不安がいっぱい 解毒力が鈍ったり衰えると毒素の蓄積が加速します。

解毒力が鈍ったり衰えると毒素の蓄積が加速する

現代人の解毒力は不安がいっぱい

現代人の解毒力は不安がいっぱい

ダイオキシン

ゴミ焼却炉や産業廃棄物施設などに含まれる。大気中に放出され、土壌や河川、海へと循環する。95%が食物、5%が大気から体内へ取り込まれます。分解されにくく、生殖障害、肝機能障害、ガンなどの原因になります。1兆分の1gという微量でも毒性があるほど強力です。

脂肪にとけ込んで肝臓や皮下脂肪に蓄積します。ダイオキシンは、いったん蓄積すると排出されにくく、蓄積量が半分になるまでに 5 ~ 10 年以上かかります。
ダイオキシン について詳しく

アセトアルデヒデなどの化学物質

新築住居の建築材や塗料のほか OA 機器、じゅうたんの接着剤、衣類の防虫剤などに含まれます。揮発し、呼吸を介して体内に入り込みます。頭痛やめまい、目やのどが痛むといった「シックハウス症候群」の原因にもなります。

主に肝臓で代謝されて尿や汗、便とともに体外へ排出されますが、解毒の過程で生じる三期亜物によって疲れや痛み、アレルギーといった不調が生じます。肝臓が弱ってくるとこの代謝システムが機能しなくなってしまいます。

化学物質について

解毒が必要な理由を知るで紹介した重金属の蓄積に加え、近年、問題視されているのが住宅建材や防虫剤などに含まれる化学物質です。神経系を刺激して、頭痛やめまい、目やのどの痛みといった「シックハウス症候群」を引き起こします。

最近の健康ブームでは、食べ物に対する意識は高くなりましたが、無意識に吸っている空気には無意識であることがほとんどです。
排煙に含まれている大気や食物汚染するダイオキシンも、内臓障害やガンなどとの関連性も指摘されています。

人間の体には、侵入してきた毒素を追い出す、解毒システムが備わっています。問題は、その仕組みが衰えたり、正常に機能しなかったり、取り込む毒素の量が限界以上の量であったりした場合です。

見えないところで毒素が蓄積してしまうのです。現代人は特に、日常的な過食によって内臓を酷使しているため解毒の役割を担う肝臓や腸が疲れてしまっているのです。

不調の原因となる毒素 現代人の解毒力は不安がいっぱい

見えにくい毒素

ストレス

たまると交感神経が優位になり、血管が収縮。血流が悪くなり、冷えや動脈硬化の原因になる。

有害金属や化学物質

食べ物や環境から知らず知らずのうちに体内へ。あらゆる不調の原因にもなってしまう。過剰な蓄積の場合、中毒症状も。

見える毒素

便

腸内に長時間たまると、悪玉菌が過剰に増殖。免疫力が低下し、にきび、むくみなどの原因に。

体脂肪

肥満に直結。外見上の問題はもちろん、高脂血症や高血圧、糖尿病といった生活習慣病の温床に。