ほとんどの毒素は便や尿から体外に排出される

人間の体は、取り込んだ毒素を便、尿、汗などと一緒に体外へ排出する「解毒=デトックス}の仕組みが備わっています。しかしこの機能が衰えると毒素が蓄積してしまいます。

髪(毒素排出率1%)

およそ3ヶ月前の体内のミネラルバランスが反映されるといわれる髪の毛。体内の毒素「有害金属」がゆっくりと排出されます。

爪(毒素輩出率1%)

髪同様に毒素がゆっくりと出てきます。解毒がうまくいくと、髪や爪に出てくる毒素の量は一時的に増えます。

便(毒素輩出率75%)

毒素が口に入っても、胃腸のバリアが強ければ吸収されずに出ていきます。便秘気味、または便秘の人は、毒素が長くとどまってしまうので吸収されやすくなってしまいます。

汗(毒素輩出率3%)

にんにくを食べた翌日は、汗が臭いですが、それは、におい成分が汗にでてくるためです。同様に毒素も汗と一緒に排出されます。

尿(毒素輩出率20%)

体内に侵入した毒素を腎臓でふるい分けて捨てる、というとても大事なルート。水分を充分とることは解毒力をアップさせる基本です。

こうしてみても老廃物は、ほとんどが便から排泄されることがわかります。便秘をしてしまう…という体質は、老廃物を体にため込んでしまっていることと同じなのです。2~3日で出ればいいのですが、それ以上になってしまうことが多い人は、便秘解消のために生活習慣を変えたり、食事を注意することがとても大切です。
睡眠時間が短い、ダイエットをしている…いろんな要因があるかもしれませんが、2日でなかったら植物性のイサゴールなどを使って便を出すようにしたほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です