解毒効果抜群」カテゴリーアーカイブ

朝 空腹 のためのメニュー たまねぎ & りんご スープ

朝は胃を空っぽにして 朝 空腹 にさせることが大切です。 たまねぎ & りんご スープ   解毒ダイエットプログラムで解毒をしっかり行います。

胃を空っぽにして解毒に効果の有る食材やスープ ジュースなどを摂ることです。朝 空腹 の効果 は解毒を促進するための第一条件です。

朝 空腹 にさせること  体をすっきりさせる解毒ダイエットプログラム 効果 アップ

朝 空腹

朝 空腹

朝 空腹 状態にして解毒をすすめるのがデトックスの基本です。解毒ジュースを飲む上での注意 で説明していますが、毒素を排出する上で大事なポイントがいくつかあります。毒素を排出する力のある食材を選ぶことも大切ですが、まずは空腹にしておくことがとても大切です。

これは解毒スープでも解毒ジュースでも同じです。ちなみに空腹状態で解毒ジュースやスープを飲むのが効果倍増の秘訣です。胃腸が空っぽの状態で解毒スープにより老廃物を一気に体外に排泄します。朝は、栄養を摂ることよりも排泄に比重をおくことが体調管理の基本です。

毒素をしっかり排出させる野菜や果物の成分を体にきちんと吸収させるには、お腹を空っぽにさせることが大切です。

無理なく空腹をつくることができる「朝」が最も効果的です。「捕まえる」「出す」「解毒力をアップ」という3つの作用をもつ「たまねぎ」と鉛などの毒素を捕まえて排出するペクチン(水溶性食物繊維)を豊富に含むりんごを使います。

 スープ が解毒におすすめ 理由

生の野菜よりも解毒食材はたっぷり摂ることができるスープがおすすめです。また、朝は胃腸がまだ起きていませんからスープなどのほうが口に入れやすいメリットもあります。それから体を冷やさない方が解毒効果を高めてくれます。

熱を加えてパワーアップ

加熱でかさを減らせば食材をたっぷりしっかり食べられます。体も温まり代謝アップにつながります。たまねぎ、りんご、のほかキャベツ、ブロッコリーなどは加熱で抗酸化力があがります。

調理が簡単

材料を切って煮るだけなので、調理が簡単。たくさん作り置きしておけば忙しい朝でも手間いらずです。時間が経過するたびに味に深みがでるものも飽きない大事なポイントです。

たくさんの野菜を食べることができる

ベースのスープを作っておき、そこに解毒力の強い野菜を加えれば効果もアップします。

たまねぎとりんごのスープ

たまねぎとりんごスープがおすすめなのはたまねぎ、りんごのそれぞれの食材の効果によるものです。たまねぎは 最強の解毒食材 ですが、りんごも非常におすすめの食材です。りんご はこちらのページで紹介していますが、りんごのペクチンは、鉛、カドミウム、ヒ素を捕まえて出します。

たまねぎ:たまねぎに含まれるアリシンには強い抗菌作用があり、免疫力アップにも役立つと言われています。 また、たまねぎに期待される体温を高める作用も、免疫力の向上につながると言えるでしょう。 疲労回復効果と免疫力アップ効果が期待されるたまねぎは、健康的な生活に大きく役立つ野菜です。

りんご:りんごに含まれるペクチンには、整腸作用、鎮静作用があるため、胃や腸に刺激を与え、働きを高めてくれます。 また、下痢や便秘の時、腸壁にゼリー状の膜を作り、有害な物質が腸壁から吸収されるのを防ぐ解毒効果もあります。 下痢止め、食当り、冷えによる腹痛に効果があります。 ペクチンはまさに、自然の整腸剤なのです。

材料 ( 2 人分)

  • たまねぎ  2 分の 1 個
  • リンゴ 3 分の 1 個
  • 水 2 カップ
  • 塩・こしょう 各少々

作り方

  1. たまねぎは皮をむいてみじん切りに、りんごはよく洗い、皮付きのまま 1 cm 角に切る。
  2. 耐熱皿にたまねぎを平らに広げ、ふんわりゆるめにラップをして電子レンジで 3 分加熱。たまねぎの色が透明になり、軟らかくなっているれば OK 。味は辛味はなくしっとりと甘い。
  3. 鍋に水と 2 のたまねぎを加えひと煮立ちしたら塩・こしょうを加えて味を調えれば完成です。

解毒効果抜群

「 捕まえる 」 「 出す 」 「 解毒力アップ 」 解毒機能

「 捕まえる 」 「 出す 」 「 解毒力アップ 」 解毒機能 が基本です。

解毒に効く野菜&果物で 「 捕まえる 」 「 出す 」 「 解毒力アップ 」 解毒機能

「 捕まえる 」 「 出す 」 「 解毒力アップ 」 解毒機能

「 捕まえる 」 「 出す 」 「 解毒力アップ 」 解毒機能

解毒力に効果を発揮する野菜や果物などを毎日継続して食べることが一番の手軽な解毒法になります。
特に解毒力の高い野菜や果物とその有効成分をまとめています。

コリアンダー 解毒に効く成分は今のところ不明だが、動物実験では、水銀、鉛、ヒ素などの排出に有効とされている。
ほうれん草 解毒力を上げるグルタチオン、ダイオキシンをくっつけて出すクロロフィルのほか、利尿作用の強いカリウムも豊富。
りんご りんごのペクチンは、鉛、カドミウム、ヒ素を捕まえて出します。
たまねぎ 毒素を捕まえるフラボノイド累の「ケルセチン」が豊富。毒素を出すセレニウム、漢族の解毒力を高める「硫黄化合物」と揃う。

 

血中で毒素を捕まえて出す

  • ケルセチン…抗酸化力が強いポリフェノール類。血中で重金属を捕まえて排出へ導きます。たまねぎ、ケールなどに多く含まれます。
  • セレン…抗酸化力が強いミネラル。主に重金属の水銀を捕まえて、体外に排出します。たまねぎに多く含まれます。

腸で毒素を捕まえて便で排出

  • 食物繊維 ダイオキシンや有害金属をからめとります。便量を増やして排便をスムーズにします。野菜、果物全般に多く含まれます。食物繊維をたっぷりとなるなら イサゴール などを使うのもひとつの方法です。
  • クロロフィル 葉緑素のことです。ダイオキシンにくっついて、便中へと導きます。ほうれん草などの緑の濃い野菜に多く含まれます。

肝臓の解毒力を上げる

  • 硫黄化合物 肝臓の解毒酵素を活性化します。アブラナ科の野菜(ブロッコリーやケール)、たまねぎに多く含まれます。
  • グルタチオン 含硫アミノ酸を含むペプチド。抗酸化力が強く、酸化物の害を防ぎますほうれん草やアスパラガスに多く含まれます。
  • 抗酸化ビタミン…代謝の過程で生じる酸化物の害を防ぎます。野菜や果物に含まれるビタミンC、E、βカロチンなど。

体の中に潜む毒素を捕まえて運び出す「ケルセチン」や「セレン」、肝臓に働きかけて解毒力をアップさせる「硫黄化合物」や、解毒の過程で生まれる酸化物の害を防いでくれる「グルタチオン」と「抗酸化ビタミン」、そして毒素を腸の中でからめとって排出へと導く「食物繊維」や「クロロフィル」。これらの成分が相互に作用し、解毒を行います。