玄米、納豆などの伝統食で放射性物質を排出すると体温もアップする

長崎原爆投下後に誕生

長崎に原爆が投下されたのは、昭和20年8月9日です。今からもう70年以上も前のことですが、その後に生まれました。当然、直接被爆こそしていないものの、当然、自身も、放射線の被害を受けているのは間違いないでしょう。
その当時は放射線の線量を測測定するものもありません。このため正確な数値は不明ですが、たぶん長崎の街じゅうに、かなり多量の放射性物質が存在したことは間違いないでしょう。しかし長崎の市民は、全く気にもかけずに生活していました。

長崎大学の医学部を卒業後、大学付属の原爆後遺障害研究施設内科に所属し、その後原爆病院でも1年働きました。こう考えてみをと、放射線障害とも長いつきあいになっています。

ちなみに、長崎の被爆者のうち、非常に貴重な証言を残している先生とも、何度も直接お話ししています。その医師は、爆心地から2キロと離れていない病院で被爆されました。ところが、そんな近距離で被爆したにもかかわらず、先生やその病院のスタッフはひどい放射線障害にならずに済んだのです。しかもその後、放射線の影響でガンになることもなく、先生は89歳までお元気で過ごされました。

先生は、自分たちが放射線の害を受けなかったのは、その当時常食していた玄米食やみそ汁などの効果ではないかと考えられました。

玄米食やワカメのみそ汁、また、大豆製品などは、放射線対策の食品として大いに推奨できるはずです。ただ、放射線対策といっても、何も難しく考えることはありません。要するに体内に入った放射性物質は、ほかの老廃物や毒物と同様に考えればよいのです。肝心なのは、それをどんどん体外へと排出させることです。

あるいは、花粉症と同様に考えてもいいでしょう。花粉も放射性物質も、空気中のちりや食物にくっついて体内に入ってきます。これを早く排出するために適した食品が玄米であり、大豆発酵食品なのです。

玄米には、フィチン酸という成分があります。このフィチン酸は強力な排出作用を持っており、放射性物質の排出にも役立っていると考えられます。大豆発酵食品には、ジピコリン酸という成分があります。ジピコリン酸は、ストロンチウム90などの放射性物質の排出に効果があるとされています。こうした効果が知られるようになり、チェルノブイリ原発事故のときは、ヨーロッパで納豆が大人気になったのです。また、放射性物資を排泄するという意味では、食物繊維の摂取も大切です。
大豆についてはこちらの大豆パワーで詳細に紹介されています。

免疫力で体外への排出力が変わる

放射線障害については、過度に心配しすぎたり、慌てたりしないことも大事です。そうした精神的なストレスは、自律神経のうち、交感神経を緊張させます。交感神経が緊張すると、老廃物の排出がスムーズにすすまないからです。
これに対して、リラックスしていれば、副交感神経が優位になり、老廃物の排泄もスムーズに行われるようになります。便秘は毒素をため込んでしまう一番最悪な原因ですからまずは、食物繊維をしっかり摂ることを意識しなければいけません。せっかく副交感神経優位のリラックスモードになっても食物繊維が不足していると便秘になるのは言うまでもありません。ちなみににきびや吹き出物は便秘になると出てきます。思春期のにきびと異なり大人になってからのにきびは一端よくなっても便秘になるとまた、同じ場所ににきびや吹き出物ができます。大人にきびの場合は、便秘、そして洗いすぎが原因になるのですが、スキンケアは、大人になってからの方が難しくなります。

少し、話がそれましたが、同じ線量の放射線を受けても、各人が受ける害は、決して同等であはりません。それは心の持ち様でも違ってくるのです。「病は気から」はとても重要です。ちなみに、これまでの放射性物質による内部被曝の問題が中心でしたが、可能性としては、放射線による外部被曝も考えられなくはありません。放射線をいったん受けてしまえば、確かにそれはどうしようもありません。ですが、その人の免疫力が高いか低いかで、その後の経過も変わってきます。
東洋医学的には治る体質、治らない体質も影響します。

当然ながら、ふだんの食事内容なども影響しますから、できるだけ肉食や脂肪を控える、ふだんからストレスをため込まないように心がける、運動不足や睡眠不足にならないようにすることも大切です。

そして、冷えもNGです。最近は、冷房の影響で、夏に体を冷やしすぎる人がふえています。すると、体の中の水の排泄がうまくいかず、体に水がたまった状態(これを「水毒」という) になり、さまざまな疾患が生じます。水毒になれば、体内の老廃物の排泄も進みません。となれば、放射性物質の排出も滞りがちです。このため、放射線対策としても、冷えの改善は重要といえるでしょう。

体を冷やしやすい夏こそ、冷え対策が必要となります。熱いふろに入り、どっと汗をかくようにしましょう。生姜紅茶を飲むのもお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です