有害物質 アンモニア を解毒する オルニチン

有害物質 アンモニア を解毒する オルニチン について。成長ホルモンを分泌させて、効率よく筋肉量を増やし、一方で体脂肪の分解を促進させるダイエット効果やしわを改善する美肌効果を持つオルニチンです。

オルニチン は肝臓で活躍するアミノ酸です。 耳慣れない名前の成分ですが、日常的に口にする食材にも微量ながら含まれており、また、私たちの身体の中にも存在しています。 オルニチンは、肝臓の働きを保ち疲労回復をもたらすことが期待されています。

弱った肝臓を助ける 有害物質 アンモニア を解毒する オルニチン

成長ホルモンを分泌させて、効率よく筋肉量を増やし、一方で体脂肪の分解を促進させるダイエット効果やしわを改善する美肌効果を持つオルニチンです。

このオルニチンが注目されている成分のひとつに、解毒作用があります。ドイツなどでは、肝機能障害の患者にタイする医薬品として認可されている成分です。

オルニチンの成分による解毒力は、アンモニアを無毒化することで知られています。アンモニアは、肉などの高たんぱく質の過剰摂取により体内に増える有害物質です。
体内濃度が異常値になれば、昏睡状態にまでなる可能性のある成分です。

最近では、慢性的な疲労の原因ではないかとも言われているほどです。

低下した肝臓を補いアンモニア濃度を減少

アンモニアは、感応で解毒されるが、そのプロセルに不可欠なのがオルニチンです。

肝硬変になり肝臓の解毒力が低下してしまうと、体内のアンモニア濃度は低下しません。ところがこのような、重度の肝障害になってしまってもオルニチンを飲み続けることでアンモニア濃度が低下することがわかっています。

肝障害などの病気でなくても、二日酔いでツライときにオルニチンを飲んでみると効果があります。

しじみに含まれているタウリンには、肝臓の細胞膜を強化する働きもあるので、活性酸素の害の予防にも効果があります。二日酔いの朝にしじみの味噌汁を飲んでみましょう。

こうした効果を期待するのであれば、 1 日数 100 mg ~ 1 g 程度の摂取が効果的です。オルニチンを豊富に含んでいる食材はシジミです。ところが 1 gとるにはしじみを 200 個食べなければなりません。現実的ではありません。

効率よく摂るには リアルメイトのしじみエキスW(ダブル)オルニチン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください