解毒に効果的な成分たっぷり(アボガド)

肝機能を高める成分と豊富な繊維で毒素をどんどん排出

アボガドは、クリーミーですごくおいしい。でもちょっと気になるカロリー。そんなイメージです。
ところが、解毒に効く成分を豊富に含んでおり、便や尿などと一緒に毒素をどんどん排出してくれます。腹持ちもよく、ダイエットでは定番の食材です。

注目すべき解毒成分は、非常に強力な抗酸化力をもつグルタチオンです。グルタチオンという成分は、肝臓が毒素を解毒する際に発生する酸化物の害を抑制する働きがあります。

さらに、グルタチオンは、肝臓や血液中で重金属を捕まえて排出します。また、アボガドには、尿量を増やすカリウムと、便量を増やす食物繊維が豊富です。便や尿と一緒に排出されると同時に、むくみや便秘も同時に解消されます。結果、高いダイエット効果を発揮します。

解毒とダイエットの両方に効果を発揮するためには、食事をする前の空腹時に食べるのが効果的です。解毒成分の吸収力がアップし、食物繊維と脂肪分で満腹感が高まります。

アボガドの脂肪分はたしかに多めですが、オリーブ油並の健康パワーをもっており、さらにその健康に効果を発揮する内容が質の高いものなので、安心して摂取していいでしょう。
アボガドのおよそ70%は、オレイン酸などの不飽和脂肪酸なので体内で抗酸化パワーを発揮します。

アボガドの4つの解毒効果

〔その1〕グルタチオンで肝臓の解毒力を高める

グルタチオンは、解毒器官である肝臓で解毒が行われる際、発生する酸化物の害を防いで、肝機能を向上させるペプチド(アミノ酸の結合)の一種です。水銀などの重金属を捕まえて体外に排出する働きもあります。

〔その2〕オレイン酸がコレステロールを抑制

アボガドの脂肪分にはオレイン酸がたっぷりで、アレルギーや炎症の原因となるリノール酸が少ないというメリットがあります。脂肪の成分としては、オリーブ油と成分が酷似しています。
朝、スプーン1杯で快便に解毒効果アップ(オリーブオイル)

〔その3〕便秘を解消する食物繊維が豊富

アボガドは、食物繊維の含有量が果実の中でもトップレベルです。便秘の改善効果が期待できます。毒素の70%以上は便からの排出ということを考えれば、便秘の改善イコール毒素の排出、ということになります。食物繊維が豊富な食材として有名なのは、ドライフルーツです。

〔その4〕カリウムが水分代謝をアップさせる

利尿作用によって毒素の排出をスピーディーにするカリウムがたっぷり。尿の排出をアップさせることでむくみを解消します。

アボガドの食べ頃はいつ?

皮全体が黒く、手のひらで持ったときにやや弾力が感じられるものが食べ頃です。熟成がすすむとヘタの部分も緑から黒に変色します。
夏に出荷されるものは、脂肪分が若干少なくさっぱりとした味です。女性で脂肪分がどうしても気になる人は夏のアボガドがオススメです。
ヘタが黒いことも食べ頃のサインですが、黒く乾燥してぽろりと取れそうなのもサインです。
逆にへたが緑色をしていて皮にしっかりとくっついていたら未熟です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください