解毒ジュースに使う最適な食材のランクは?

お薦めの解毒ジュース用食材

解毒ジュースの効果は前述したとおりですが、解毒パワーの強い野菜のランクをここで紹介します。

毒素を捕まえるケルセチン、ダイオキシンをつっくつけ出すクロロフィル、肝臓の解毒力jをアップさせるグルタチオンの3成分について、含有量の多い食品を調べると、いずれも上位にランキングされたのは、「ほうれん草」。ほうれん草以外にも解毒ジュースに向く食材はたくさんありますが、

  1. パワー抜群の野菜
  2. 甘みや抗酸化力の高い野菜、果物
  3. 飲みやすくコクを出してくれる食品

の3グループから好みの食材を組み合わせるだけでおいしい解毒ジュースがつくれます。しょうが、はちみつ、などをプラスすればまた違った味を楽しむこともできます。

1,青臭く独特の臭いがあるが解毒力抜群の食材

ほうれん草 クロロフィルにグルタチオン、利尿作用の強いカリウムも豊富。ケルセチン、食物繊維も含む。味にくせはなく解毒ジュースにも最適。
小松菜 ダイオキシン排出効果ナンバーワン。カリウムやビタミンCも多く1年中流通している。ほうれん草同様に解毒ジュースに最適。
ブロッコリー イソチオシアネート(硫化化合物)が肝臓の解毒力を高める。クロロフィルも含む。リンゴや豆乳などと相性がいい。
アスパラガス 肝臓の解毒力をあげるグルタチオンの含有量が豊富。抗酸化成分のルチンも同様に多い。
青じそ クロロフィル、カリウム、ビタミンCが豊富。旬の夏にはたっぷり使いたい。
玉葱 ケルセチンの含有量ナンバーワン。硫黄化合物やセレンも豊富。解毒食材としてはほうれん草と優劣をつけにくい。

2,甘み、酸味、旨味以外にも抗酸化成分、繊維質が豊富

りんご 食物繊維が毒素をからめとる。野菜の独特の臭いをカバーするすぐれもの。ポリフェノールを含む皮ごと使うといい。
にんじん βカロチンの抗酸化パワーで肝臓を元気にする。甘みをプラスするため解毒ジュースのバランスを整える。
トマト 抗酸化成分のリコピンが豊富。市販のジュースでもOK。甘み、酸味、旨味のバランスが整う。
キウイフルーツ ビタミンC、E、カリウム、食物繊維が豊富。ほどよい甘みと酸味で解毒ジュースを仕上げる。

3,マイルドを追加

豆乳 抗酸化力の強い大豆イソフラボンをプラス。おからの成分まで入った「大豆まるごと」タイプが良い。
ヨーグルト 乳酸菌やビフィズス菌が腸を元気にし、便の排出力を高める。ほどよい酸味が野菜などと相性がいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください