「捕まえる」「出す」「解毒力アップ」の解毒機能

解毒に効く野菜&果物で「捕まえる」「出す」「解毒力アップ」

解毒力に効果を発揮する野菜や果物などを毎日継続して食べることが一番の手軽な解毒法になります。
特に解毒力の高い野菜や果物とその有効成分をまとめています。

コリアンダー 解毒に効く成分は今のところ不明だが、動物実験では、水銀、鉛、ヒ素などの排出に有効とされている。
ほうれん草 解毒力を上げるグルタチオン、ダイオキシンをくっつけて出すクロロフィルのほか、利尿作用の強いカリウムも豊富。
りんご りんごのペクチンは、鉛、カドミウム、ヒ素を捕まえて出します。
たまねぎ 毒素を捕まえるフラボノイド累の「ケルセチン」が豊富。毒素を出すセレニウム、漢族の解毒力を高める「硫黄化合物」と揃う。

血中で毒素を捕まえて出す

  • ケルセチン…抗酸化力が強いポリフェノール類。血中で重金属を捕まえて排出へ導きます。たまねぎ、ケールなどに多く含まれます。
  • セレン…抗酸化力が強いミネラル。主に重金属の水銀を捕まえて、体外に排出します。たまねぎに多く含まれます。

腸で毒素を捕まえて便で排出

  • 食物繊維…ダイオキシンや有害金属をからめとります。便量を増やして排便をスムーズにします。野菜、果物全般に多く含まれます。
  • クロロフィル…葉緑素のことです。ダイオキシンにくっついて、便中へと導きます。ほうれん草などの緑の濃い野菜に多く含まれます。

肝臓の解毒力を上げる

  • 硫黄化合物…肝臓の解毒酵素を活性化します。アブラナ科の野菜(ブロッコリーやケール)、たまねぎに多く含まれます。
  • グルタチオン…含硫アミノ酸を含むペプチド。抗酸化力が強く、酸化物の害を防ぎますほうれん草やアスパラガスに多く含まれます。
  • 抗酸化ビタミン…代謝の過程で生じる酸化物の害を防ぎます。野菜や果物に含まれるビタミンC、E、βカロチンなど。

体の中に潜む毒素を捕まえて運び出す「ケルセチン」や「セレン」、肝臓に働きかけて解毒力をアップさせる「硫黄化合物」や、解毒の過程で生まれる酸化物の害を防いでくれる「グルタチオン」と「抗酸化ビタミン」、そして毒素を腸の中でからめとって排出へと導く「食物繊維」や「クロロフィル」。これらの成分が相互に作用し、解毒を行います。

1 thought on “「捕まえる」「出す」「解毒力アップ」の解毒機能

  1. ピンバック: 朝は空腹にさせることが大切 | 便秘解消で解毒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください