解毒が必要な理由を知る

普通に生活をしていても人間の体の中には日々、食事でとる食品や水、空気などを通して水銀や、鉛、さらに猛毒であるヒ素といった有害金属やダイオキシンなどのが化学物質が入ってきます。これが体のだるさ、なかなかとれない疲労の原因となります。
その他の症状では、肩こりなどの凝り、イライラ、生活習慣病などがあります。

代謝が悪化すれば肥満の原因にもなります。
たまってほしくない物に限って体に停滞してしまうのが毒素です。便秘などは、お腹が張って下腹がブヨブヨしてしまいます。当然、肌も荒れ、悪影響を及ぼします。
脂肪が溜まってくると、そのまま生活習慣病の原因になります。
これらは、特に体にたまる毒素の代表です。

こうした体に悪影響を及ぼす毒素は目に見えますが、目に見えにくい、または、見えない毒素もたくさんあります。こうした毒素のたまり具合を自己診断するチェック項目をならべました。
生活習慣チェック

  • 朝食を規則正しくとらない
  • 生の魚介類をよく食べる
  • 油の多いものがすき
  • 浄化されていない水道水をよく飲む
  • ストレスが多い
  • ヘビースモーカー
  • 歯に異なる金属の詰め物がある

自覚症状チェック

  • よく風邪をひく
  • 関節痛gあある
  • 便秘気味
  • 吹き出物ができやすい
  • 肩こりがある
  • しみがある
  • 気分の浮き沈みが激しい
  • よくイライラする

当てはまる項目が

  • 0~5項目…体内汚染が進んでいる奇形性は少ないが食生活に注意して解毒を心がけるといい。
  • 6~10項目…体内汚染はかなり進んでる。解毒をしっかり行う必要あり
  • 11~15項目…確実に体内汚染が進んでいて健康被害も心配される。毎日の解毒についても見直す。

となりますので自分の症状や診断を行いましょう。

空気や水、食物から体内に入る

毒素というのは、水や食べ物、空気中にわずかながら含まれていて、体内に蓄積すると様々な不調や病気の原因となる有害金属や化学物質を指す。

毒素が体内に入ってくるルートや引き起こされる悪影響を整理してみると、次のようになります。

魚介類や飲料水から入り込むのが水銀や鉛といった有害金属。水銀の場合は、約90%は
魚により体内に入ってきます。魚を全く食べない、という選択は現代社会では困難です。
青魚を食べてDHAを摂取するというのは、大切な健康になるための手段でもあります。

これらは、体内で様々な代謝酵素にくっついてその働きを悪くします。結果、代謝が悪くなり、太りやすい、むくみやすい、便秘しやすいといった症状があらわれます。

有害金属はここにたまるので注意

  • 全身…ヒ素
  • 骨…水銀、鉛
  • 肝臓…水銀、鉛、カドミウム
  • 腎臓…水銀、カドミウム
水銀

魚介類、歯の詰め物(アマルガム)予防接種のワクチンなどから。腎臓、骨、肝臓に蓄積する。過剰に蓄積すると腎臓・肝臓障害、感覚障害などが起こる。

カドミウム

排気ガス、たばこ、水などから。腎臓、肝臓に蓄積。腎臓・肝臓障害、骨の異常などの原因になる。

水、缶詰、たばご、排気ガスなどから。骨、肝臓に蓄積。疲労、頭痛、貧血、不眠などの原因に。

ヒ素

残留農薬、水、魚介類などから。体内のほとんどの組織に蓄積。皮膚障害、全身疲労などの原因に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください