たんぽぽコーヒー」タグアーカイブ

肝臓を元気に たんぽぽ & チコリのコーヒー

肝臓を元気に たんぽぽ & チコリのコーヒー がおすすめです。

肝臓を元気にして解毒パワーをアップさせる

たんぽぽやチコリの根を乾燥、焙煎した欧州のハーブコーヒーには、尿を増やしたり、便秘を改善する働きがあります。また、体内解毒の要となる肝臓も元気にしてくれます。コーヒーブレークで解毒ができるたんぽぽ、チコリに注目が集まっています。

コーヒーはカフェインが多く体を冷やしますが、たんぽぽコーヒーは血流を良くして体を温めてくれます。冷え性予防にも期待できそうです。解毒促進には腸の温度を下げないことがとても大切です。

たんぽぽは、西洋の植物療法では、利尿のほか、肝臓からの胆汁分泌を活発にする生薬として使います。また、軽い便秘改善効果もあります。
便秘解消のサイトでもたんぽぽコーヒーを紹介しています。

たんぽぽコーヒーの解毒パワー

むくみの解消に効果のあるカリウムが多く含まれていて尿から水分を排泄してくれる利尿作用があります。

  1. 胆汁の分泌を高めて解毒をスムーズに
  2. 水分の排出を増やしてむくみがすっきり
  3. ホルモンバランスを整える生理の不調や母乳の排泄
  4. 肝臓の機能を保護する肝機能を改善し解毒機能を高め

化学物質や重金属などの毒素は主に肝臓で代謝され尿や便とともに体外へ排出されます。肝臓を元気にし、尿や便の出をよくするたんぽぽには、この解毒ステップをよりパワーアップする効果が期待できます。

インスタントコーヒーの肝臓効果 食材の常識

同様にヨーロッパで飲まれているチコリの根を乾燥・焙煎したチコリコーヒーにも同じような働きがあります。

人間の肝細胞にチコリの根の抽出エキスを加えたところ、肝臓を活性化させることに成功しています。チコリの根には、水溶性の食物繊維のイヌリンが豊富です。根を乾燥、焙煎させる過程でイヌリンははイヌスロオリゴ糖という物質に変化していおり、腸内細菌を増やして便通をよくする効果があるのです。

どちらのコーヒーも1日に2~3杯飲むと効果が期待できます。

チコリコーヒーの解毒パワー

チコリの根をハーブティーやコーヒーとして飲むと体内から余分な水分や老廃物を排出させるデトックス作用が期待できます。 チコリコーヒーは、チコリの根の部分を乾燥して、焙煎させたもので、味はコーヒーとほぼ一緒。 生薬のような飲みにくさはなく、とってもマイルドで飲みやすく美味しい。

  1. 肝臓を元気にして解毒パワーをアップ
  2. オリゴ糖パワーでおなかすっきり

たんぽぽコーヒー なら妊婦さんにも安心です。