肝臓機能を高め、自律神経の安定化にも有効な玄米

玄米は日本人の主食として重要な食品のひとつでした。日本民族は原始時代から玄米を食べてきました。それは日本の風土に米が適していたからです。

日本の風土は大陸と追って湿度が高い。こうした風土に生活する人間は、毛穴が湿気でふさがるために、新陳代謝を低下させ解毒作用をさまたげやすくなります。このような欠点を湿度に強い玄米が補って、体の生理作用を助けてくれるのです。

これは自然のしくみにのっとった天の恵みですが、現代は、天から与えられた米の本質を発払博することのない白米にして食べています。

半病人が多くなったのは、玄米を精白した寒白い米を食べているからと言っても過言ではないと思います。玄米の中にはイノシトールやフィチン酸という成分があります。
イノシトールは肝臓を強めて老廃物を体の外に排泄する大切な役目をしてくれます。また、フィチン酸は、ストロンチウムと結合して老廃物を体の外に出す性質があります。
このストロンチウムというのは放射能の中に含まれる成分で、原子爆弾の死の灰の物質なのです。

フィチン酸には、ストロンチウムだけでなく、公害物質なども流す働きが強く、とくに梅干しとともに食べると、梅干しのクエン酸やアミグダリンという特殊成分の働きも加わって、公害物質を体の中に残さないで排泄する働きが強化されるのです。

また、ガンマーオリザノールという成分も含まれていますが、これは神経の働きを強め、ことに自律神経の調整には非常に大切な成分です。
これによって自律神経がよく働きますから、内臓の働きも強められ、新陳代謝も盛んになります。

ところが、白米にしてしまうと、これらの大切な成分は失われます。たとえビタミンB1・カルシウムなどを強化した強化米にしても、人工的につくつた薬品にすぎず、いのちのある自然の成分とはまったく違うのです。まして玄米には、まだまだ究明できない未知成分がたくさん含まれているのです。ここに自然の食物の尊さと偉大さがあります。

こうした効能からもわかるように、現代生活の中で失われた力をとりもどし、弱った細胞を強め、血液の浄化を促すためにも、玄米が大切なのです。玄米を食べて健康を回復したという実例が多いのは、失われた成分を回復したからであって、ごく当たり前なことなのです。

特に体調がよくないときには玄米で回復させるといいでしょう。玄米、納豆などの伝統食で放射性物質を排出すると体温もアップすることがわかっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください