実験でビールに放射線防護作用を確認、染色体異常が減少、生存率も上がった!

飲酒後、6~7時間経過した時の実験

アルコールには、放射線障害に対して何らかの効果があるのではないか、という指摘は、昔からありました。被爆したかたにアルコールを投与したところ、症状が改善したという体験談がいくつか出てくる書籍「原爆の惨禍 [ 蜂谷道彦 ]」もありあます。

放射性物質に汚染された地域に住む人たちにとって、どんな食品が体にいいのかという問題は、とても切実です。放射線防護、もしくは健康増進に役立つ食品があれば、少しでも安心できるのは当然です。

放射線が生体に与える影響を研究する中で自分の血液を採取して、放射線を照射し、染色体の異常の数を数えます。ところがある日、そこでありえない結果が出てしまいました。放射線を照射する機械が故障したのでは、と思ったほど、染色体異常の数が少なかったのです。

通常、浴びた放射線の線量と染色体異常の数は一定しており、染色体異常の数から、浴びた放射線の線量を逆算する指標にも使われるほどです。その染色体異常の数が、これほど変化した経験は初めてでした。

原因を探るうちに、思い当たったのがビールでした。

実験のデータに狂いが出ないよう、私は日ごろから食生活に気をつけており、飲酒を避けていました。しかし、この実験の前日に職場の送別会があり、断りきれずにビールを飲んでいたのです。

飲酒後6~7時間経過してから、おそらく大丈夫だろうと血液を採取して実験したのですが、このような結果が出て驚きました。

これがきっかけで、私はビールと放射線の関係について研究を開始しました。

ノンアルコールでは効果なし!

飲酒前の血液と、ビールを大瓶1本分飲んで3時間後に採取した血液にⅩ線を照射すると、後者では染色体異常の数が、4分の3程度におさえられることがわかりました。さらに、がん治療にも使われる強力な放射線を照射した場合、ビールを飲んだ後では染色体異常が4割もへっていたのです。

さらに、ビール、ノンアルコールビール、アルコール(エタノール)をそれぞれ飲ませたマウスに、γ線を照射して30日後の生存率を調べる実験を行ったところ、興味深い事実がわかりました。ビールを与えたマウスが最も生存率が高く、アルコールがそれに続きました。しかし、ノンアルコールビールを与えた群では、全く効果が見られなかったのです。重粒子線を照射した場合でも、同じ傾向が確認できました。

この結果から、アルコール自体に放射線防御作用があること、アルコールとビールの成分が合わさると、さらにその効果が高まることがわかりました。ノンアルコールビールでは効果が見られなかったことから、ビールの有効成分が、アルコールによって体内に吸収されている可能性が推察されます。

では、ビールのどんな成分が、これらの効果をもたらしているのでしょうか。

ビールには非常にたくさんの微量成分が存在します。私は、いくつか可能性のありそうな成分( シュードウリジン、グリシンベタイン、メラトニン) に絞って研究を行いました。これらをヒトの血液に加えたり、マウスに投与したりして放射線照射実験を行うと、3つの成分とも、それぞれ程度の差こそあれ、放射線防護効果を確認することができました。例えば、シュードウリジンを加えた血液にⅩ線を当てると、染色体異常の数が34% も減少する、というデータが出ています。

では、ビールを飲めば、放射線の害を防げるのでしょうか。残念ながら現時点では、「ピールには放射線防護効果をもたらす可能性があるものの、効果があるとは断言できない」というのが正確なところです。

というのも、放射線にはさまざまな種類があり、細胞の種類によっても受ける影響が全く違ってくるからです。さらに、放射線防護効果をヒトで検証することは不可能、という事情もあります。

したがって、お酒が飲めない体質の人や、未成年者が無理に摂取するようなことは、絶対に避けていただきたいと思います。

健康を害さない程度に食生活に取り入れるのなら、放射線対策の一環として、ビールを利用してみてもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください