コンブのだし汁が放射性ヨウ素の害を防ぐ

コンブのだし汁が放射性ヨウ素の害を防ぐ についてです。1986 年 4 月に起きたチェルノブイリの原発事故を含めて、世界各地の核放射線災害地を訪れ、人体への影響を調査、研究してきた札幌医科大学の教授の高田先生によるレポートです。

福島の原発事故でも影響を受けない コンブのだし汁が放射性ヨウ素の害を防ぐ

コンブのだし汁が放射性ヨウ素の害を防ぐ

コンブのだし汁が放射性ヨウ素の害を防ぐ

1986 年 4 月に起きたチェルノブイリの原発事故を含めて、世界各地の核放射線災害地を訪れ、人体への影響を調査、研究してきた札幌医科大学の教授の高田先生によるレポートです。

高田先生は、今回の福島の原発事故でも 4/6 ~ 4/10 にかけて福島原発 20 km 圏内も含めて、現地のかたたちの健康調査や放射線衛生調査を実施しています。

退避圏内の浪江町の放射線量は、毎時0.02ミリシーベルト。福島第一原発の正面ゲートで計測すると、浪江町の2倍程度の数値で、最大でも毎時 0.059 ミリシーベルトでした。

この数値は、チェルノブイリの緊急事態時のおよそ 1000 分の 1 以下にすぎません。当初、正門付近で最大 10 ミリシーベルトの被曝を覚悟していましたが、実際はその 100 分の 1 で、マスクや簡易防護衣も不要でした。

また、原発 20 km 圏内を出入りした3日間の積算線量は、 0.1 ミリシーベルトでした。今後の放射性ヨウ素の減衰を予測すれば、現地に1ヶ月滞在しても、積算量は 1 ミリシーベルトに満たないといえます。

放射線防護学の 100 年以上の研究成果に基づき、放射線の線量レベルをA~Fまでの6段階に分けています。 A ~ C までが危険な範囲、 D ~ F までが安全範囲です。

レベルAの線量範囲は 4 シーベルト以上で、人間はこの線量を全身で受けると、100人中50人が 60 日以内に死亡します。レベル B は、1 ~ 3 シーベルトで、嘔吐、脱毛などの自覚症状が現れ、ガンの発生率が若干高まります。
レベル C は、 0. 1~ 0.9 シーベルト。この線量を受けても自覚症状はありませんが、わずかながらガンリスクが高まります。また、レベル C 以上では、胎児が奇形になるリスクがあり、注意が必要です。

レベル D は、 2 ~ 10 ミリシーベルト。これは自然界にある放射線や、医療機関で診察の際に受ける程度の量です。このレベルD以下であれば、健康面で問題なしと考えられます。なお、 C と D には 10 倍の線量差があります。この間の線量が、放射線を職業とする人たちの法律で定められた年間限度( 50 ミリシーベルト)です。

今回の福島の調査から、原発周辺の住民がレベルC以上の線量を受けることはないと考えられます。

セシウムが汚染されたキノコを食べて実験

また、今回、原発 20km 圏内からの避難住民を中心に、福島県民希望者 66 人に対して、甲状腺に沈着した放射性ヨウ素量を計測しました。結果、最も高かった人でも、その数億は3600ベクレルで、甲状腺ガンのリスクは全くない範囲でした。

さきほどの危険度のレベルでいえば、検査した全員が D ~ F レベルに入り、健康上なんら問題はないと考えられます。

そもそも欧米人は海藻などをとらないため、甲状腺に蓄積されている安定(放射性ではない)ヨウ素の量が多くありりせん。一方、海藻類を日常的に食べる日本人は、甲状腺に蓄積されているヨウ素の量が多いのです。

そのため、放射性ヨウ素は日本人の甲状腺には新たに蓄積しにくく、その害も受けにくいと考えられるのです。

それでも、もしものことが心配なら、日ごろからコンプをはじめとする海藻類をたくさん食べるようにするといいでしょう。

研究では、大人で 1 日33 g 、 3 歳~小学生は 16 g の乾燥コンプで作っただし汁を摂取すれば、十分な安定ヨウ素を体に取り込めると考えられます。この量は、私が自分でコンプを食べ、尿中のヨウ素を調べて算出したものです。

この際、コンプは必ず沸騰させるようにします。沸騰させることで初めてヨウ素が水中に溶け出してくるからです。沸騰したら、すぐに火を消します。

大人 1 人33 Gのコンプにつき、どんぶり 1 杯の水( 約 300 cc )で煮出します。例えば、夫婦 2 人、小学生のお子さん 2 人のご家庭なら、コンプ 99 g ( 3 人分 )を、どんぶり 3 杯の水で煮出して、このコンプだしでうどんなどを作って食べるのがお勧めです。

3 歳未満のお子さんには、だし汁のみを与えます。生後 1 ヶ月~ 3 歳未満は 8 g 、新生児は 4 g が目安です。だしを取った後のコンプも、刻んで油炒めにして食べるといいでしょう。

根昆布水は高血圧を抑制するは、血圧を下げるためのレシピとして紹介されていますが、コンブの量さえ適切(大人 1 人 33 g )にして作れば放射性ヨウ素の害を防ぐために役立つということです。あらためて和食にはコンブが欠かせませんが、ホントにすばらしい食品だとあらためて関心します。

そして人体の中から不要な毒素などを排出させるには腸内で食物繊維がからめてとることで排泄できるのはこれからも変わりません。

ちなみにヨウ素の半減期(発する放射線の量が半分になるまでの期間)は8日で、時間が経過するごとに、さらに大幅に減少していきます。一方、 30 年が半減期とされるセシウムも、体内では代謝により実効半減期は 100 日になります。これは、私がチェルノブイリ近郊で調査を行った際、セシウム汚染されたキノコを食べ、測定して確認しています。

そのうえ、セシウムによる発ガンなどの健康被害は、チェルノブイリ 20 年間の疫学調査でも見つかっていないのです。

土壌が放射性セシウムに汚染されたとしても」チェルノブイリの事例から、健康被害を与えるとは考えられません。

ましてや福島の場合、チェルノブイリより格段にセシウムの量が少ないのです。こうした事実がはっきりしているわけですから、私たちは根拠のない情報に踊らされて、むやみに野菜や牛乳などを買い控えたり、風評を広めたりすることを慎みましょう。

そして、今後も正しい知識に基づいて、福島や、震災に加えて原発事故の影響も受けている被災地の人たちを、全力で応援し続けていくべきでしょう。

せっかくコンブを食べて放射性ヨウ素の害を防げても便秘をしていては全く意味がありませんので、コンブには食物繊維が多いので便秘解消効果も高いのですが、万一便秘になってしまっているならこちらの イサゴール などを使うとスムーズに排便できるでしょう。せっかくのコンブの力で排泄できなければ意味がありません。

安全性の高い L-グルタミン酸Na不使用でだし本来の味 理研ビタミン 素材力こんぶだしのもと はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください