放射線の害イコール活性酸素の害

実は、放射線の害よりも運動不足や喫煙の方が危険

2011年(平成23年)3月11日の大震災による福島第一原子力発電所の事故は、テレビや新聞、雑誌で、さまざまな報道がされました。危険をあおる意味のない意味不明な報道も多数ありましたが、正しい情報もいくつかありました。

こうした放射能汚染の報道を見るにつけ、国内外で放射線に対する無用な恐怖心が広がるのではないかと心配になります。

例えば、低線量の放射線を浴びたせいで、めまいがするとか、疲れやすくなったという人がいますが、それは放射線のせいではありません。気のせいか、放射能を恐れるストレスから生じる現象です。

ましてや、放射性物質で汚染された野菜を食べたから、気持ちが悪くなることはありえません。それも、おそらくストレスのせいと考えてよいのです。最も基本的な疑問に答えてみましょう。なぜ、放射線は危険なのでしょうか。

放射線は体内の水分子と反応し、活性酸素を生み出します。放射線の害の8割以上 は、この活性酸素の害といえます。

そもそも、ふだんの呼吸によって生じる活性酸素によって、人間の遺伝子は傷つけられています。その傷を日々治す機能があるために、私たちの健康は維持されているのです。

ところが大量に被曝して1度にl00 ミリシーベルト以上、余分な活性酸素が生じると、それがさらに遺伝子を破壊し、修復が追いつかなくなります。そのため、1度に100ミリシーベルト被曝すると、がんで死亡する人が0.5% 程度ふえるのです。その場合でも固形癌が生じるには20~30年、白血病で5~10年程度の期間を要します。

低線量の放射線(年間100ミリシーベルト以下) の影響については、ある学者は「がんになる」といい、ある学者は「安全だ」といっていますが、実際は、あるのか、ないのかわからない程度の小さい影響です。たとえ「ある」としても、そのがんになるリスクは、ほかのがんを引き起こす要因と比べると、かなり低いレベルです。

当時、福島県では、年間20ミリシーベルト以上被曝する地域が避難対象なので、年間20ミリシーベルト浴びたときのことを考えてみましょう。その際のがんのなりやすさのリスクは、たとえあるとしても最悪で1.006倍です(がんで死亡する人は30% から30.1% に上昇)。ほかのリスクと数字で比較すると、それがはっきりします。

国立がんセンターの疫学調査で、がんのなりやすさが数字で表されています。喫煙者のがんのなりやすさのリスクは、非喫煙者の1.6倍。運動不足のリスクが1.15~1.19倍、野菜不足が1.06倍、肥満が1.22倍となっています。

こう見ると、喫煙や肥満などに比較して、被曝してがんになるリスクは相当に低いことがわかります。ですから、被曝によるがんのリスクをむやみに恐れることは、健全とはいえません。現実に大きな実害があり怖いのは、喫煙、運動不足や野菜不足のほうなのは明らかなのです。これから禁煙をがんばる人はこちら

無用な心配はストレスを誘発し、活性酸素を発生させる

そうはいっても、やはり放射線の害が心配だというかたは、少なからずおられることでしょう。そうしたかたたちのために、活性酸素をおさえるにはどんな食品を食べたらいいか、その目安についてです。

活性酸素をおさえるという意味では、抗酸化作用の強い食品を毎日摂取するように心がけることが原則です。

お勧めなのは、「赤」「緑」「黄色」などの色の濃い食品です。ベータ「赤」の食品としては、βカロチンの豊富なニンジンや赤ピーマン。リコピンの多いトマト。サーモンピンクの元であるアスタキサンチンが豊富なサケなどがあります。これらの成分は、いずれも優れた抗酸化物質です。「緑」の食品としては、まず抗酸化物質のブラストキノンの含まれるホウレンソウ。特にブロッコリーやキャベツなどのアブラナ科の野菜は、がん予防効果が高いと報告され、注目を集めています。スルフォランが含有されるブロッコリースプラウト(野菜の新芽)もお勧めです。「黄色」の食品としては、ゼアキサンチンという抗酸化物質が含まれるマンゴーやパパイヤ。また、カボチャはβカロチンが豊富です。

こうした野菜、果物などを、できるだけ多く摂取するといいでしょう。1つの目安としては、1日に野菜を小鉢で5皿、果物を1皿食べるのが理想です。これで400グラム程度の野菜、果物類を食べることになります。

さらに水素水も、体内の活性酸素を退治するのに高い効果があることがわかっています。

ちなみに水素水の場合、まがいものの製品もかなり出回っていますから、注意が必要です。わかりやすい例でいえば、ペットボトルで販売されている水素水は要注意です。というのも、水素はプラスチックのボトルを透過して外に出てしまうからです。こうした点から、アルミニウム容器の水素水を選ぶようにするのが無難でしょう。

原発事故の終息には、まだ時間がかかるでしょう。今後も、科学的な根拠のない風評被害に惑わされずに、冷静に対処することが最も大事ではないでしょうか。ストレスは活性酸素を多く発生させ、がん細胞を殺す免疫作用を低下させます。無用の心配こそが、がんを招くのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください