賢い乳酸菌生活

賢い腸に育てるには腸内環境を良好に!善玉菌を増やす

腸を賢くする食品

痩せやすい体質、太りやすい体質は腸内細菌が決定している

投稿日:

ダイエットを効果的に成功させるためのキーポイントがある

ダイエットが思い通りにいかないのは

ダイエットがなかなかうまくいかないのにも腸内細菌が関係していました。ワシントン大学のJ・ゴードン教授がマウスを使って、「太りやすさ」についての実験をしています。

腸内細菌を持たない無菌マウスを2つのグループに分け、一方には太ったマウスから取った腸内細菌を植え付け、もう一方には普通の体型のマウスから取った腸内細菌を植え付けました。

双方に同じ量の餌を食べさせて観察していると、太ったマウスからの腸内細菌を移植したマウスのほうが肥満になりやすかったというのです。私自身も確認していますが、太っていたときの腸内細菌と、痩せていたときの腸内細菌とを取り出しで分析したところ、明確な違いがありました。

太っている人は少しの量を食べただけでも太るのに、痩せている人は少々食べすぎても太らないのは、腸内細菌の違いだったのです。

腸内細菌その宅のが「食」によって変化していく

肥満の人の腸内細菌は少し食べただけでその人を太らせてしまうわけですが、一方では食べると太る食品を摂り続けていると、腸内柵菌そのものが変化していくという研究報告があります。

これは慶応大学医学部・伊藤裕教授らの研究で、マウスに高脂肪食を食べさせると短期間のうちに腸内環境が変化し、腸内の悪玉菌が増え、善玉菌が減ることを明らかにしています。

つまり、食事によって腸内環境が変わり、その結果として太りやすい腸内細菌に支配されてしまうというわけです。このような腸内環境の人が、高脂肪食を食べ続けていると、動脈硬化になりやすくなると伊藤教授は報告しています。また、2011、Z・ワン博士らが「ネイチャー」誌に、動脈硬化や心筋梗塞の発症に腸内細菌が関わっでいる可能性があることを発表しています。

腸の専門家がやっている乳酸菌を増やす方法

-腸を賢くする食品

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

乳酸菌

生きた乳酸菌 よりも 死んだ乳酸菌を 大事にしたい

死んだ乳酸菌に生きた乳酸菌と同等かそれ以上の効果が 乳酸菌自体が、持っている菌体成分が大切 乳酸菌は、生きて腸まで届かない.と役に立たないと思っている人は、医師の中にも多くいました。それは、100年前 …

麹

みせかけだけの発酵食品がだまされるな!

味噌なら味噌蔵から直接購入、糠みそを使って家庭で漬物を スーパーに陳列する見せかけだけの発酵食品にご注意を 今、アメリカやヨーロッパなどで、寿司や日本食レストランが、大人気です。ダイエットだけではなく …

和食

日本の伝統食、和食を見直す時がきている

昔から食卓にあがっているものの中に大きなヒントがある 和食の力を見直そう 「乳酸菌が含まれでいる食品を教えてください」と言うと、ヨーグルトやチーズといった乳製品の名前を答える人が多いのですが、乳製品以 …

食事

質のいい食事だけでは健康になれない

腸が整っていないと、せっかくの栄養分をきちんと吸収できない 食べ物と腸内細菌が体f元? 「人の体は、食べ物の化身」ともいわれていますが、食べ物がそのまま体の原料になっているわけではありません。 私たち …

油

腸にいい油と悪い油がある

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は不可欠 まずは油の特性を知る 健康的な食生活」というテーマになると悪者にされがちなのが油ですが、それは誤解です。抽をまったく摂らないのが理想の食生活、というわけではあり …