太りやすい痩せやすい体質は腸内細菌

痩せやすい体質、太りやすい体質は腸内細菌が決定している

ダイエットを効果的に成功させるためのキーポイントがある

ダイエットが思い通りにいかないのは

ダイエットがなかなかうまくいかないのにも腸内細菌が関係していました。ワシントン大学のJ・ゴードン教授がマウスを使って、「太りやすさ」についての実験をしています。

腸内細菌を持たない無菌マウスを2つのグループに分け、一方には太ったマウスから取った腸内細菌を植え付け、もう一方には普通の体型のマウスから取った腸内細菌を植え付けました。

双方に同じ量の餌を食べさせて観察していると、太ったマウスからの腸内細菌を移植したマウスのほうが肥満になりやすかったというのです。私自身も確認していますが、太っていたときの腸内細菌と、痩せていたときの腸内細菌とを取り出しで分析したところ、明確な違いがありました。

太っている人は少しの量を食べただけでも太るのに、痩せている人は少々食べすぎても太らないのは、腸内細菌の違いだったのです。

腸内細菌その宅のが「食」によって変化していく

肥満の人の腸内細菌は少し食べただけでその人を太らせてしまうわけですが、一方では食べると太る食品を摂り続けていると、腸内柵菌そのものが変化していくという研究報告があります。

これは慶応大学医学部・伊藤裕教授らの研究で、マウスに高脂肪食を食べさせると短期間のうちに腸内環境が変化し、腸内の悪玉菌が増え、善玉菌が減ることを明らかにしています。

つまり、食事によって腸内環境が変わり、その結果として太りやすい腸内細菌に支配されてしまうというわけです。このような腸内環境の人が、高脂肪食を食べ続けていると、動脈硬化になりやすくなると伊藤教授は報告しています。また、2011、Z・ワン博士らが「ネイチャー」誌に、動脈硬化や心筋梗塞の発症に腸内細菌が関わっでいる可能性があることを発表しています。

腸の専門家がやっている乳酸菌を増やす方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください