賢い乳酸菌生活

賢い腸に育てるには腸内環境を良好に!善玉菌を増やす

乳酸菌生活の大事なポイント

生まれる順番とアレルギーの関係性は密接に関係している

投稿日:

日本にアレルギーの子どもが増えたのは出生率が下がったから

ほうっておかれた子どものほうが腸内環境がいい?

生まれる順番とアレルギー体質とには関連があるという調査結果があります。「日本小児アレルギー学会誌」が行なったアンケートによると、長男・長女はそれ以外の子どもに比べて、アレルギー体質である確率が高かったのです。

面白いことに、これは日本だけの現象ではなく、イギリスのロンドン公衆衛生専門学校で行なわれた調査でも、ほぼ同様の結果が出ているのです。断言することはできませんが、生まれる順というよりも、親が子どもにどれだけ手をかけているかに理由があるように私は思います。

1人目と2人目の違い

1人っ子や長男・長女は、親の注目を一身に受けて育ちます。でも、2人目以降が生まれると、親は1人だけにかかりきっているわけにはいきません。そうなると、2人目以降の子どもたちには長男・長女ほど手が行き届かなくなることも多くなります。

そのことが2人目以降の子どもをアレルギー体質になりにくくしているのです。親が注意しないと、子どもは床に落ちたものを平気で口に入れます。一人目の子どものときには、いちいち心配して、「汚い」ものを口に入れないように気にかけていた両親も、2人目以降では子育てにも慣れて、少々汚いものを口にしても平然としているようになります。

こうして2人目以降の子どもたちは自然に菌と触れ合っていくのです。そうするうちに、腸内細菌の数・種類ともに多くを獲得しでいきます。その結果、「手を洗いなさい」「うがいをしなさい」と目が行き届いて育てられた長男・長女よりもすぐれた腸内環境をもつことになり、アレルギーになりにくくなるというわけです。日本にアレルギーの子どもが増えた要因の1つに、出生率が下がり、1人っ子の家庭が多くなったこともあげられるのではないかと考えています。

-乳酸菌生活の大事なポイント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ウォシュレット

ウォシュレット・腸内洗浄には注意

皮膚常在菌がいなくなった肛門はあまりに無防備 お尻にも常在菌がいる 何かに触ったら手を洗わないと気がすまない!」という、行き過ぎた清潔志向が世間に蔓延しています。オフィスやトイレなど、消毒用アルコール …

抗生物質

抗生物質の摂りすぎはNG、腸内細菌が死滅してしまう

抗生物質が処方されても、本当に必要か、医師に確認を 抗生物質が効かない場合がある 最近はよく病院で処方され、頭痛や風邪の際などにも気軽に服用され、市民権を得た抗生物質ですが、抗生物質がどういうもので、 …

成長

大人に成長につれて腸内環境は変化していく

腸内細菌はその種類・数を増やし、腸内環境は整っていく 腸内環境も成長によって変化する いくらしっかり掃除をしたとしても、完全に菌がいない部屋をつくり出すのは困難です。たとえ部屋が無菌の状態になったとし …

ウォーキング

適度な運動は腸が喜び、過剰な運動は腸がいやがる

運動すると、幸せを感じる「快感情」が高まる 腸の蠕動運動を活発にする運動 規則正しい食生活を心がけ、体にいい成分を含む水を熱心に飲んでいるとしても、まったく体を動かさずにごろごろしていたのでは健康には …

普通分娩

帝王切開より普通分娩が腸内環境の良好な子になる

赤ちゃんが「ちょい悪」菌を取り入れようとするのは当たり前 「産まれ方」によっても腸内環境は変わってくる 以前と比べ、帝王切開で産まれてくる赤ちゃんはずいぶん増えました。その数はどんどん増え続け、アメリ …