麹

みせかけだけの発酵食品がだまされるな!

味噌なら味噌蔵から直接購入、糠みそを使って家庭で漬物を

スーパーに陳列する見せかけだけの発酵食品にご注意を

今、アメリカやヨーロッパなどで、寿司や日本食レストランが、大人気です。ダイエットだけではなく、アレルギーや生活習慣病の予防や改善に役立つと考えられているからです。

日本食の特徴として、脂質が少ないことや代謝に良いことがありますが、発酵食品が多いことも大きな長所です。しかし、世の中には見せかけの発酵食品というのがあるのをご存知ですか?

味噌や醤油は、本来は製造に1年以上の時間がかかります。これだと食品メーカーは廉価での大量生産ができません。そのため、強制的に発酵熟成を進める酵素などを使用している食品があるのです。

味噌
昔は、味噌といえば、6ヶ月以上熟成させていました。最近では、温度管理をして強制的に熟成を進める「温醸法」という方法で、大量生産できるようになり、価格も安くなっています。さらに、麹菌の代替や増強として「酵素剤」を添加して生産することもあるようです。
醤油
伝統的な製法では、大豆と麦を原料にして麹をつくり、1年以上熟成させてつくられていました。こちらも、大量生産のために、味噌と同じような「温醸法」が開発されて、市販製品の多くはこの方法で生産されているようです。また、途中でアミノ酸液を多く添加したものもあります。
漬け物
浅漬けや松前漬けのようにその製造に発酵を要しないものもあるので、漬物イコール発酵食品でありませんが、一見、ぬか漬けのようにみえるパック詰めの漬物を買ってみると、調味料で味付けしただけのものがあり、がっかりしたこともあります。

乳酸菌や酵母菌で発酵せずに、化学調味料で味付けしたほうが安く、早く作れ、メーカーの利益になるからです。本物の発酵食品は、菌たちが精力的にどんどん発酵を進めるために、味に変化が出てしまいます。

食品メーカーからすると、買った日によって味が変わっていてはまずいのです。ですから、添加物などで発酵が進まないようにしているものもあります。

こうした食品の問題点は腸に元気を与える乳酸菌を与えられないばかりでなく、保存料や添加物の種類によっては、抗菌性が強いため、腸内細菌にダメージを与えるものもあるのです。

大量生産・大量消費をする現代社会では、安価で品質が均一な製品作りのために、製法を変化させたり、酵素や調味料を使用することはやむを得ないのかもしれませんが、本来の食品そのものとは見た目が同じだけで、まったく違うものになっているのではないかと危倶しています。

本物の発酵食品を摂りたいと思ったら、味噌なら味噌蔵から直接購入したり、糠みそを使って家庭で漬物を作るべきです。スーパーで市販されているものよりもずっと美味しくいただけるはずです。
味噌の驚くべき著効では味噌の知らない効果を知ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください