月別アーカイブ: 2011年1月

肩・腰・背中のあたりがスースーする(女性に多い冷えの症状)

女性が訴える冷えの症状で多いのが腰、首周辺の冷え。こうした冷えはめぐりめぐって肩や首の凝りにつながり、さらには頭痛に至ることが多い

腰に冷たいモノがはりついているよう

手足の冷えほどではありませんが、女性では腰や臀部・下腹部など、腰とその周辺部の冷えに悩んでいる人は少なくありません。肩・腰・首が冷える人の症状は次のようなものです。

  • 真夏の汗をかくほど暑い日でも腰だけは冷たく何か冷たいものが貼り付いていると感じる
  • 腰回りが常に冷たい感じでときどきお腹が痛くなる。普段は便秘傾向だがこのときはひどい下痢をする
  • 腰から背中にかけてスースーしだるい
  • 首に風があたるとぞくぞくしてその後、頭痛がする
  • ちょっと涼しいだけで首の後ろがひんやりして不快感がある

四季を問わず腰にカイロをあてたり首にスカーフなどを巻いて対処している。冷えをなだめている状態でこれを放っておくと風邪をひいたり、体調をこじらせたりします。

腰回りの冷えは婦人病・腰痛に

女性の腰の周辺は、子宮や卵巣など複雑で繊細な内臓が集中しています。腰が冷えることで周辺の内臓の機能も低下してそれが月経困難症をはじめとする様々な症状につながります。
腰の冷えは婦人科機能の低下だけでなく、もっとダイレクトに腰痛という形であらわれる場合もあります。
ひどい腰痛で整形外科を受診し、検査の結果、腰の骨や筋肉に異常がみられないケースは冷えを疑います。
冷えのために骨盤内がうっ血(静脈血の滞り)しているとその部分の筋肉がこり固まり、骨盤にゆがみが生じます。そうしたゆがみが、腰痛という症状であらわれるのです。腰は字にかいたとおり、体の要なのです。腰の骨がゆがむと、腰痛にとどまらず背骨全体に影響し、肩凝り、首の凝り、さらに頭痛を招きます。
腰の冷えを自覚している人の多くが同時に肩凝り、頭痛を訴えるのはこういった理由があるからです。

手や足などの末梢の冷えとしびれそして痛み

便秘体質の人の中には、他の部分はそうでもないのに手足だけが冷たくしびれや痛みを感じる人が多い

手足の冷えはもっとも多い

原因はともあれ、ほとんどのタイプの冷え性の人が感じている「手足の冷え」です。手足の先というのは、温かい血液の出発点である心臓から最も遠いため、冷えやすいのは当然といえば当然です。手足だけが冷たくても日常生活に大きな支障がでないために放っているのがほとんどです。

栄養失調、内臓疾患が原因のケースも

手足の冷えという現象は同じでもそれぞれの冷えの背景は異なります。原因としてあげられるのは、

  1. 貧血・低血圧や内臓疾患があり、体全体の循環が悪い
  2. 過度なダイエットなどによる栄養不良や栄養失調でエネルギー不足になって冷えている
  3. スタイルを優先してしまい、いつもヒールの高い靴を履くことで血液循環を悪化させている

手足は、そうした血液循環不全のしわ寄せが出やすい部分でもあるのです。

主な手足の冷え対策症例10

  1. 比較的年中冷たい
  2. 職場でも家でもじっとしているとつま先が冷えてしまい感覚が鈍くなる
  3. 布団に入ると冷気が足先から感じいつまでも温まらない
  4. すぐに手足の先が冷えジンジンしてくる
  5. 手足の先がしびれ、さらに痛くなる
  6. 幼い頃から冬が近づくと手足の指が冷えて痛みが強くなり赤く腫れてしまう
  7. かかと、足首がいつも冷たくこたつがないと過ごせない
  8. 真夏でも足からひざにかけて冷たく、放っておくとズキズキと痛む
  9. 冬は、足が冷え、夏は、足がほてる
  10. 冷えると指先が真っ白になる

手足の冷えの代表的な対策

  • 冬の外出時にはズボン下や靴下の重ね履き
  • 真夏でも靴下を履く
  • 就寝時も靴下を履く
  • 風呂上がりはまず靴下を履く
  • 職場やオフィスではひざかけを使う
  • 秋から冬にかけてはこたつや電気毛布、電気あんかなどの使用

「冷え」は体からの“ヘルプ”のサイン」

院に行くほどではない。冷え性体質の人が皆感じている感覚です。こういった判断で冷えを我慢していませんか?冷えを侮ってはいけません。冷え性体質の人への警告でもあるのです。

冷え性は女性だけの悩みではない

お風呂あがりに上半身はまだポカポカで湯気がでているのに、足先は異常な冷たさで、あわてて靴下を履く…これは、典型的な冷え性の実態です。
なんだかいつの間にかこんな行動や感じ方に慣れてしまっているのです。こういった女性は半数近くになるといいます。また、最近の特徴として低体温症の子供から壮年男性にまで、冷え性が見られるようになっているのです。
アトピー性皮膚炎、花粉症、便秘などは年々増加傾向にあるのです。

冷え性の定義は「特定の部位だけが冷たく不快に感じる」

冷え性とは何か?というと特定の病名をさすわけではありません。冷え性とは「体の特定の部位だけが冷たく、不快に感じる状態のことをいいます。
通常、6ヶ月以上続く場合をいいます。最近は、冷房などの影響から真夏でも冷え性に悩まされる人が増えています。
基本的には、気温が下がれば寒いと感じるのは、当然ですが冷え性の人はその感じ方が一般の冷え性でない人にくらべて過敏です。また、著しい不快感を自覚します。
それに冷えるとなかなか温かくならない、というのも特徴です。
ここまで自覚しても「病気」でないと長年の冷えの不快症状と過ごしている人が多いのです。実際、現代医学で「冷え」を根治する薬などはありません。対処療法しかないのです。
体質をかえなければ完治はありません。

冷えが出す「ヘルプ」のサインにどう対処する?

冷え性は婦人科機能や血液循環をはじめとする循環器系、および自律神経の機能と深いかかわりがあるとされています。
しかし、それらの疾患と冷え性の因果関係については、今のところはっきりしていません。
体が発するささやくようなサインを的確にとらえて対策をとることができれば、快適な生活を送ることができるのでしょう。