現代人の排便量は少ない

日本人の1日の排便量は1人平均200gしかし、半世紀前の日本人は平均350gでしたから、日本人の便の量は減ってきているといえます。便の減少は便秘の女性だとさらに顕著で、1日約80g程度しかありません、
しかも水分が少なくコチコチ状態の人もいます。けいれん性便秘の人の便は、うさぎのようにコロコロした便で、量も少ないのが特徴です。

排便量が減少したのは食物繊維の摂取量が減ってきたからです。肉を好んで食べる現代人と、草や木の実ばかりを食べていた1万年前の人類。しかし、両者の体の仕組みは、ほとんど同じ。人間の体のつくりは、食物繊維の少ない肉中心の食生活に対応できるよう変化したわけではないのです。つまり、肉よりも食物繊維を多く食べるほうが人間の体には合致し、その結果「快便」になるといえます。

食物繊維をとるメリットは快便だけではありません。米国国立ガン研究所は、「穀類や豆類を多くとれば免疫力が上がってアレルギーを抑えるほか、ガン予防にもつながる」と発表しました。快便につながる食事をすることで、目のかゆみ、充血などのアレルギー症状なども緩和し、ガンにも負けない体づくりもできるというのです。
現代人に花粉症が急増しているのも食物繊維の不足による排便量の減少が影響していると思われます。

さて、腸には100兆個もの細菌がいて、それぞれに活動をしています。ビフィズス菌や乳酸菌のように体によい働きをする善玉菌がいる一方、体に悪影響を与える悪玉菌もいます。だからといって、腸内には善玉菌だけがいればいいというわけではありません。善玉菌と悪玉菌がバランスよく存在することで腸内環境は最適に保たれ、それは全身の状態にまで波及します。

腸内細菌が分泌するある種の刺激物質は、腸壁から吸収されて全身へと送られ、体じゅぅの免疫細胞を刺激することが解明されました。この刺激物質は、善玉菌が多いときよりも、善玉菌と悪玉菌がバランスよく共存しているときに最も多く分泌されます。ところが、排便を促す食物繊維の摂取が少ないと、いつまでも腸内に食べ物のカスが残って腐敗菌が増殖し、善玉菌と悪玉菌とのバランスがくずれてしまうのです。その結果、免疫力の低下、アレルギー発症などの症状が引き起こされてしまいます。日本で花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症がふえたのは、人々の暮らしが豊かになり、野菜よりも肉中心の食事をとるようになつた1960年代以降のこと。この時期は日本人の排便量が減少しはじめたころと重なります。快便力を高めて腸内環境が準えば、免疫力もアップしてアレルギーなど種々の症状が改善するのです。

食物繊維を効率よく摂取したい人は、こちらのイサゴールがおすすめです。体に悪いものを使用せずに、また、非常に便秘解消効果の高いと評判です。食物繊維の塊ですから普段から外食が多い人にもおすすめです。

現代人の排便量は少ない」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: イモ好きはスレンダー美人が多い | αリポ酸ダイエット

  2. ピンバック: 最近の日本人の腸内細菌はどんどん減少している | アレルギーは腸で治す

  3. ピンバック: 自分のオナラが臭いと思う人 | Health Check

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です